週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嫌な年寄りw
2010年06月06日 (日) 18:12 | 編集
今日は僕の主宰するカートチームO&Kのホームコースで開催されるシリーズ戦のラウンド2でした。

20台近くがO&K系としてエントリーしたレースだったのですが、なんか巡り合わせが悪くて、クラッシュあり、スピンあり、ペナルティーの勘違いあり、メカトラブルありと、いつもなら悔しすぎて悲しくてゴキゲンとは行かない1日でした。

とある決勝スタートのグリッドでは、このクラス常勝軍団であるO&Kが、出走20台ほどの最後列に出場している全6台が固まっている状態でしたから、流れが悪い日というのは恐ろしいものです。

速さに疑問はないのに、または速く走れるようになったのに、結果が伴わないというのはレースに限らずスポーツの世界で「30過ぎてイライラする!」という状態ですよねー。
例えば最近のファイターズ=ダルビッシュ投手の「打ち取っているのにエラーやポテンヒットで点が取られて負ける」ようなことです。

そういう流れが悪い1日だったので、ひょっとすると「けんさわさん機嫌悪いんじゃ?」っていう状態なのですが、意外に気分は悪くないです。
へへへ。

それというのも、昨日の昼に急に出場を決めて今日出場した自分のレースが「所定の手応えを得た」からなんっすよー(嫌な50歳w)。
今回は諸般の事情でニュータイヤを入れず、かなりのユーズドタイヤだったので、最初からかなり気楽だったというのもありますし、フリー走行~タイムトライアル~予選第1~予選第二~決勝と、いわゆるスリーヒート制でマシン作りにある程度の試行錯誤をする余裕があったことがあります。

でも朝のフリー走行でタイヤのスローパンクチャーを発生して「ああオレも流れ悪いのかなー?」って思ったこともあったんですけどね。

ニュータイヤを投入しているライバルの中学生や大学生とのレース。
「一回はトップに出る」って言ってたので、ユーズドでもまだ目が残っている予選第1で狙ったんですけど、100分の1秒くらいトップに出た! けどすぐにクロス掛けらたー(笑)

で、予選を通じて決勝へのマシン作りをしました。
ユーズドなので、ニュータイヤ勢に挑むのには厳しいのですが、あくまで決勝狙いのセッティングw
セットを考えて、実施して、手応えがある時が好きですーw

でもって、考えに考えた決勝セットでの20ラップレース。
全ラップをご紹介しましょう。

Lap  Time
1 37.478>スタート
2 36.099
3 35.754>タイヤに熱入り安定
4 35.736
5 35.751
6 35.754
7 35.784>ちょっとプッシュして少しズルッと来た
8 36.661>後続に抜かれた
9 35.585>ベスト、スリップ効いててコンマ2速い
10 35.649>セカンドベスト、スリップ半減
11 35.764
12 35.654>単独ベスト、これも嬉しい手応えタイム
13 35.775
14 35.743
15 35.818>ちょっとやり過ぎた
16 35.796>タイヤ使わず乗る努力
17 35.778
18 35.724
19 35.848
20 35.817

レースが終わってからラップを見て、我ながら感心しましたー。
セットが納得いっていると見事にラップが安定していますねー。
35秒7台を20ラップ中11ラップ、悪くても35.8、単独で良くても35.6台......つまりコンマ1程度の誤差で乗り切れた。
タイヤが厳しくて少しやり過ぎただけでズルッと来るんですけど、その「ズルッと」を最小限に抑えてステアやスロットルを調整できたんですね。
なんか歳取ってパフォーマンスが落ちると悲しいんだけど、安心したー。

「このサーキットでは巧く決めるとスリップを使ってコンマ2~コンマ3稼げる」って教えて来ているんだけど、それをここまでハッキリとタイムに表現できたのも満足ですー。

これ見て、一挙に「オレもまだまだ仕事人よのう」って気分良くなって、スードラが美味い(笑)

我が宿命のライバルが久しぶりにサーキットに姿を見せて「ひょっとしてかっこ悪いの?老け込んで遅くなったの?」って突っ込んで来たけど、ユーズドであることとこのラップ表見せたら目をまんまるにしてたのがイチバン嬉しかったw
あと、ヤツが「けんさわもかっこ悪くなったー」って言って歩いているのが気に食わなかったんで、こうしてラップ並べて見せてる嫌な親父がオレです(笑)

前回ゲスト出場した時にはこういう自分への挑戦が中途半端だったので、今回はちゃんとやろう、ユーズドだけど出来る限りのことはしようって考えていたのです。
たくさんのメンバーから有形無形のサポートを頂いているので、それに応える意味でも「精一杯出来る限り」が大切だって思ってたんです。

だから「これでニュータイヤ履けば所定のタイムできちんとレース出来る」っていう手応えを最小限のこして終わりたかったので満足。
その満足感故に、チームの不振にも「レースだから、こう言う時もあるさ!」って笑って言えた“けんさわ”でしたー。( ^ ^ )v




選手の皆さんへの労いと、サポートいただいた全ての皆さまへ感謝申し上げますですm( _ _ )m

いえね。
こう言う話題を書くってのはですね、つまりはまあ、リスペクトしているライバルから突っ込みを受けたことに起因するんですけどね。
ぶっちゃけ「45過ぎたら、毎年自分のパフォーマンスには不安がある」のですよ、正直。

バリバリ速い時代なら、あえてこういうことを喜ばないですよね。
「ああ、まだ爪の皮一枚引っかかってる」っていう手応えがあったんで嬉しい、でもそういう嬉しさは年齢を怖がっている証拠なのかも知れませんし、実際そうなんでしょうねーw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です
スゴイし、愉しそうでいいですね!あ、自分は今シーズンまだ走ってなかったのを思い出したW
2010/06/06(日) 22:35 | URL | Hの小 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。