週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レーシングの始まり
2011年06月13日 (月) 15:25 | 編集

 僕のブログを見に来てくれる人の多くが「レーシング理解者」だと想定しての質問ぉーーーんw


 貴方のご子息が、あるいは親戚や知人の子供が、
「僕(わたし)レーサー(ラリー含む)になりたい」
 と言って来たら。


 貴方はどう答えるのだろう?

 ツイッター、並びにコメント欄で募集します。
 ご意見聞かせて下さいm( _ _ )m

 僕のやり方、僕の応えは、一定の法則があって
 それはうちのメンバーなら知っている人が多いので、知ってる人は書かないでねw

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今思いついたw
僕は自分の子が、「(レーサーに限らず)やりたい!」と言った事は、ほとんど全部賛成です。まぁ「やりなさい」とは言いたくないですが。
習い事や遊びから得るものって凄く大きい。親から離れ、親以外の大人に指導されるってのも大きい。ってのを経験してきてるので、たくさんの経験をさせてあげたい、というのが基本路線なわけです。

で、その「レーサーになりたい」を言う年齢によってもちょっと変わります。
小さな子供が夢として語るのならいいですが、ある程度の年齢になってそれで飯を食うプロになったり、職業として選択する場合。

反対します。
非常に厳しい世界。死んだり大怪我するリスクはあるし、実力主義だし、明日の生活も分からない。だからこそ反対押し切ってでもやるくらいの熱意がないと、そして自分から退路絶って飛び込んでいかないと、モノにならないんじゃないかと、思うわけですね。
2011/06/16(木) 01:37 | URL | レッド@MR #L8AeYI2M[編集]
私の回答
貴方のご子息が、あるいは親戚や知人の子供が、「僕(わたし)レーサー(ラリー含む)になりたい」
 と言って来たら。

私の対応としては、
本人のレーサーになりたいという思いの大きさを確認したうえで、
①やりたいのなら、やりなさい。
②応援するよ。
③ただし、金銭面・マネジメント面含めて自分で自分の世話をしなさい。
と、愛情込めてわが子に話す。

思いが強ければ、特にハードルの高い③も本人なりに、どうにかしようとするでしょう。
そのプロセスを見ながら、私の投資余力範囲でお金を出すかもしれません。

私の父親は、とある会社経営をしており、私は長男であることから「事業承継」が既定路線でありました。
しかし、今は経営コンサルタントをしています。
つまり、親の会社を継がず、自分のやりたいことをライフワークとしたわけです。
そのような背景があり、わが子がやりたいことは妨害せず、むしろ応援したい、というのが私の考えです。
(法律に触れるようなことはもちろん別ですが)
レーサーは、安全面・安定収入面ともに不安定で、かつ実現可能性が極めて低い職業ですが、本人の思いが強いのであれば、一旦、応援します。才能がなければ、そのうちあきらめて方向転換するときがくるでしょう。それが仮に30歳だったとしても、まったく問題ないと思います。
一度きりの人生、私がわが子の生き方に制約条件はつけたくないと思っています。
自由に羽ばたいてもらいたいです。たとえ、それが失敗したとしても。
人生やり直しは、何歳からでも可能です。
私自身、32歳のときに、突如コンサルタントへの道に方向転換し、猛烈に勉強していま、コンサルタントになっています。
コンサルタントのくせに、まとまりのない文章ですみません。
2011/06/14(火) 00:23 | URL | wasi #6NSN3Qk.[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/13(月) 21:02 | | #[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。