週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンドカートだもんね
2007年08月22日 (水) 16:12 | 編集
今日も朝から南幌サーキット。

依頼を受けていた新型ハンドカート装置の確認走行にお付き合いしました。

20070822161224

乗ったのはこの人「P1」ことパンチ三上氏。

今回の依頼は「いつものO&K方式のハンドカート装置ではなく、足で乗る時には足で、手で乗る時には手で、それぞれ切り替えたりしながら両方で使えること。そしてその切り替えには15分程度の時間で融通が利くこと」というもの。

いつものO&K方式だと、ブレーキ装置にはバイクのレーサータイプのものを改造して使うのだけど、もしその方式を使うとブレーキオイルラインを2系統作らなければならない。
そこで、今回は「足で使うブレーキマスターをそのままの形で手でも使えるように」してみた。




20070822161302.jpg
ステアリングに付けられたマスターシリンダとブレーキレバー

これだと手装置を外してブレーキロッドを付ければ、普通に足でも乗れるわけで。
改造に要する時間はおそらく慣れれば15分程度で収まるかな、という設定。

んでもって今日は「そもそもこの装置でブレーキングは充分出来るのか?」という確認だったんですけど、巧く行ったわ。
連続走行も効くし、パッドの効きも申し分ないし。
手装置の操作感は「バイクのものを流用するよりも少しだけ握力が必要」とのことだけど、まあ足と手と両方で乗れる、それも簡単に、というリクエストを最小限の出費で叶えるためですからしゃーないね。

CRGやフリーラインという欧州の有名どころのメーカー制作のハンド装置は10~15万円するんだけど、これだと改造のの工賃をもらってパーツの実費と合わせても4~5万でできるから安いもんだし。


もっとも、ここに至るまでには紆余曲折多数ありました。

依頼を受けてから、実際に作り始めるまで数ヶ月、頭で考えて。資料を参考にしたりして。

足用のブレーキのペダルを、手でワイヤーで引っ張っているバージョンがオーストラリアのドライバーが使っていたのもいいかと思ったけど、ちょっと試してみたら「凄くすストロークが長くて、しかもとても重たい」んで却下。

オイルラインを2系統設けて切り替え式にしたらどうか、ってのもカートのマスターの設計上の理由で無理だったし。

参考資料に、足用のマスターを流用するとか、欧米メーカーのフロントブレーキ用の装置とかを調べてたら行けそうだということが解って制作してみました。

ブレーキって、下手すると命に関わる部分なんで失敗は怖いです。
でもO&Kのドライバー達は積極的に開発にも力を貸してくれるので助かりますわ。

最初にテストした時には、なんでか知らんけどブレーキパッドにブレーキオイルが大量に染み込んでいて(多分遊びで乗っていた時に漏れていたんでしょう)確認するも何も全くブレーキが利かなかったし。
それでも「オイル燃やそうと思って」とかいって連続走行してくれたし。

今日も「辛かったらすぐ戻って来て下さい」と送り出したのに、連続走行するする。
カートのレースの2レース分くらい走り込んでくれました。
おかげで信頼性の確認もバッチリ!

これなら行けるね。パンチ!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なるほど
そっかぁ、やっぱりトライしていたわけね。
足と手のストローク感っていうのも大事なんだな。。。
ぶよぶよ感、、、痛いですよな。
2007/08/24(金) 21:04 | URL | 畳屋@本業以外が忙しい #PzOJF./Q[編集]
畳屋さん
どーも、アイディアありがとう。
それも考えましたです。
使っているのが世の中で一番安い「ユーロ=イントレピッド」のマスターなんです。
これだとリザーブタンクなしのマスターで逆流する部分がないので二股接続も可能です。

しかし、ユーロのマスターってシリンダー部に二つのゴムブッシュでオイル逃げを防いでいるんですけど、“二つ”が悪いのか、作りががさいのか、使い心地がブヨブヨしているんです。

んで、二股かけるとその“ブヨブヨ”が二乗になり、使用感最悪っていう状況が生まれますです。
んで、それだと簡単に足でも手でもになるんだけど断念した経緯がございましたです。

あと、手で操作する時に「レバーのストローク」を最小限にしたいという願望もありまして。
今現在の仕様でも結構ストローク長くて、調節部分を作ってストロークを短くしてますけど、パッドが減るような事態にはとても敏感で。

レバーを伸ばせばテコの応用で操作感は軽くなるがストロークが伸びる、ストロークを縮めれば操作が重くなる、そういう部分を煮詰めて「丁度いい。もしくは我慢できる範囲」というところに収めました。

ドライバーさんが頑張ると、シェイクダウンでも連続30ラップ走行とかができたので、まあベストコンプロマイズかなと考えてるとこです。
2007/08/24(金) 13:49 | URL | けん #BWgGc7Fk[編集]
追伸
長屋様

シートはかなり納得です。
今まで体の保持が大変だったけれど何も問題ありません。

また、シートに縛り付けていた胸のベルトは不要になりました。
圧迫されなくなりバッチリでしたよ。

今度北海道で一緒に走りましょう。
2007/08/24(金) 13:32 | URL | P1 #-[編集]
乗ったわ。走ったわ。
御大様並びに各方面から応援ありがとうございます。
ブレーキがうまくいって本当に嬉しいです。

体はと言うと、本当にキツカッタ。
死ぬかと思いましたよ。(笑)
手のひらの皮は剥けてしまうし、背中の筋肉はバンバンたし帰りに乗用車に乗り込むときに恥ずかしながら誰もいないの見計らってせーの、よっこいしょと小声を出して乗り込んでしまいました。

帰宅後、即効でぬるま湯につかる事一時間その後即効寝てしまいました。
所が体痛くてどっちに向いても寝れない状態でした。

おかげさまで次の日は無事職場に出勤出来ました。

関係者の皆様には応援やご心配をおかけ致しましたが無事カート復活です。
俺もまだまだいけるなって実感しました。
今後とも一緒にカート楽しみましょう。

最後に御大様
今回は本当にありがとうございました。
また、マスオさんと一緒にはしれますわ。
ただし、あの方がエンジン掛かればね。(笑)
2007/08/24(金) 13:25 | URL | P1 #-[編集]
たぶんパンチは一週間は動けないでしょうね?(笑)
2007/08/24(金) 12:55 | URL | 焼肉隊長 #z8Ev11P6[編集]
アイディア
おそらく、試したんだろうとは思うんだけど、一応思いついたこと。

ステアリングにマスターを付けることはできるんですよね?
二股のブレーキホースを使って、片側は足用のマスター、もう片方は足用のマスターと繋ぐとどう?
エア抜きは大変だろうけど。
おそらく、片方からの圧力がもう片方のマスター出口にかかったとしても、作用・反作用でかならずかかってくる圧力だから問題はないよね?

どんなもんでしょ?
2007/08/24(金) 10:31 | URL | 畳屋@本業以外が忙しい #PzOJF./Q[編集]
お疲れさまでした。
びっくり。手→足切り替え可能だったんですか!さすがです。次回は早速試してたいな~でもその前にフレームっすね。
パンチ氏、今朝は起きれたかな(笑
2007/08/23(木) 14:41 | URL | ホンダの小 #qbIq4rIg[編集]
わっ
いいなーいいなー。僕もうまいこと乗りたいです。。。
どうしても操作面で納得出来ていません。
また北海道に乗りに行きたいです(笑)

あと、僕が考案したシートを使って頂きありがとうございます。
2007/08/22(水) 19:20 | URL | 長屋宏和 #I9hX1OkI[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
◆マシンドパーキングノブ     ●アルミ削り出し・メッキ仕上げ ※Web上の表記と実在庫が異なることがございますので、ご了承下さい。・曲がったブレーキレバー・KLEIN ATTITUDE V・ZX-9R・槇原敬之リンク集・ブレーキレバーのタッチ&ストローク・車体を
2007/08/27(月) 18:55 | レバーを攻める
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。