週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライコネンチャレンジ
2010年09月13日 (月) 15:46 | 編集
面白かったし,盛り上がりました>ライコネンチャレンジ!


昔から良くレース関係者やエンジニアさんに「なかなかホントに速いドライバーってのはいないんだよ」と聞かされて来ています。
「ホントに速い」っていう定義にはそれぞれの人の感覚があるんでしょうけどね。


F1では「ここにはB級ドライバーはいない。いるのはAクラスドライバ-と数人のSクラス。そして稀にだが特Sクラスドライバーだ」って言うんですよね/

条件が揃うと速いAクラスドライバー。
なにか不具合があったり条件的に厳しい時でも仕事して、チャンスでは確実に来るSクラス。
上記全てを兼ね揃えた上で,人智を超えた想定外のタイムを叩き出すことのある特S。

ライコネンは気難しいけれど間違いなく特Sにランクされたドライバーです。

今回のイベント程度のところで,その「特S具合」が見られたように感じたので僕は大満足でしたぁ~。

特Sドライバーに求められる才能は上記のような項目に加えて,順応性なども入るのだと思います。
トップラリードライバ-は特に順応性の部分が凄いんだと思うんです。
さすがはラリーで戦う「元F1世界チャンピオン」のライコネンだって思えて嬉しかった。


ライコネンチャレンジは,100人の挑戦者が野外で行なわれたエンジンカートでのタイムトライアルでのトップ選手が,アウトレットパークの屋内通路を使用した特設コースでライコネンに挑戦するという企画でした。
さすがに100人から選ばれた猛者達は速いし経験もありそうだし立派なものでした。

それらの一般からの挑戦ドライバーに加えて,今回は特別ゲストとして元ラリー世界チャンピオンで現役の新井選手や,元TDP(トヨタドライバ-育成プログラム)出身のプロドライバー平中選手(札幌市出身)等々のプロ達も参加していました。

アウトレットパークの店内通路は,石畳やタイルやレンガなど様々な路面が登場する上にタイヤバリアーを設置したために幅が狭く、なかなかチャレンジングなコース。
そこを「下見1周,アタック1周,クールダウンラン1周の計3周走る」というルール。

ライコネン以外の挑戦者は、イベント開始前にコースを何度も歩いて確認をして,アタックに備えたイメージ作りをする時間が設けれていました。

僕は身近にいた一般参加のドライバー2人に,コース設定した時のイメージを伝搬してアタックに備えてもらいました。
ブレーキングするところの多くが石畳で滑りやすいが,その後のクリッピング先は場所によってずっとグリップする。だからそう言う場所では進入で滑るイメージを恐れず先のグリップするところで曲げる。スロットルをオンにすると電動カートの特性でモリッとトルクが出てドライバーの本能でスロットルコントロールしてしまいがちだが,モリッときた後はしょせん電動なのでごまかされずに踏んで行け。ギャラリーコーナーは黙って全開で行けるからビビるな。とにかく初コースなんだから,1周目からガンガン行って限界を確認せよ!,,,,等々。

そして始まったタイムアタック。
途中ライコネン登場でバタバタしたりしながらも,挑戦者達のアタックが続きました。

ライコネン以外では荒井さんが印象的だったなー。
体重もありそうだし,カートはあまり乗り馴れていないようなのにプロドライバーで最速タイムを記録してましたからねー。
ラリーストに求められる「見ただけで走りをイメージして本番一発勝負を走る」っていう才能を発揮してましたねー。

さてライコネンの登場で盛り上がる会場。
ライコネンだけはコースの下見をしていないので,特別に競技車とは違うマシンでのインスペクション(下見)ランが行なわれました。

そのインスペクションの1周目に,
僕は「あ,やられた!」ってライコネンにホレボレしましたw
こう言うイベントに慣れてるんだなーきっと。


下見である1周目に、彼がしたこと。

それは特設コースのコース幅を維持するために置かれたタイヤや製材やパイロンに、立ち上がりラインで当てて見てるんです。

素晴らしい!
素晴らしいですっ!!

「どのポイントは当ててもタイムロスしない,パイロンは倒しても次のラップには直っている,当ててロスしないところはアタックでバンバン当てて,パイロンなんかは倒しちゃっても壁に当たらなければOK」って確認している。


これは当てないように当てないようにって狙って走って来た挑戦者とは、レベルが根本的に違いますよ。

当てないラインと,当てても問題ないラインでは雲泥の差がありますから。
思った通り,インスペクションつまりただの下見でありながら挑戦者を1秒以上上回るタイムを記録しやがった(笑)
それまでの挑戦者のベストタイムが28秒前半で,ライコネンが叩き出した下見タイムが27秒1(笑)

3周下見して,本番マシンに乗り換えて。
こっちはライコネンの足の長さに合わせたペダル移動でアクセルが全開になっていなくて,思ったようにタイムが出なかったのですが,インスペクションの走りで観客も関係者も「やられましたーm( _ _ )m\」ってなりました。

ってか、コースを見てもいなくて,いきなり走って下見で1秒速いんなら,もういいよね(笑)

プロドライバー。
それも「特Sクラス」のドライバーが,一発タイム出しに行く時のアプローチのひとつなのだけれど,それが垣間みられてとても幸せでした。

ちなみに、ココだけの話し,下見マシンは「こっちが良いって言われたら困るから」って遅くしてあったんですよ(笑)

本番車が万全なら,6秒台叩き出したんだべなー。
それはそれで見てみたかったなーw

そして、もしも僕が出ていても,コース設営した身からすると壁は使えなかっただろうなあって、感心しつつ思いました。
また今回はライコネンが最終のアタック選手だったのですが,もしも最初にアタックして壁走法を見ていたら,挑戦者が壁に当たりまくって凄いことになってたかも,なーんて想像してビールが美味かったですw

面白かったー。


なお、記録上のトップタイムは,僕が「君に全て託した」って全てのノウハウを教えていた選手が獲得してくれて,抱き合って泣きました(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
WRC
ライコネンは、
WRCに乗るようになって
好きになりました。
なんだか、とても楽しそうで
ウキウキして見えます。
カートに乗っているのも楽しそうですが、どっちが本当に喜んでいるのか聞いてみたいですね。(^o^)
2010/09/09(木) 17:41 | URL | nyaonyao #7tx7L6DI[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。