週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマチャンもっと書いて
2009年11月06日 (金) 14:05 | 編集
 元GP-Xの伝説の編集長山口ヤマチャンが現在編集長を務める「Stinger」のHPの中のブログサイトで、ヤマチャンが爆弾発言してます

http://www.f1-stinger.com/stinger_village/yamaguchi_masami/2009/11/post-146.html


 
 100%信じるわけではないけれど、そういう「煙」が出て来たのには興味ある。
 インサイダーネタだから、削除されたりしないと良いけど。

 で、三河の商人には世界の受け止め方が解ってないと。
 ちっさな、古い、昔の慣習で、どでかい計画を止めたと。
 
 そうか、そうだったか。
 だったら山科さんの断腸の泣きもわかるかもしれない。

 ポイントはここだよね

>「MBOによる新会社や新チームの名前も決まって登記寸前だった」

 そして

>「たてまえはいつも"エコ、本音は"エゴ"これが、真実です。」


 あーあ。

念のための魚拓





思い出のシーンの数々を撮影して来た澤田賢志カメラマンの使用機材をアウトレット!
けんさわアウトレット開催中!でーす。
希望価格下げてみたwよよかったらどーぞ!




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/09(月) 11:25 | | #[編集]
『人と争ったり、目立ったりしてはいけません。競争をしても"みんなで仲良くゴールしよう"』
こんな事考えてる会社なら、撤退してくれて構わない。
どこの日教組の話かと思いましたよ。
話題の三河の工場で8年勤めましたが、まあこの精神はきちんと根付いてますよ。
純粋に金が無くて辛いからやめる、それだけでよかったのに。
レーシングスピリッツを持たないチームには、F1の参加資格はない。
2009/11/09(月) 01:52 | URL | げっこー #WGv/JGO2[編集]
撤退発表はもう少し早められなかったのか?
トヨタは6月に山科さんが日本に戻られたあたりから撤退の準備を始めていたような気もします。
ならば早めに撤退を発表して、残されたチームや人が身動きが取れやすい様にする事は出来なかったのでしょうか?
2009/11/07(土) 20:53 | URL | 白煙 #0FtB7ubA[編集]
思うに
ホンダにせよトヨタにせよ、大会社がF1を続けていくのは無理な時代になってしまったのかな、と。ホンダにもトヨタにもF1をやっていく気概を持った『個人』たちは確実にいると思いますが、一方で『F1なんてカネのムダ』と思っている勢力も確実にいるわけで、そんな大会社が合議制で物事を決めていたら、長期的にF1を続けていけるわけがない。経済合理性で判断すればF1なんて壮大なムダのかたまりですもんね。そしてそのF1は長期的に続けなければ成功などおぼつかないときてる。結局はホンダもトヨタも成功寸前で降りるという最悪の決断をしてしまってるのが虚しい。

色々な人の集合体であるトヨタとかホンダという『法人』に怒ってみてもしょうがない、というあきらめに包まれてしまう今日この頃です(苦笑)
2009/11/07(土) 15:22 | URL | A.S.ダ.シルバ #X2BsH9Hs[編集]
身勝手な撤退
今トヨタの置かれている状況を考えれば撤退不可避なのは理解できる。
ただ止め方が独りよがりかつ自分勝手でとても世界一の自動車会社のやり方ではない。

章男社長もモータースポーツを愛しているならF1を破壊し、関係者に迷惑だけをかける止め方を是非考え直してほしい。

ハウェット氏もMBOを再び動かしたいと示唆するコメントを出している。コンコルド協定破りはトヨタの将来のモータースポーツ活動に支障をきたすだろうし、何よりTMGに勤める社員をリストラ、残ったものも飼い殺しにするのは不条理だ。

今からでも決して遅くはない。「名誉ある撤退」をして欲しい。TF110とカムイを幻にしないで欲しい。
2009/11/07(土) 10:04 | URL | 名無しさん #fUgIfb.o[編集]
Re: 修正希望
> >で、尾張の商人には世界の受け止め方が解ってないと。
>
>  尾張じゃなくて三河だから。

どひゃあ。
すぐ直しますぅ~(謝辞)
2009/11/07(土) 05:50 | URL | けん #BWgGc7Fk[編集]
仕方がないのでは・・・
すごく残念なのは皆さんと同じなんですが・・・

最終的には、けんさわさんのおっしゃる、「F1が本業か副業か」というところになって来るんだと思います。
そして、エクレストンが「本業のヤツが優先されるのは当たり前じゃん?」というのも、やはりサーカスの最高責任者としての言葉なのでしょう。

金を出すか出さないかは、出している人間が決めるべき事。スポンサーも参加チームも。
我々がとやかく言う事ではないということで納得することにします。


以下、あえて、ピント外れである事を認識しつつ。
何年にもわたりもの凄いカネをかけながら結局一度も勝てず、無様に散った「世界最大の自動車会社」をおもいきりバカにしてます。
結局、大量生産が得意なだけで、エンジニアリングは大したこと無いんじゃん。良いモノを作る能力もなく、合理的な思考もできないんじゃん。
これじゃ早晩、中国企業に追いつかれますねw

ネジ一個までコストダウンさせつつ、莫大なカネをドブに捨てる。素敵な会社ですね。
2009/11/06(金) 23:36 | URL | ごんべ #gTxEh59.[編集]
修正希望
>で、尾張の商人には世界の受け止め方が解ってないと。

 尾張じゃなくて三河だから。
2009/11/06(金) 19:43 | URL | ケンちゃんLove! #-[編集]
ビッグプロジェクト
実を言うとトヨタF1を応援した事は一度も無かったのだけれど、今になってみるとその理由が分かった気がする。

'08年までにトヨタは増収増益が続き、連結決算では2兆円もの営業利益を上げている。当時、世界における販売台数も、米のビッグ3を上回ろうかという破竹の勢い。
金持ちは社会に還元しなければ妬まれる、足を引っ張られるってのが世の常識で、それもあってF1参戦ってのを思いついたのじゃないか?と常々思っていた。ついでに節税対策と、一部幹部の壮大な福利厚生まで兼ねてたらしい。準優勝でいいなら、それもいい。
ただ、フェアウェイにボールを落としただけで「ナイスショット!」と連呼するために、一体いくらの金を使って、一体何人の人を路頭に迷わせたのか。これではTMGだけでなく、国内の非正規雇用で切られた人も浮かばれない。

SAF1の終盤を考えれば、ちっともトヨタには同情出来ないし、昨年のホンダ撤退の不甲斐なさにも落胆以外の言葉が見つからない。
彼らは一体何のためにF1に参戦したのだろう。
2009/11/06(金) 15:31 | URL | レッド #L8AeYI2M[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。