週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モナコに向かう
2007年05月23日 (水) 03:01 | 編集
モナコ行きのために、久しぶりに成田前泊。
モナコって、木曜日から走行が始まるんで通常でも1日早く出発するのだが、今回オレが利用するルフトハンザの早い方の便が9時55分成田発で、札幌から繋げる便がないための前泊だ。

日曜日のカートレースサポートの疲れもあるから、羽田から一直線に成田に向い、大手航空会社のチェーンホテルに投宿。
ホテル◯航ウ◯ンズ成田。

ネットで月曜の昼に探した宿で、疲れてたし、面倒だったので知っていたけど、知ってるけど「一見安い」この宿にした。
カード会員ネット割引で一泊9500円也。
成田にあっては安くも高くもない設定だ。

知っていたのは「ここのホテルに泊まると宿泊費以外がけっこう掛かる」ということ。
本家の◯航成田は目の前にコンビニがあって、何かとコンビニで済ませられるので「一泊13100円」とちょっとお高いがそのままの料金でなんとかできる。
(昔はコンビニがなくておにぎり2個で1800円なんつーものを食ってたけど)

今日のお宿はそうはいかない。
疲れた旅人は、歩いて15分のコンビニには足が向かないのである。
それでも疲れた体を引きずって、一階のレストランを点検。
メニューが少ない。高い。

最上階にレストランがあるらしいとエレベーターに書いてあるので、そこに向うと「金土以外は貸し切りのみ」としてあって、その日は休業。
このホテルの素晴らしいところは、客室内にレストランの案内とか、自販機の設置状況とか、宿泊者が必要とする情報が僅少で、そのかわり通販のカタログが妙に充実していて、デスクを占領していること。

だから足で探しましたよ。
でも結局一階のレストランしか営業していないことが判明。
一階の売店横に自販機があって、ジュースやシャンプーやつまみは売っているのだが、売店にも自販機にもビールはない。のだ。

ビールを飲まないと何事も終わらないオレとしては、ぜひとも呑みたいのだが、売っていない。
レストランのメニューは充実していなくて(メインの食品が数種類しかない)、何となく行きたくない。

ルームサービスは、なぜか一階のレストランのメニューよりも充実している。
ビールもある。
しかあし、ルームサービスの宿命で「とても高い」のだ。

悩むところである。
どうしよう。
一階でビールだけ飲んで、部屋に帰ってからルームサービスで食品を頼むか?

それとも15分歩いてコンビニに行くか?

いやしかし、アクティブが売りのオレも売り切れてきていて、ルームサービスですべてを済ますことにした。単独の宿泊で、ひとりぼっちでレストランというのも寂しいしね。


20070529163954b.jpg
金4000円の夕食だ。

ハンバーグ&ライス&ビールで4000円だもんね。
ビールは小瓶で347ccと書いてあって、700円(泣)


とてもじゃないが、一泊9500円のホテルの供する食事の値段ではないのだが、彼らもこうして宿泊費以外の売り上げを立てないといけないのだろうから。

でもま本家のおにぎりの驚愕の値段よりはまし。
ピザ1700円とか
やきぞば1800円とか、
おにぎり1800円に比べればまだまし。

要するに客単価ってことで、一品あたり最低このくらいという設定しないといけないからだよね。
わかるわかる。

頼んだ食事もおいしかったよ。





寝よ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ちいちさん

そうなんっすよねえ。
オレも商売する身だからわかるんだけどね、客として味わうとまあ色々考えさせられるわけで。
ビジネスモデルの再構築を迫るってわけじゃないんですけど。
顧客満足度的に、旅行者で成田発で一生に何回かの利用でという条件に甘えてるかなあとか、複雑に考えさせられたりしました。
2007/05/23(水) 22:22 | URL | けんじ #BWgGc7Fk[編集]
同じような商売をしているので考えさせられますね
高くても満足してもらえるなら良いんですけど・・・
大抵は客単価と客数は反比例しがちで頭を悩ませます

モナコではアクティブに頑張ってくださいね
2007/05/23(水) 18:33 | URL | ちいち #-[編集]
○航の経営が思わしくないのも納得ですね。
2007/05/23(水) 07:58 | URL | ワロス #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。