週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近道は遠いよ(笑)
2007年06月06日 (水) 16:03 | 編集
 同じ道を通るのが嫌いだ。
 例えば、自宅からO&Kまでは500メートル程で一直線の道のりなのだが、ある日は道のこっち側、ある日は道のあっち側、そしてまたとある日はちょっと寄り道、といった案配だ。

 クルマでどこかに行く時も、赤信号を嫌ってもがきつつ違う道を通ることが多い。
「お父さん、裏道通るの好きだよね、新みち開発とかも」と息子に言われているが新道開発が好きというよりも、いつも同じところを通るのが嫌いと言った方が正しい気がする。

 今日は朝から平日カートで遊ぼう会と遊ぶためにいつもの南幌へ向ったわけだが、


20070606160335
写真左に小さく見えるアーチ型の橋がサーキット直近である



 今日も気がつくと砂利の堤防を走っている。
 果たしてその道がサーキットに通じているのかどうかは行ってみなければ分らないが、多分大丈夫だろう。

 「この道は、もしかしてサーキットへの近道に使えないかなあ」と、ちょっとあまり走ったことのない道に入って行って、その新道の中でも分かれ道を行ったことのない方に選びつつ走って、でも目標になるものからはあまり離れて行かないように気をつけて、それで登った堤防だった。





 海外での取材の仕事に行く機会の多くがレンタカーでの移動で、彼の地のレンタカーの場合カーナビは付いていないことが多い。カーナビなし、初めての国、難しい道、記憶をたどるとマレーシアが世界で一番道が難しいように記憶してます。

 マレーシアの道のどこがどう難しいのかっていうと、
1)走っている道にその道の名前が滅多に表示されていない
2)バイパスなどの出口を出から反対方向に入り直すのが非常に難しい
3)工事中が多く、昨日通った道が今日通れなかったりする
 って感じで、旅人のレンタカードライブには難関だった。

 道の名前が表示されていないと、分岐点を過ぎた後「この道でいいのかなあ」と不安になってから正体が分かるまでとても時間がかかる。やっとこ「あ、この道の名前違うみたい、方向違いだよ」と分ってからさっき間違えたと思われる分岐点まで戻るのがまた大変。
 じゃあ分岐に戻らずこのままの道でなんとか迂回しようと考えても、今自分がどこにいるのか皆目見当もつかなくなってしまっていることが多い。これには困った。

 最初の数年は迷いに迷って。
 3~4年目からはなんとか覚えてきて「決まった道を通う」ことはできるようになったけど。

 そんな思いを、例えばメキシコで、例えば南アフリカで、例えばアルゼンチンで繰り広げてきているわけだけど、そうこう考えるとヨーロパって道が簡単なのよ、感動的に。

 オレが欧州に初めて向ってからずっと、イギリスから目的国に向う時に地図を使わないでも全然問題なかった。手帳に付属の欧州マップ(縦15センチ、横25センチくらいの大きさ)だけで渡り合えたもんね。まあ現地に着いてからサーキットまでの道は調べなくては解らなかったけれど。
 欧州の場合、かなり遠くの最終目的地と近隣の大きな街の案内が随所に出ていてドライブしながら目的地を外すことが少ないのだ。
 そして町中でも空港はこっちとか駅はあっちとかの行きたいところの表示に事欠かない。だから地図なしでも殆どのケースで迷わない。

 じゃあ日本はどうなんだ?
 日本の高速道路の表示は、例えば料金所から高速道路に入ったとたんに「あれ?右と左、どっち?」と悩むことが多かった。今は少し改善されてきたけどね。
 例えば南幌インターから入って分岐の上に表示されているオリジナル看板には「左岩見沢、右苫小牧」となっていて札幌がどっちなのか悩む設定だ。(今はそのオリジナル看板が評判悪かったらしく「札幌」という表示が別なボードで加わっている。のだが、オリジナルの方を見る習性があると見落としやすいのである)

 だれかを横に載せていて(息子かカートメンバーの高校生が多い)、世界を股にかけているのにこんな日本のローカルで道を間違えるんですねえ、と言われたくはないが、案外日本にいる時の方が道を間違えたりしているかもしれない。


 だからってわけじゃないけど、いろいろな道を走るのが好きだ。
 間違えても復旧も早い?
 間違えても「いやいや、裏道」と強がり言える?
 いやいや、そもそも野生のカンが発達して道に迷い難くなる?

 いーえ。
 そんな目的があってやってることじゃあありまへん。
 ただただ変化を楽しみたいだけです。
 だって自宅からの通勤路をちょっと変えたくらいで野生のカンは関係ないっしょ??(笑)

 まあ正直なところ「ルーティーンが苦手」な我がままなだけだったり!するかも?
 毎日同じことの繰り返し、これ、確かに苦手かも知れません。

 反省反省。











 さて登った堤防は夕張川の河川敷上。
 先に見えるアーチ橋が順調に近づいて、無事にサーキットに着いた。
 高速を降りてからずっと裏で来たね。
 所要時間は普通の道を通るのよりも砂利道だった分余計に掛かってしまったけど。
 でも、いつもと違う道で、あまり遠道しなかった時は、なんか嬉しい。

 でも最近は通ったことない道が減ってきてなあ。
 どきどきワクワクすることも減っちゃったよお。



(この項、了)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。