週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カナダグランプリ総感
2007年06月11日 (月) 15:17 | 編集
 北米二連戦の初戦カナダグランプリ決勝は、カナダの恐ろしさを具現化した凄いレースでしたか。

 いえいえ、あの大クラッシュのことを言っているのではありません。

 ヤルノを追い越す際にリアタイヤに乗りジャンプしてしまったクビサ。そのままコンクリートウオールに突っ込んで行くところをライブ放送で見た時にはたくさんのクラッシュを見て来ているオレもドキッとしましたけど。

 ちょっとした交錯でマシンが飛び、大惨事を呼ぶのはフォーミュラのレースの宿命。そういう大惨事を呼びかねない“危険と隣り合わせ”のマシンだからこそ、フォーミュラの戦が成立しているのですから。あれは「カナダの恐ろしさ」とはまた別問題でしょう。
 どこのコースででも最高速近くでジャンプすれば飛距離もインパクトも強烈で、似たようなクラッシュになるでしょうし。

 フォーミュラと大差ない重量とパワーでタイヤの露出していないマシンを用いるレースは、ドライバーが熱くなると接触の頻度がフォーミュラの比ではありません。ぶつけ合いに近い荒れたレースになる可能性がとても高く、接触しても走行を続けられるため耐久レースには向きますがスプリントの本格レースには向かないと考えられているわけで。

 タイヤむき出しでちょっとした接触でもマシンにダメージがある、ひょっとするとマシンが飛び上がり他車も自分も大変危険な可能性がある、“だから”あえてあの形状で“フォーミュラマシン”として成立してる部分もある。
 ぶつけたら終わりだからぶつけないでレースしましょう、というわけで。

 インディーもF1もあらかじめそう言う部分を織り込んだマシン作りで、交錯したら飛ぶかもしれない、飛ぶんだからコースの安全性を高め、コックピットの安全を高め、ドライバーの安全を確保する方向で進化していますよね。

 本当の本当にクビサが無事で良かった。
 無事なだけではなく「次のアメリカも出場できるのか?出場したいのだが、出られるのか?」と、非常に前向きに検討しているというからね。

 クラッシュ時の見た目の派手さで「おおおおおお~、こ、こりゃスゲークラッシュだ!ヤバイんじゃないの?ドライバー」って誰もが思ったけど、派手に壊れてくれたおかげで部品達が衝撃を吸収してくれて、ドライバーがピンピンしている。「クラッシャブルストラクチャー」が効果を上げたんでしょう。

 あと、見てて思ったのは「あまりスピードが落ちないで壁に当たったが角度浅く、当たった後も速度がそれほど落ちないで次のインパクトに向い、その後そうとうな速度でコースを渡り、最終的にコースを渡りながらも減速し、反対側のガードレールにも斜めに進入し、止まった」ってことで、つまりは直角にインパクトした際に最大のGを受けてしまう衝突のエネルギーを、斜めに各所に当たりながら少しずつ減らして行ったってこと。

 オーバルのレースなどで350キロとかのスピードで壁に当たっても、スライドするように当たることが多く意外に安全だ、というのを聞いていたのでそう言う感じになったのかなと。
 インディーなどでも重大な事故の場合は進入確度が深すぎたり、壁で反射して反対側のウオールに直角近い角度で衝突したりした際が多いようで、クビサはホントについてたなあとしみじみ思うところ。

 1回目のウオールヒットで少し高さが上がって2回目のウオールへと向かって行ったけど、あれでウオール飛び越しちゃったらまた怖かったよ。

 当たる角度や速度や場所でドライバーの命がとやかく影響を受けるのは「しゃーない」のか「絶対困る」のか意見は分かれるところですが、とにかく今回は無事でよかった。

 FDのクラッシュでひん死の重傷を負った我が友、長屋くんもブログで書いているけど、長屋くんのような優れたドライバーが辛い思いをするのはもうご免だし。
 彼の場合も交錯して飛び、飛距離300メートル位で正面の金網にほとんど減速しないで直角気味にインパクトしてからガードレールの上に落下したんだけど。あの現場(鈴鹿ね)の金網の設置角度だけでもかなり検討の余地あるよなあ。




 さて、カナダの恐ろしさ。
 それは「数年に一度出現する」荒れたレース。

 ある年は天候不安定であったり、ある年はマーモットが仕事をしたり、ある年はクラッシュ>赤旗というそれこそ荒れたレースになったり。

 今回の完走台数を見て「おおおお、北米、それもカナダだあ」と。思いながらいました。

 ストップアンドゴーで全開率が非常に高いコースであると同時にブレーキングスタビリティーも最大限求められる。
 直線部分もとても長く最高速も高めのコースで。
 つまりウイングを寝せる方向のセットになりやすい。
 のに、路面は通常舗装であまり使っていないため非常にスリッピーに始まる。
 が、ここにはソフトタイヤを持って行くので、走行を重ねると路面変化が大きく最後はハイグリップ路面になる。
 そんな難しい条件の中、刻々変わるコンディションを探りながら立ち上がりで壁ギリギリの走行を求められる。

 これは難しいコースだよね。
 よくモナコが難しいコース、チャレンジングなコースとして君臨しているけど、カナダだって侮れまへんわ。ほんと。


 次々とカナダの餌食になって行くトップドライバー達。
 あるものはブレーキングでしくじり、マーブルに乗りコースアウト。
 あるものは立ち上がりで壁に接触し。
 あるものは過酷な走行条件でマシントラブル。
 そしてしまいにはビーバーともどもマシン破損。

 しかも今年のレギュレーション変更でセーフティーカー走行時のレギュレーション解釈も難しくなったよねえ。
 その難しいレギュレーションを理解していても、アロンソが単純にガス欠で給油したのにペナの対象になったりするのを見てると「あれってどーよ?」ってちょっと疑問に思ったり。ガス欠で入った場合は静止時間を長く指定して走らせるとか、なんかやりようありそうだけど。

 でもそのペナがあったからこそ、佐藤琢磨のオーバーテイクショーで感動させてもらったようなもんだから複雑に嬉しい。
 だってペナルティーピットインしていないアロンソには残り三周じゃあさすがに追いつけなかったでしょうからね。

 神はいるなあ。琢磨の神は強かったね。

 出会って、抜くんだもん。
 追いついて、抜くんだもん。

 抜く時も、アウト側からだもんね。
 シビレるっつーの。

 現役世界チャンピオンが、まったく何もできずに譲ってた感じだったのがまたシビレる。
 もう一つのファクター「タイヤカスのマーブル」があの場所のイン側には山盛りになっていて、イン側で頑張っても太刀打ちできなかっただろうから、さっさと譲ったアロンソをさすがと思ったのもあるし。

クビサのクラッシュがドライバー達に安全なバトルをさせた、ということもあっただろうし。

 琢磨がソフトであの最終局面を走っていられたのは、4回に渡ったセーフティーカーランを利して行ったタイヤ交換プログラムが当たったこともあり。
 追い上げる側にはできたそのプログラムも、上位争いしていてギャンブルの余地の少ないアロンソなどには使えなかったというのもある、彼の場合上記したようにペナで1回ピット回数が増えてしまっていたし。
 でもスーパーソフトを履いているアロンソだって、トップスピードに勝るマクラーレンを駆っていたわけで、あの速度差で追いつき抜いたのにはヘアピンでよっぽど速度差のある立ち上がりをしたんでしょうねえ。

 ああ、書けども書けども、書きたいこといっぱい。
 感じたこと、たくさん。

 いいレースだったかと聞かれると「うーん、乱戦っ!」って感じですけどね。

 
 あ、そうそうって感じでルイスも勝ったねって(笑)日本人的に思ってたりして。

 あ~あ、ルイスの初優勝も、もっと喜びたかったけどお。












PS.クビサのクラッシュの原因となってしまったヤルノは「その後、クラッシュ現場を通過した時にあまりに酷い壊れ方を見てビビってしまい、その後の走行がヘナヘナになった」との怪情報あり(笑)
 でも凄く心配してたのは事実でしょうね。
 「自分は遅かったから、彼が左側にいるのを確認してから右に寄った、そこに彼はいて、自分のリアタイヤに乗って飛んで行った」って、気持ち悪いよー、想像するに。
 病院にも見舞いに行ったというし。
 ヤルノ、やるのう(←禁止ワード;)





 そして優勝したルイスへの無線で「マクラーレンのクルーが」(←これけっこう驚いた)「クビサは大丈夫!」と伝えていたり、ほとんどのドライバ-がレース後のコメントに「クビサの無事を喜んでいる」と語っていたり。素晴らしいね。
 生き馬の目を抜くといわれるF1だけど、いいとこあるじゃん。


 それはそうと、ウイング規制が今回からでしょ。
 フェラーリ、この規制が一番効いたのはフェラーリっぽいよねえ。
 アメリカでそれがあからさまになる?のか??


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はぁ~
ヤルノ、お見舞い行ったんですね。当事者だしそりゃショッキングですよね。
ヤルノレーシングスクールとか言われてるけど、多分俺が思うにヤツはいいヤツ過ぎる気がします。
色々かなり凹んでるんじゃないでしょうか。
右京が励ましてくれるといいなぁ。
なんかちょっと切なくて書きました。
2007/06/15(金) 22:41 | URL | したっけ #7yw7HneI[編集]
私も。
是非、お話の続きをお伺いしたいです♪
2007/06/12(火) 23:46 | URL | ゆきんこ #-[編集]
是非とも書いちゃって下さい。
2007/06/12(火) 16:28 | URL | まいける #yzQ3o2ms[編集]
聞きたいッスネ~
きちんと、起きて見てました(地上波)。
ややネムいです。
サ便とは別に、気になりますね~。
書いちゃって下さい。
2007/06/11(月) 18:37 | URL | はっしぃ #bbxfQIXk[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。