週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やられた
2007年06月11日 (月) 15:07 | 編集
日曜は南幌にてお子様初乗りサポート。

4歳と6歳の少年二人。
初めてのカートで緊張気味のお兄ちゃんと、にいちゃんのやっていることは何でも真似してみたい弟。

兄ちゃんは「ふだんは優しくて、引っ込み思案で、自分からなにか要求したりすることはとても少ない」子なのだと言う。
初心者初乗りプログラムに沿って、朝から練習。

まず、乗り降り。
アクセルとブレーキを覚える。

押してあげて、決まった位置でブレーキをかけて止まる練習。
繰り返し、繰り返し、褒めながら。
「すごいねえ、上手だねえ」と。
でもホントに上手い。
ちゃんと止まろうとしている。

弟も真似するが、4歳では真似まで。

1時間ほど休憩を交えて練習して、次にエンジンをかける。
エンジンの音が怖いと行って乗れない子もいるので、エンジンの音にまず慣れる。

慣れたら、アクセルで動かす練習。
動かしてはブレーキで停止。
その繰り返し。
だんだんスピードを上げる。
怖いので、カートの後部からはローブを繋ぎ大人が保持する。

きちんと止まれたらまた褒める。
上手だ。バーッとスピード上げよう。
止まる感覚が解ってくる。


次は八の字走行。
ロープを付けたまま。
パイロンを5メートルほど離して置いて、そこを八の字で。
ステアリングで向きが変わる、そういう感覚を覚えてもらう。
数周しては休憩。
「もっと乗りたい」というところで休憩を入れる。これも大切。
もっと乗りたい気持ちの積み重ね。

ここまでで午前中の2時間、みっちりと。
ジュース飲んだり、パン食べたりしながら楽しく。


昼休み。
いよいよコースに向う。
コースに行くだけでお兄ちゃんに緊張が。
前を自転車が走り、それに付いて行く。
後ろにはレンタルカートでロープ保持。

間違って全開にしちゃってブレーキが解らなくなると大変だ。
突っ走ってしまうから、始めは油断ならない。
ロープ付きで2周。
けっこうアクセル開けているのが解る。

また休憩。
弟にも体験乗車を。一周。

休憩。
すると
「もう一回乗せて下さい!」と大きな声でお兄ちゃん。頼みに来た。
その声に感動。
ちょっと涙うるみ気味。
「いいよお、もう一回乗ろうねえ」と。

あとでご両親に「あんなふうに自分から初めての大人に頼みに行くなんて、いままでのお兄ちゃんでは考えられない」そう言われ、また感動。
あの子、本当に、本当にカートやってみたいんだ。

次の試乗は「じゃあ、今度は一人で走るんだよ」と単独でコースに送り出す。
予想以上に、いや、今まで何人もの初乗り少年を乗せてきたが、その中でも一番スロットルが開く。速く走ってもきちんとブレーキで減速できる。スピンもしない。

さらに驚くことに、全ての初乗り子供が「イン・イン・イン」のコーナリングをするのに、この子は「アウト・イン・アウト」のイメージで走っている。
凄い。こんな子もいるんだ。

6歳だから、今年いっぱいは「ベビーカート」で修行だね。
来年は、レースに出られるカートに乗ろうね。と。感動して送り出した。


人の子なのに、感情移入してしまった。
やられた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。