週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メディアスクラム
2009年11月11日 (水) 12:02 | 編集
 史上最強のスクラムでしたねー。
 非道逃亡人の市橋を、確か東京駅で待ち構えていた報道陣&野次馬w

 そもそも新幹線に乗るところ~乗った後~降りるときがまた凄かったらしいけど。

 新幹線に乗せて東京まで搬送するというんで、警察署前で張り込み、駅で張り込み、同乗するべく切符を持つものがスタンバイ。
 整形の変装で逃亡を続けていた容疑者だから、その顔を撮影したいわけだ。
 しかーし、警察は紺のジャンパーを容疑者の頭から深々と被せて顔を見えなくしている。

 そうなったら、撮影する側は少しでも近づいて、うつむいている容疑者の顔を下から撮ろうとするから、勢い揉み合いになったねえ。

 新幹線に乗ろうとすると、もう外も車内も張り込み済みで凄い混み具合。
 押すな押すなの状況になるけど、顔を撮らないとデスクに殴られる(笑)
 でも頭からジャンパー。

 撮れないって諦めたら撮れないから、必死だったよなあ>報道関係者。

 新幹線に乗ってから個室に移動して隠すんだけど、揉み合っているうちにカメラマン数人が容疑者と警察よりも先に個室になだれ込んじゃったのが笑えたっす。
 「ふう、やっと個室だ」ってんで容疑者がジャンパー取ったかも知れなかったけど、そうはならなかった(笑)

 東京に着いてからも、個室から出て来るところを撮りたいカメラマンと、カメラマンがいるうちは出さないと言う警察とのもみ合いとつばぜり合いがあって。
 結局カメラマン達が警察に強く誘導されて外に出るわけだけど、外にはスタンバっている多数のカメラマンが陣取っていて、そこの前に中から出て来たカメラマンが入ってくるからまた大もめ(笑)

 わかるー。
 撮ってる人達の根性わかるー。


 極め付きは東京駅の外。
 あれは史上最強だあ。
 凄すぎるぅ。
 ぱっと見、2~4百人からの群衆状態で容疑者に揉み入って行くんだもんね。

 それをヘリの映像で撮影しているわけだけど、迫力あったあ(感動するところが違う?)

 そんでさ、朝からの報道を見ていると、あの状況で容疑者の顔を下から撮影成功している人がいたんだねえ。

 プロだねえ。

 クルマに乗り込む時に、一瞬ジャンパーが落ちて顔が垣間見えた瞬間があったんだけど、あれだって瞬間だから撮るの凄く難しいんです。
 だいたいにして暗い状況で、ピンが合わせにくいんですよねえ。
 で、むやみやたらにシャッター切るわけだけど、プロはやたらにシャッター切ってても狙ってますからねー。

 で、クルマに乗り込む時のは数社が撮影成功したみたいだけど、歩いている時の下からというのはホントにスクープ写真ですよ。

 きっとデスクに褒められたべ。

 自分自身も、ああいうメディアスクラムのまっただ中にいた経験があるわけですけど、もう二度とあの中には入りたくないっすよ。
 すごいんだあ。
 ファインダー覗いたり、撮影を“覚悟”している報道関係者の勢いって、怖いくらいなんだあ。

 自分は、外国人相手だと身長が低い方なので、みんなの下からのアプローチで潜り込むのが得意だったんですけど、もうやりたくないっす(笑)

 でさ、いつもこういうメディアスクラム見てたり中に入ったりして思うんだけどさ

 なんで警察や駅員は報道規制線引かないんだ?

 「これから20分後に容疑者が下車しますので、この規制線の所から入るな。入ったら公務執行妨害で逮捕するかんね」って事前に調整して欲しいよね。
 そうしないとこうなるのは解り切っている。

 とはいえ、規制線を勢いで乗り越えて行くのもまたカメラマンに必要とされる突破力とされてるからなあ。
「突破してこい、謝罪はオレが行ってやる」ってデスクも言うしなあ。

 あまりにもゴチャゴチャになってて、肝心の容疑者の姿がどのカメラにもあまり写ってないじゃん。
 結局、メディアスクラムって、やってる本人達の勘違いなんだよね。

 ああいう風にしない方が、きっと良い絵は撮れる可能性が高い。
 でもああいう風にすると、良い絵は少ないけど、万に一つのスクープが・・・・

 実際、下からの表情を撮影成功した人は僅少だったから、まあ万に一つの可能性はあるんだろうけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
暗黙の三者共犯
 野生動物撮影の話です。
 不適当と判断されたら、どうか削除をお願いします。>けんさわさん

 野生絶滅寸前だった鳥、トキの繁殖地を、○HKが放映したことがありました。臆病な野生動物の巣の上に、ヘリ飛ばして。
 結果どうなったか?
 繁殖地は壊滅し、絶滅が加速しました。
 今、野鳥に関する雑誌等では、写真投稿に制限をつけることがあります。
「当方が、野鳥及び周辺環境を脅かしていると判断した画像は、採用いたしません」

 それでもネット等には、巣の木を切り取り、ヒナを引きずり出して撮影する類の画像が絶えません。
 某日本のTV番組は、「野生動物の健全性を無視した内容だ」と保護団体から名指しで非難されていますが、一向に改まりません。
 情報発信者の、動物への愛情や知識が足りないこともあるでしょうが、圧倒的な理由のひとつが、

“みんな見たがるじゃないか”

 劇場型犯罪とは、騒ぐ視聴者・視聴率が欲しいマスコミ・騒がれたい犯人が互いを増長させる現象です。
 それに倣うなら今回は“劇場型逮捕”。
 マスコミと警察だけでなく、どんな顔になったんだ?と“視たがる視聴者”によるパワー・ハラスメントといえます。

「当方が、撮影対象者及び現場周辺の、社会的健全性を脅かしていると判断した画像は、採用いたしません」
 そう基準表明できる報道媒体はないのですか?
(そうすれば「撮らない」という選択肢が成立します)
 同時に、今回の報道が不愉快な視聴者は、その意思を表明し、視聴率を下げようと“自分が動く”べきではないですか?
2009/11/16(月) 09:09 | URL | メカゴジラ #g08woz82[編集]
ちょうどいい例
 ちょうど「なんでああなるのか」を説明するのにピッタリの状況がF1とかでも良くありますわ。

 前述した通り、F1には取材パスが発行されてるんですけど、それには「年間パーマネントパス」と「レースバイレースパス(そのレース一回限り有効パス」の2種類があるんですね。

 そんで、パーマネントの連中は、もう何年も何十年も取材をともに続けているので、取材の作法とか約束事とか良く解ってる。
 だから「ここの線まで。これ以上前に出ない事」とか、カメラマン同士で決めて、決めたら守るんだけど。
 多くの場合問題はレースバイレースパスで来ている「あまり見かけないカメラマン」が引き起こす事が多かったなあ
 みんなで決めたラインと、終わるまで前に出ない事という呼吸を、そう言う一部の人が破って、前に1人でも出たらもう大変。
 一人でも前に出ちゃうと、その瞬間パーマネントの連中も含めて全員雪崩を打ったように被写体に押し寄せちゃう。
 その時の混雑は、まあ規模は違うけど今回のメディアスクラムと同種のものです。
 パーマネントの連中は口々に「なんで前出るんだよお!黙ってればちゃんと撮れたのに、まったくもぉぉぉぉぉ~」って叫びながらも自分も前に出て行って撮るしかない。
 撮れてないって言う状況は絶対に避けなければならないので、全員必死モードになちゃう。

 そこで引き下がるようではカメラマン失格。
 みなが撮れている写真を、自分だけ撮れてないという最悪の状態になっちゃう。
 
 それがいわゆる「本能」で、みんなで「これ守んないと撮りにくいし、チームにも迷惑掛かるから」って決めたことも関係なくなちゃう。

 そう言う意味では、僕は現場にいなかったからわかんないけど、今回の容疑者に押し掛けたカメラマン達は寄せ集めで、「カメラ持ってれば誰でも良いからとにかく現場行ってなんか撮って来て」って送り込まれた人なんかも多かったのかもね。
 実際、テレビ映像見てると、プロ機材じゃないカメラで撮ってるカメラマンも多かったもんな。

 掟破りは、たった1人でも居たら、もう破綻するんですよ。
 破綻したら、嫌々でも、乗客に迷惑掛かるって解ってても行くしかない。

 通勤の満員電車で、もう乗車定員超えてるの明らかで、僕1人が乗ったらより混むから今乗っている人に迷惑掛かるのが明白だけど、乗るしかない、って感じ?(チョッと違うか(笑)

 何れにしても、ああいう現場のカメラマン達も他人に迷惑掛かるのは嫌だし、ゴメンゴメンって思いながら撮影してる人も多いと思いますよ。
 でも「撮らない」という選択肢はそこには無いわけ。

 まあ「そう言う仕事だ」と言ってしまえばそれまでだけど、迷惑かかるの承知で「そんなの気にしてらんない」とまで開き直ってやってるわけじゃないと思うけどなあ。
2009/11/13(金) 12:06 | URL | KSPJPN(略称けんさわ) #BWgGc7Fk[編集]
そうじゃなくて
そうでなくて

いつも楽しく拝見させていただいております。

けんさわさんは

「カメラマンのマナーと言うか作法と言うかやりかたがトンでもないわけね」



「僕はもう二度とあの場に入りたくないですけど、カメラマン同士の闘いになるから、あのように汚い撮影手法になって行く。」

と書かれているように

「撮影のマナー(社会的ルール)は守るべき」

「オレはそういう強引な仕事のやり方は感心しないし、やらない、やりたくない」

「だけど同じカメラマンの性や本能として強引にやりたくなる心情は理解できる」

と言いたいのであって決して「同業者として擁護」しているのではなく、一連の出来事に対しての複雑な心の内を表現したかったのでは?
2009/11/13(金) 11:47 | URL | tatani(非公開を公開に変更しました) #BWgGc7Fk[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/13(金) 10:04 | | #[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/12(木) 23:52 | | #[編集]
メディア=特権享受者?
いつも楽しく拝見しています。さて、「ぽんちさん」が指摘されているのは、カメラマンと警察の「どちらが悪い」というような話ではなく、カメラマンという職業の人は、社会的ルールを守ることよりも職業上の利益を優先しても許される(例外的な)人間なのかどうか、という点だと思います。今回の出来事で言えば、駅や電車の中には他の一般利用者もいただろうと想像しますが、おとといの「報道ステーション」冒頭で流れていた異様な映像から判断すると、新幹線の車内は「報道業」の人でめちゃくちゃな状態になって、他の一般客は非常に迷惑していたように感じました。

他にも、護送する車を深夜にヘリで追跡するといった行為に対して、三重の某FMラジオでDJが「近隣住民の迷惑など考えていないようだ」と批判されていましたが、そういった現象に対して「ああなるとカメラマンは撮影する本能のみで行動しちゃうからねー」とだけ書かれてしまっては、まるでけんさわさんが彼らの行動を「カメラマンだからしょうがない(行動を改めなくていい)」と容認されているように受け取られるのも仕方ないのでは(真意ではないと察しますが)。

職務上の苦労を共有されている同業者に対する「共感」は尊重しますが、どんな職業であっても「社会的なルール」よりも自分の利益を追求することは許されないはず。「警察と報道は持ちつ持たれつで癒着している」のは一面で事実だと思いますし、警察側の意図もけんさわさんが書かれている通りだと思いますが、一般市民に対する有形無形の暴力を伴うメディアスクラムをあたかも「同業者として擁護」しているかのような表現には、私も(一読者として)疑問に思いました。

PS タクマ、カズキ、カムイの3人がどうか来年F1で走れますように。
2009/11/12(木) 23:29 | URL | ギンザーニ #faOK8qkA[編集]
千葉県警、TBS社員を逮捕
「千葉県警によると、行徳署で報道陣の男が、警察官の制止を振り切って市橋容疑者の乗った車に近づいたとして、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕された。」

らしいですよ。台本以上の出来になっちゃったからかなw

日本は昔から極悪人の首を晒したり、市中引き回しみたいな慣習がありましたけど、今回のも警察のデモンストレーション以外の何者でもないですよね。

一説によると、今話題の(?)詐欺女事件で不審な死をとげた千葉県の男性が、死亡時の検視で病死扱いになっていたと。しかし実は司法解剖も行政解剖も行われておらず、そこら辺の不手際を隠すために、大きめなデモンストレーションを敢行した・・・って話もありますねぇ。
2009/11/12(木) 15:33 | URL | レッド #L8AeYI2M[編集]
Re: あきれます
ぽんちさん

少々誤解とともに温度が上がってますようですので弁明しておきますね。

F1の現場取材には「クレデンシャル」と呼ばれる取材パスが発行されていまして、それがないとパドックはおろか会場にも入れないんですけど。
取材の際にはあれこれ厳しく規制がされていまして、その規制(例えば予選や決勝終了後のマシンが止められたパルクフェルメも原則撮影禁止とか)を破ると即座にクレデンシャルを没収されるのです。
つまり、今回の容疑者引き回しのような公然の場所での取材とは全く違っちゃうんですよねー。

オフィシャルの停止を振り切って撮影なんて、F1の現場では完全に不可能なんですよ。

他人の迷惑云々は、状況や場所や相手によるでしょうけれども、我々の仕事はどちらかというと「パパラッチ」と称する程度のものでした。

だけど解るんですよ。
容疑者引き回しをあのように行う警察サイドの望みや、カメラマンのどうしても撮りたいという強い意志が。
警察は、あのように引き回さなくても、完全に見えないような形で東京まで連れて来ることもできるのです。
それこそ警察車両のまま東名高速を通って運べば普通に隠匿できますから。
でも「あえて」あのようにしてるのです」
それは「オレ達は捕まえたぞお」ですよ。

だから規制線も弱いものになるし、規制している警察もあの程度の取り締まりなのでしょうね。
我々から見れば、お互い様。警察もああいう引き回している現場を撮って欲しいし、カメラマンもそれを承知で揉み合っている。

そら見た事かですけど、今日検察に送検される時には容疑者の顔を見えるようにしてくれてましたでしょ?
送検時に見えないようにするのも見えるようにするのもお互い様。
例えばのりピーの時には地下駐車場からマスク車両に乗せて完全に見えないようにしていましたけど、今回は見せている。つまりケースバイケースで警察もサービスするわけですね。

その警察のサービスに乗って、カメラマンは撮影するんですけど、今度はそのカメラマンのマナーと言うか作法と言うかやりかたがトンでもないわけね。
僕はもう二度とあの場に入りたくないですけど、カメラマン同士の闘いになるから、あのように汚い撮影手法になって行く。

ああなるとカメラマンは撮影する本能のみで行動しちゃうからねー。

> 同業者だから同調されるのでしょうが
> 自分の金稼ぎの為に、他人の迷惑になるような事をしておいて「取り締まらない警察が悪い」ですか・・・
> デスクが責任取ってくれるのならサーキットの立ち入り禁止区間で写真撮影するのですか?
> それが突破力ですか?
> オフィシャル(警察や駅員)の判断で危ない、やめろと言うのに「立ち入り禁止と書いてないだろ」と入るのが誉められた行為とでも思ってるのですか?
> そこがサーキットだと想像したら彼らがどんな迷惑行為をしてるかわかりませんか?
> けんさわさんがそういう考えを持ってるとは残念でした。
2009/11/12(木) 12:21 | URL | けん #BWgGc7Fk[編集]
護送最大の謎
> なんで警察や駅員は報道規制線引かないんだ?

それよりも、なんでいまだに紺のジャンパーなんでしょうか?w
これ、日本では護送のトラディショナル・スタイルですよね。
確実に顔を隠すって目的を考えれば、そしてこんなに報道関係が集まること考えれば、もっとマシな方法がいくらでもあるのに。
例えばよくある馬とか大仏のマスクとか。あるいはタイガーマスク。それじゃイメージ的にあれなら、デストロイヤーでも普通の目だし帽でも、伝統の唐草模様の手ぬぐいでもなんでもいいわけでしょう?
今回に限らず、スモーク貼った車に乗せたって、乗り込む瞬間や強烈なフラッシュで一瞬顔が映る。絶対に見えないように何か被ればいいわけですよ。それとも記者クラブと警察の間の暗黙の了解だったりね。

あぁ、これって究極のチラリズムなのかも。パンツ見られる可能性があるのに、ミニを履くみたいな。
押し合いへし合いの最中、はらりとジャンパーがずれて一瞬顔が・・・。見えそうで見えない。見え無そうで見える。
だから余計に見たくなるw

”護送用ジャンパー”が各署に用意されてるのか、春夏用と冬用があるのか、はたまた警察の偉い人が「よし、今回は俺のでいこう」と決めるのか。「このジャンパーはな、あの凶悪犯○○も被ったものなんだぞ?」とか、ジャンパーもランクがあって、誰でも彼でもかぶれないような特別製があったりして・・・考え出すとキリが無い。

あ、もういいですか?すいませんw
コレ公開じゃなくてもいいっすw
2009/11/12(木) 02:58 | URL | レッド #L8AeYI2M[編集]
現場は騒然とした雰囲気になりました。
こういうとき、TVなんかでは必ず
「現場は騒然とした雰囲気になりました。」って言うけどね、騒然とした雰囲気はマスコミが自らつくりだしてるわけで。一般人だけなら、たいていは、よほどのこと(サリン事件級)でもない限りゼンゼン騒然としないもんね。
2009/11/12(木) 01:06 | URL | 新村 十一 #9oSfGx8.[編集]
あきれます
同業者だから同調されるのでしょうが
自分の金稼ぎの為に、他人の迷惑になるような事をしておいて「取り締まらない警察が悪い」ですか・・・
デスクが責任取ってくれるのならサーキットの立ち入り禁止区間で写真撮影するのですか?
それが突破力ですか?
オフィシャル(警察や駅員)の判断で危ない、やめろと言うのに「立ち入り禁止と書いてないだろ」と入るのが誉められた行為とでも思ってるのですか?
そこがサーキットだと想像したら彼らがどんな迷惑行為をしてるかわかりませんか?
けんさわさんがそういう考えを持ってるとは残念でした。
2009/11/11(水) 22:32 | URL | ぽんち #-[編集]
まったくw
そうだと思ってました。
あれでもしパニックで怪我とか(災害)が起これば人災ですよね。
2009/11/11(水) 21:38 | URL | jonny #-[編集]
中にいた経験だからこその
今回の状況の見方 笑

目線が違いますね けんさわさん♪
現場は 書かれてる通り 映像で見るより凄かったんでしょうね…
2009/11/11(水) 20:21 | URL | runa #24J/3.p.[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。