週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがとう
2009年12月18日 (金) 19:05 | 編集
 電話やメール、みんなからずっと来続けてる。
 ありがとう。
 
 でも、正直テレビ以上の情報は少ないんだ。

 さっき勇気出して右京の自宅に電話したけど、当然誰も出なかった。

 たぶん現地は混乱しているだろうから、携帯には掛けられないんだ。

 ネットで右京を叩いてるヤツらのことは無視してね。
 ってか、山のこととか知らないんだろうから、叩いてる人もかわいそうだよね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
> ネットで右京を叩いてるヤツらのことは無視してね。
> ってか、山のこととか知らないんだろうから、叩いてる人もかわいそうだよね。

お前が釣られてんだろーが
やまちゃんとか言うやつが叩いてたんだから
2009/12/24(木) 00:23 | URL | VIPから来ました #HfMzn2gY[編集]
何もできませんが・・・
今回の右京さんたちの件、亡くなられたお二人に心からの哀悼に意を表します。

右京さんとは、F1での活躍のあと、鈴鹿でのけんさわさんのオフ会で一度お会いしただけですが、
うまく言葉では表せませんが、「人間的に魅力のあるかただなぁ」と感じていました。

それから何年か後、1999年にル・マン24時間に行った時、
全体のレースの流れが現地ではよくわからなかったものの、終盤の追い上げで、
「ウキョウ・カタヤマ!ニューラップレコード!ニューラップレコード!!」と
場内アナウンスから聞こえてきた時には、どれだけ感動し、同じ日本人として誇らしかったことか。
(別にナショナリストではありませんが、)とにかくなんだか感動してしまい、
まわりのフランス人たちに「どうだ、すごいだろ!!」と言いたくなりました。

そんな右京さんが大変な状態になってしまっている・・・・

どうししたらいい??

自分自身が登山の経験がないので何もコメントできないと思っていましたが、
一件でも多く、ここにコメントを寄せることが、
これからの右京さんのほんの少しでも励ましになるのではと思い、
書き込ませていただくことにしました。

今年の夏頃、NHKで、厳冬期の富士山に登山してその様子を紹介する番組をやっていて、
その番組のゲストに右京さんが出演されていましたが、
「富士山は周りに高い山がない単独峰だから、高さの割りに風が厳しいんです。」
と右京さん自身がコメントされていたのが、今回の件で思い出されました。

それだけに、身勝手な発言している人々がいることに納得がいかず、怒りさえ覚えます。
(「二人を担いで下山できる奴なんて誰もいないだろ!!」と言いたい!!)

右京さんご本人や周囲のみなさん、ご遺族の方々の今の気持ちを察するだけで、
胸が押しつぶされそうな感じがしてしまいますが、
みなさんの心が少しずつでもいやされていき、
いつの日か、以前に近い生活に戻られることを願ってやみません。

これからも右京さんを応援していきたいと思います。

けんさわさん。

こんな思いの人がたくさんいることを
機会があったら、右京さんにお伝えいただけたらと思います。

長文、乱文をお許し下さい。失礼しました。
2009/12/21(月) 19:49 | URL | あくび #-[編集]
もしかしたら計画段階で右京さん側にも何らかのミスがあったのかもしれないですが…
でも、仲間や友人、肉親が同じような状況で、その場で息を引き取りそうになった時に、何が出来るでしょうか…
少なくとも、右京さんは必死に励ましたり、自分の体温を分け合ったり、考えつく事をやりきった結果だと思います。
当然、自分の死も覚悟の上の行動だったでしょう。
正直、全員亡くなられても不思議ではなかったのではないでしょうか。

二人の方にはご冥福をお祈りします。
2009/12/20(日) 04:11 | URL | NICO #-[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/19(土) 20:30 | | #[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/19(土) 20:00 | | #[編集]
>あなたは?
先ずは、亡くなられた
お二人のご冥福をお祈りいたします。

今回の行動、結果に
パッシングは当然あるでしょう。
非難は正論かもしれません。

でも

息をひきとる二人を
助けられない無念
何も出来ない無力
二人を残して
ひとり生きて帰る罪深き思い

目の前で友人が死んでいく状況は
地獄以外なにものでもなかった思います。
いっそ自分も…と考えたかもしれません。
右京さんも極限の精神状態だったでしょう。
また、これから彼が一生背負っていく多くの重きもの…


それが分かれば
誹謗中傷や非難は
もういいじゃないですか。

私たちファンは戻られる日を
いつまでも待っています。











2009/12/19(土) 18:39 | URL | ライオンハート #-[編集]
けんさわさん、ありがとう。
けんさわさん、色々書いてくださってありがとうございました。
あんなにしおれた右京さんを、
はじめてみました。
昨日今日登山を始めた方ではない
幼少のころから、山のことはわかっている右京さんだからこそ、苦渋の決断だったのではないでしょうか?
日テレのマイクの向け方には、カチンと来ました。。。
右京さんに直接お話しできるときが来たら、温かく励ましてあげてください。
2009/12/19(土) 14:48 | URL | nyaonyao #7tx7L6DI[編集]
あなたは?
≫ネットで右京を叩いてるヤツらのことは無視してね。
 ってか、山のこととか知らないんだろうから、叩いてる人もかわいそうだよね。

あなたはどれほど富士を御存知
なのですか?

富士の天候が急変する恐ろしさを知ってのことでしょうか、
それに予報では寒気団のことを予測してましたよね。
地元ではそれを【強烈な西風】を意味するのですよ。
登山計画書も出さず登頂を目指すのは無謀以外のなにものでもありません。
つい最近、5合目で車内で仮眠をとっていた人が落石で亡くなられたばかりです。
それも2トンほどの岩石です。
富士にはそこかしこに危険が満載なのです。

叩かれても仕方ないでしょうね。

モータースポーツに対しても同じことが言えるのではないでしょうか
草レースから見聞きしてるファン、
入門がF-1だったファン。
ファン同士のギャップがゆえ掲示板等での争いは凄まじいやり取りが今も
続いています。
アグレッシブの意味をはき違え、他のドライバーを巻き添えにして
または邪魔をして車を壊す。
それでも一部のファンは彼を称えシートを熱望し続ける様は
あなたの言われる【山のこととか知らないんだろうから】
と通ずるものがあるのではないでしょうか。

あなた方は常に最前で取材しているプロ中のプロ
我々からすればなんとも羨ましい限りです。
そんなあなた方のコメントにファンは狂喜するのです。
それが最も怖いのですよ。
ブログといえどもファンは注視しています。

ファンを導くのもあなた方の使命だと思います。
野球ほど認知されていないモータースポーツを
枯らすも生かすもあなた方メディア次第かもしれませんね。

最後に
≫片山さんは2人に体を寄せて毛布と寝袋で温めたが、
宇佐美さんが突然泣き出し、
大きなため息をつくと動かなくなった。
片山さんが脈を取り、亡くなったのを確認したという。
堀川さんもパニック状態になり、
やがて亡くなったのを確認したという。片山さんは「2人を下ろせないので、1人で下りることに・・・・・。

これほど辛く悲しい出来事があってはなりません。
2009/12/19(土) 14:36 | URL | hiro #-[編集]
長い一日でした。
昨日ほど長く感じられた日はなかった。
右京さんが戻ってきてくれてうれしかった。
だから、これからも今まで通りやり切ってほしい。
応援します。
2009/12/19(土) 08:30 | URL | sak #/6yZIWm6[編集]
けんさわさんありがとうございます。

今はしょうがないにしても…

どうか、どうか自分を責めないでほしい。

敢えて言わせてもらいますけど、

登山は続けてほしい。

同行されたお二人もきっと同じように言うと思います。

大衆を感動させる人間の、辛く悲しい性かと思いますが、

ずっと右京さんを応援しますから。
2009/12/19(土) 04:24 | URL | piojo #Xnq8k9Uo[編集]
冬の富士山がとても厳しい山だということを、私はテレビで見た以上には知りません。
片山右京という登山家が、動けない二人を自分ひとりではどうすることもできない「諦め」によって下山したのであれば、それは適切な判断だったのだろうと思います。
諦め、とは
明らかに見極める、が正しい語源です。
努力せずにヤメてしまうこととは違います。
2009/12/19(土) 02:29 | URL | win #93Gfe1AA[編集]
心苦しいだろうな・・・
右京さん、断腸の思いだったでしょう。
ネット上で色々言われていますが、登山家としての判断は、正しかったと思います。
私も、過去に冬山の怖さというのは身を持って経験しているので・・・本当に怖い。
右京さんの心のうちを思うと、とても切なく、そして辛くなります。

けんさわさん、色々とありがとうございます。また、何か情報がありましたら、ぜひ、書くことができる範囲で教えてください。
2009/12/19(土) 01:39 | URL | sasanao #BB/vX.UQ[編集]
中国在住
今、ニュースを見て、驚きました。同時に、ネットでの酷い中傷も・・・
 今回の件、遭難してからの行動には、最悪の中の最善策を取ったと思います。
 しかしながら、日本を離れた地に居ながらも、寒気が降りてきて、大変な気象になるな、という事は、3、4日前から私でも、知っていました。
 当然、右京さんも分かっていたはずです。冬山の恐ろしさも。それでも山に登るという決断をしてしまった。
 『富士山』という、名前が、右京さんから適切な判断力を奪ってしまったかも知れませんね。
2009/12/18(金) 23:59 | URL | 広東省 #-[編集]
やっぱり不死身
ただ今、報道ステを観ています。

「2人を置き去りにした」とか「見捨てた」と言っている友達も居ますが・・・
( ̄~ ̄;) ウーン・・・

右京も救助隊が全然来ないので悩んでの1人で下山と言う事でしたね。
登山家としては正しい判断だったようですね。
(´-ω-`) う~む

明日は一緒に捜索に向うそうですが。
冒険家は辞めないで欲しいな。
(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。) ぅんぅん
2009/12/18(金) 22:14 | URL | どさんこ #YTqdC3Zk[編集]
けんさわさん、ありがとう!
いろんな事が書かれていますが
けんさわさんが、書かれていることで、少なくとも信じていけます。
けんさわさん、ありがとうございます。

右京さん、ゆっくり休んで
元気になっていただきたいです。
2009/12/18(金) 21:33 | URL | nyaonyao #7tx7L6DI[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/18(金) 20:12 | | #[編集]
右京さん、無事でよかったです。
ネットで知ってから、仕事に手が付きませんでした。
今日は、この辺(裾野)も、ものすごく寒く、手が悴んでしまうぐらいです。

会社から富士山が近くによく見えるので、残っているお二人の無事を祈るばかりでした。
今も部屋に帰ってきて、ニュースを探しています。

近いところにいるだけに、もどかしいです。とにかく無事を祈っています。
2009/12/18(金) 20:00 | URL | suga #-[編集]
右京さん
無事で良かったです。
仲間を置いて下山しなければならなかった右京さんの気持ち、辛かったでしょうね。
片山右京という男、言い訳をしない責任感の強い男。
責任を自分一人で背負いこんでしまわないか心配です。
右京さんの行動は、状況を考えれば限りなくベストに近いベターだったと思います。
2009/12/18(金) 19:55 | URL | まげろたかし #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。