週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
規則は規則
2009年11月28日 (土) 12:55 | 編集
 歩行者信号


 横断歩道に付いている歩行者信号。
 守ってますか?

 外国に行ったことのある方なら気が付いたでしょうけれども、世界中見て来て思うのは「日本人ほど歩行者信号を守る国民はいない」ってこと。

 守りますよねー。

 僕の自宅のすぐ横に交番があるんっすよ。
 その交番の駐車場には大概ミニパトが止まってて、中に警察が乗ってて前の交差点の違反を見張ってんっすけど、僕はこないだそのミニパトに横断信号無視で怒られましたぁ~。

 「まだ赤ですよー。ダメですよー。ちゃんと信号守ってくださーい!」

 こちとら50年近く生きて来て、初めて横断中に注意されてビビったわけですけど、ちょっとだけ“ムッと”しちゃったりなんかして、お巡りさんご免なさい。

 つい先日は、信号無視して横断して行った若者を罵倒するおじさんがいました。
 正義のおじさんは、若者をチャリで追いかけて行って叱ってましたねー。
 曰く「信号くらい守れ!」って。

 歩行者信号を守る。
 これって社会の義務だし、自分の身の安全のためにも必要な事だという事は解ります。

 ところが外国に行くと様子が変わりますね。
 歩行者達はほとんどの場合、信号が赤でも左右確認してクルマが来ていない時にはサッサと横断しちゃいます。
 英国でも、フランスでも、あのドイツでも、思い起こすとほとんどの国の歩行者は歩行者信号を守らない場合が多い。

 最初の海外経験したアメリカでは、やっぱり自由の国だけあって横断も自由よノウとかって思ってたんです。
 でも英国に住むようになって、いわゆる英国紳士とかの真面目なイメージがある英国で、アメリカ以上に自由な横断が行われているのを見て驚きました。
 若者も、紳士も、おばちゃんも、令嬢も、誰でも赤信号で渡るんだもん。

 その後、世界中で横断の様子を観察していると、どの国でも行われていることを知りました。

 一見すると「こんなに信号無視するんじゃあ、危なくってしゃーないわなあ」って思えます。
 実際、赤で渡っているので、危ないシーンも多数目撃したし、接近するクルマがクラクション鳴らして危うく難を逃れてるシーンもたくさん見たし。

 「いかんいかん!日本を見習え(笑)!」なんて思ってた。

 でもなんか、意外な話を聞きました。

 道路横断中の歩行者の事故は、日本って先進諸国の中では多い方っていうか、凄く多いのが日本なんだって。

 信号守ってる日本人が、信号守ってない欧米人よりも多く道路横断中の交通事故に遭っているって、何か不思議。

 「信号が青になったら、安全確認もせずに横断開始する」人が多いらしい。
 信号を信じ過ぎというか、信号が青になった事で反射的に横断を開始する。
 でも赤信号無視状態の車両がぶっ飛ばして走って来ている事が多いんで危ない。

 また「信号は守るけれど、急いでたりするとあえて信号のない場所で横断する」のがまた多いし危ないらしい。
 信号のない場所って、要するに普通に道路横断なわけで。
 そうやって横断歩道じゃない場所を渡るのって、おばちゃんとかお年寄りに多い傾向があるんだって。

 こんなに歩行者信号を守る国民はいないのに、規則と安全に対する意識は高いのに、実情としては世界と比較して事故率が高いって、なんかショック。

 欧米の「歩行者赤信号無視」の人々は、赤で渡ると自認しているので自分でしっかり左右確認して、早足で横断するもんなあ。
 結局、青信号で渡るよりも安全確認自体はしっかり行っているという事なのかぁ?

 社会の決まりだし、自分自身の安全確保のためでもあるから、歩行者信号をしっかり守る事は大切なことだけど、僕はどっちかっていうと欧米派かなあ。

 自分自身で安全確認しているんだから良いじゃん!って思ちゃう方ですねー。

 欧米に行っている時にはバンバン赤でも渡ってる自分ですけど、それでも日本に帰ってくると意外に渡れない(笑)
 周りの目が気になる(笑)
 こないだ警察に怒られたし(反省)

 でも「おおよそ5~6歩で渡りきれる狭い道に信号が付いている時には、けっこう無視する」かもしんない。
 狭い道で、交通量が少なくて、信号が付いている。
 そう言う条件が整っていると、渡りたくなる。

 なんか、だれーもいないのに、どこからもクルマが来てない狭い道なのに、律儀に信号守ってる自分が許せなくなるときがある。
 「なにやってんだ?オレ!」って。

 でもこないだ激怒した正義のおじさんがいたのは、そういう狭い道。
 怒られていた若者の気持も解るだけに、複雑な心境だったっけ。
 

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ドイツでは...
> あのドイツでも

先日、ドイツ人に教えられたんですが
「ドイツ人はイギリス人みたいに時も場所も
選ばずに渡ったりはしない。
ちゃんと状況を把握して信号無視しているんだ。
と、言うのも、ドイツでは信号無視をするのはいいが
その信号無視した大人につられて子供が渡り
車に轢かれたら処罰されるのは運転手ではなく
信号無視した大人の方だ」
だそうです。

子供の前でも平気で信号無視しているイギリス人を
毎日見ているだけに非常に新鮮な驚きでした。
2009/11/30(月) 22:56 | URL | Baku #iICAL.iA[編集]
自転車
日本では自転車は道路の左側を走るように法律で決められていますが、実際には自動車にクラクションを鳴らされたり幅寄せされたりします、車道は自転車が走るように出来てないですしね。かといって人の多い所で歩道は走れないですし・・・。
海外、特にツールドフランスの行なわれるフランス等はどうなってるのでしょう?。そもそも自転車が走ってないのでしょうか?。どなたかご存知でしたら教えてください。
2009/11/30(月) 22:37 | URL | にょろ #-[編集]
中国在住
私は、今、中国に住んでいますが、以前に比べ、車は、比較的信号を守るようになっています。歩行者は、信号なんか、無視していますが。ただ、運転する方も、歩行者が適当に渡ってくる事を前提に運転しますし、歩行者も、車の動きを、注意深く観察して渡ります。お年寄りも、ゆっくり、キョロキョロしながら渡っています。これで、意外と事故はあまり見た事がありません。(車同士はよく見ます)日本では、誰もが『信号を守る』事が前提で、他の国は、『信号を守らない人が居る』事が前提で行動をしているので、日本の事故が多いのでしょうか?
2009/11/30(月) 22:12 | URL | 広東省 #-[編集]
確か昔教材で、「英国では自己責任ならば赤信号でも渡って良い」と言うのを読みました。

ある企業の創業者の講演会では似た話を聞きました。彼は、入社試験の時にこの問題(車が来ない赤信号)を聞くそうです。んで「ルールは人を幸せにするべきもので、縛るべきものではない」ために赤信号を渡って良いと仰ってました。もちろん「子供の前では言わないでね」と注釈付けてましたが。
2009/11/30(月) 13:15 | URL | なめーる #-[編集]
押しボタン式の横断歩道用信号で、車が来てないのにわざわざボタンを押して待っている人が理解できません。
しかも横断者が渡った後に車が来て、誰もいないのに車がだけが停まっていたりするのは、すごく不条理だと思いますね。
自分も英国在住経験者ですが、英国なんかでは、横断歩道用信号は青からすぐに黄点滅に変わって、車側は赤から赤点滅に変わりますよね。
つまり、横断者が渡り終えたら、安全確認して車も進行してよいと言うことです。

ヨーロッパでは、
「歩行者であろうがドライバーであろうが、それぞれが自己責任においてなるべく合理的に速く移動すべき」
と言う考えが根底にありきで法律が運用されていると感じますね。

逆に日本は法律を自分の都合の言いように解釈して無責任な通行をする人が多いと思います。
「歩行者優先」≠「歩行者には安全義務がない」のはずなんですが…

都内あたりだと、歩行者だけでなく勘違いチャリダーも「自転車は交通弱者だから、車の方が避けろ」みたいな調子で車道を走っているのが多くて、本当に危険です。酷いのになると、片側4車線もあるような幹線道路で右折するのまでいますからね。原付でも禁止されてるのに…後の車は大パニックですよ。
2009/11/30(月) 10:25 | URL | ぽむ #-[編集]
Re: タイトルなし
> ロスに住んでいましたが、圧倒的な歩行者優先文化でした。

わかるぅ~っ!

僕は英国時代に驚きと共に感動したのが
「イエローボール横断歩道」でした。
歩道側横に高さ4メートルくらいのポールが立ってて、その上に大きな黄色いボールが付いている横断歩道があるんです。
信号のない横断歩道に全部付いてる感じで。(実数不明)

で、そういうイエローボールが付いている横断歩道は、日本の常識だと笑えます。
だって、歩行者が横断歩道に足を乗せた瞬間に「キッ!!!」ってクルマが止まるんです。
だから渡る前に足だけまず乗せたりして、クルマ止めてから渡ったりしてましたw。

日本だと、横断歩道渡ってても、通れる時には前後をクルマが通って行きますよね。
あれは英国だと有り得ない。
2009/11/29(日) 14:30 | URL | KSPJPN(略称けんさわ) #BWgGc7Fk[編集]
ロスに住んでいましたが、圧倒的な歩行者優先文化でした。
片側2車線幹線道路でも道路を横断する人(交差点ではない!)がいれば避けるのは自動車の義務。
一度、横断者ムシしてまっすぐ進んだら、中指立てられました。

個人的には日本では赤信号無視して渡るのは自己責任と思ってますので、死んでも一片たりとも文句言うなよと思っています。たとえ車側が飲酒でも。
無条件に青信号信じる人も信じられませんがね。
2009/11/29(日) 12:03 | URL | アレ父 #SFo5/nok[編集]
そもそも
青が渡れだと思ってるからいけないんだと思う。
青は進んでもいいだから、左右の確認は絶対必要。
2009/11/29(日) 10:53 | URL | ケンちゃんLove! #vZ8/ezjk[編集]
信号待ち
私も無視して渡っちゃうこともあります。

でも・・・近くに信号待ちしている子どもや子連れがいるときには、どんなに急いでいても必ず守るようにしていますよ。

2009/11/29(日) 10:04 | URL | ピーポくん #wLMIWoss[編集]
怒るおじさん 暴走自転車
大阪を含む関西では案外一般的な雰囲気になってきています。

それよりも、珍しいのは 怒るおじさん のほうではないでしょうか ?
最近の若いやつは、群れるとなにをしでかすかわかりませんから、注意する人の方は殆ど見かけません。

昨今は、自動車よりも自転車が危ないと思います。

俺様暴走族ですから。
2009/11/29(日) 01:42 | URL | KK #qbIq4rIg[編集]
意識をOFFにしたがる日本人
こういう例の人による信号無視は「無視」じゃないんだよね。
ちゃんと「観ている」。そのうえで、信号が赤、という記号よりも
自分が目で確認した、車が来ないという事実、を優先しているだけでしょう。
これの全く逆が、青信号で事故にあう人、ということになる。
事実より記号を優先させた結果。
そして、この「事実より記号を優先させて無意識でいたい」傾向を
最近は「安全」と呼ばれている。
これって日本人の病理だと思う。あいまいな、無意識でいたい傾向。

電車に乗って温泉旅館に行って、一つ一つ注文することなく、
自動的にサービスされる料理をいただくようなことが快感である傾向。
いや、全部は否定しませんよ温泉旅行。あくまでたとえ、であって。

朝飯の玉子の焼き方まで注文つけたい他の文化の人。
そんなことは考えたくもない我々。
なんでこんなに違うのかと。そこに興味があります。
2009/11/28(土) 23:41 | URL | 新村 十一 #9oSfGx8.[編集]
このお話は、中嶋悟さんも著書で触れてましたね。
青信号でも、相手が信号無視してくるかもしれないし、巻き込まれるかもしれない。
なにかあった時に、痛い思いをするのは自分なんだから、もっと周りを確認しようよ。
といった内容だったかと。

今でも横断歩道では、その一文を思い出してます(笑)。
2009/11/28(土) 18:34 | URL | TK #-[編集]
僕も最近ケースバイケース
中国と韓国で、青信号で渡っててひかれそうになりました。
日本人は青信号を信用しすぎって思います。
日本でも、大阪はわりと、状況を見て渡っちゃう人が多いみたいですね。
よく考えると、青信号を信じて渡るより、車が来ないって判ってる赤信号の方が安心だって事に気がつきました。
少なくとも急に右折してくる車が無いですから。
2009/11/28(土) 14:04 | URL | あきら #-[編集]
信用具合
欧米の人は信号機より自分が見て確認するのか?
日本だと横断歩道上であろうと横断歩道がないところであろうと、事故ったら車の方が圧倒的に悪者扱い。
たとえ車が低速(30㎞/h以下)で走っていてもダメ
相手がおばちゃん&老人だと論外
お巡りさん。この辺どうにかならないの?
別にオイラが当事者になったわけではないが(^^;
2009/11/28(土) 13:14 | URL | hy #mQop/nM.[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。