週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春着たか?
2007年04月23日 (月) 12:11 | 編集
土日は終日サーキットにてテスト走行サポート。

遅れたけど北海道にもやっとこさ春らしき季節が来つつありますです。
南幌というサーキットも日曜の昼間は半袖でOKだったもんね。

昨日の「もてぎインディー」・・・・・コースケ、残念。
一周目のターン2でスピンって、あまりにもかわいそうでねえ。
インディーの場合、オーバルコースなんで最初のカーブの前半がターン1、後半がターン2と呼ぶわけで、ターン2でスピンということは1個目のオーバルカーブを曲がりきれなかったわけで。
「もの凄いオーバーステアが突然出て、リアがブレイクする瞬間すらわからなかった」って。

あーあ、コースケ、大舞台野郎と呼ばれた男。神通力がどっかいっちゃった?
応援してるんだけどなー。

レースに興味のある人でも「オーバルのレースってマシン性能以外になんかあんの?」って思っている人が多いんですよねえ。
特にインディー500なんかは「全周に渡ってスロットル全開で走行する」とか聞くと「踏みっぱってことは、ドライバーは乗ってるだけ?じゃないの?速いマシンが勝つだけでしょ!?」とか思う人多いみたいなんだけどさ。とんでもないらしいっすわ。

実際にオレは走ったことないけど(当然ですが)、まず全開でラップしているだけでもちょっとのステアリング操作とライン取りでタイムが大きく変わる。しかも集団で走っているとタービュランス(空気の乱流ね)が影響して乗り方を大きくアジャストしないといけないんで、ただ全開で突っ走っているのとはわけが違うらしいんだよねえ。

だからロードコース育ちのドライバー達は、オーバルをナメてかかると酷い目に遭うようで、コースケはそういう先輩達から色々とご教授受けて行っているんで、もうそういう怖さは身にしみているはずだし、4年目のシーズンでパフォーマンスも発揮できるころなんだけどなあ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オーバルの
そうなんですよね。
グラツーで疑似体験なんだけどさ。。。
すごく難しいです。

ちょっと切りすぎると、とたんに遅くなるし
タイアがたれるし。
そんなに簡単だったら、競技にはならないよね。
2007/04/23(月) 22:13 | URL | 畳屋@本業以外が忙しい #PzOJF./Q[編集]
インディモテギ、現地で見てました。
クラッシュの瞬間の凍りついたグラスタの雰囲気ったらなかったです。放心状態で立ち尽くす人がたくさんいました。

実況のピエールさんが「松浦選手は0周リタイアです」ってあくまで冷静に語っていましたが(きっとピエールさんも悔しかったはず)でも、これが現実。それを受け止めて悔しさを力に変えられる人が勝利を掴める世界なんですね。

頑張っている人には結果が出て欲しいし、そういう希望のある世界であって欲しいから、いつか必ず勝ってほしいです。このモテギを苦笑いで思い出せるように。
2007/04/23(月) 19:12 | URL | mory #fYFfjCTQ[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。