週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当然だけど
2009年11月05日 (木) 12:17 | 編集
 やっぱり完全撤退の方だったねぇ~(呆然)

 仕方がないけど、残念だわ。
 内部留保の資金をたんまり持っているビッグメーカーでも「5で倒産するとして、今は4」という危機認識だと、F1に入れてる金額が目立っちゃうもんね。

 TMGの有松さんが、ドライバー移籍市場に入って行っているらしいけど、持ち込みエンジンがない“素の”日本人ドライバーじゃあ、門前払い同然かなり厳しいんだろうなあ。
 「わかった、中嶋、小林、2人はところで、持参金やスポンサーはどの位あるんだい?」って、交渉の初期の段階で確認されるだろう。
 
 TDPとしては資金投入は難しそうだし、トヨタ本体やTMGからの資金も期待薄らしいけど、表立ってコメントを求められれば難しくても、裏ではある程度の持ち込み資金を用意している気もする。

 おまり覚えていないけど(笑)、昔からそう言うF1のアンダーグラウンドマネーの話しはたくさん聞いてきたし、当然のように現場で語られてたから普通にあり得ると思いますね。
 もっとも裏のものだから、だれに聞こうが正体は謎のままだろうけど。

 アンダーな金の回し方は色々あるんだろうけど、こういう時に解りやすすぎる方法としては「8億で乗せてくれたら、個人的にあなたに2億渡すから」ってやつ。
 キックバックとも言う(笑)
 そう言う金を、平然と要求するチーム関係者もいると聞いたよ。
 レース界だよねえ(呆)

 そして、最低10億だけど、最高10億でもある。
 そのくらいの金額があれば、入れるチームがありそうなのが今年の移籍市場の特徴でもある。
 なんせ新規参入チームが列なしてるからね。

 でも新規チームとなると、ドライバーの看板が問われるわなあ。
 金持ってくれば誰でも良いていうわけではないよね、当然。

 そう言う意味では、2レースしかしていないルーキーは未知数過ぎないか?
 そして今年ノーポイントのドライバーも売り込みにくいよなあ。

 よっぽどのセールスポイントがないと、金持ってったって乗れなさそう。
 
 でもそこはF1。
 金だけで解決できる部分もあるのかも知れない。
 金に困っているチームだったらあり得る。
 でも金に困っている例えば昔のミナルディー末期みたいなチームだと、乗らない方がドライバ-のキャリアにとって良かったってことになるやもしれん。

 ホンダ、BMが撤退。
 続いてトヨタが来て、まもなくルノーも発表とのニュースも流れてて、1年で4チームってのは凄いね。

 バーニーさんが「メーカーなんぞ、なにかあったらすぐ辞める。そんなやつらにイニシアチブは取らせん」って言うのも解るよ。

 もうさ、メーカーワークスチームは参戦禁止だね。
 良くて昔の「ザウバー・メルセデス」レベルまで。

 レーシングチームとしての実体のないみたいなメーカーワークスには辟易だわ。

 ウイリアムズだっけ?
 「本業の別にあるメーカーと違い、我々はこれが本業だ」って言ったの。


 ホンダの時もそうだったけど、今回も現場が泣いてるね。
 現場の長の山科氏の泣きも解るわ。

 行く時はサラリーマンだっただろう人々も、F1で揉まれるとレーシングに晒されて現場の人になって行く。
 切るのは上層部。
 泣くのは現場。

 いつまでも変わらんなあ。







思い出のシーンの数々を撮影して来た澤田賢志カメラマンの使用機材をアウトレット!
けんさわアウトレット開催中!でーす。
よろしくおねがいいたします!

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ワークスはいらない子?
んー、確かにワークスチームならではの云々はあるにせよ、
現在のF1がそこまでストイックな物とは思えんです…

元来、政治的な要素が幅をきかすカテゴリとは言え、
近年の銭ゲバっぷりはちょっと目に余りますよ。
跳ね上がる開催権料に絡むチケットの高額化(それでスタンドガラガラでも、開催ポシャっても知らん顔)、
各種版権料でもなんでも、90年代と比べても、とにかくすごい金額になってますし、版権の縛りも凄いです。
そりゃまぁ金持ってるトコは持ってるし、それも経済でしょうから別にいいんですけど、
バーニーの、ふんぞり返って「この金額でサインするかゼロかだ」っていうエゴっぷりがもう…。
以前からして利権屋だったわけですが、
ここに来て、世界選手権の総合プロデューサーという側面は全く見えません。

そこまでビジネス然としてるからこそ、メーカーだって商業的なメリットを求めて
参戦して来るのは当然だと思うんですけどね。

メーカーの好きなようにはさせない~のは、「レーシングポリシーがないから」でなく、
「俺の取り分が減るし、俺のわがままが通らないし、親族企業だって(ry)」ってだけじゃないのかと…

フェラーリですら、ワークスの撤退が続く現在の情勢を憂うステートメント出してますしね。
2009/11/07(土) 09:36 | URL | 黒兎 #-[編集]
ごみにしちゃうんだ・・・
TF110は、日の目を見ぬままゴミになっちゃうんですか。分解されない超高級カーボンゴミに。
2009/11/05(木) 23:15 | URL | ごんべ #gTxEh59.[編集]
レースが本業は強し
メーカーは車を売る事が仕事ですからね…。
レースを勝つ事で車も売ろうって考えから始まってるんだろうし、
レースが本業のチームみたいな全員が必死なチームにはなれないわけで。


明日がどうなるか分からない時代だし、可夢偉くんみたいな未知数のドライバーを起用するチームがいても可笑しくない気も。
ただ、キャリアに傷をつけるようなチームには行ってほしくないな~とも思ってしまう…。

ルノーの事もあるし、来シーズンに関しては不透明な事が多すぎる。
もう少し様子を見てみないと。
2009/11/05(木) 21:27 | URL | あやね #2Qwf./yA[編集]
ま、時間の問題だったんだな。
去年ホンダが撤退してから、トヨタはもう辞めるタイミング見計らってたようにも見えたんだけど、それにしてもまたこんな切羽詰った時期に?と思いますわなぁ。特に現場の方々なんかは、ほんと大変でしょう。
だってねー、世界同時不況だの、会社の内情だのってのは、もうとっくに分かってたでしょうに。
会見では涙を見せ・・・ってのも、プロフェッショナルらしからぬ光景で、個人的には非常にみっともなかった。

それからいくと、やはりウィリアムズやフェラーリというのは凄い。過去にはオイルショックだって、市販部門がフィアット傘下に入ることだって、長い長い低迷の時期もあった・・・etc.
それでもいまだトップクラスの力を維持し続けてること、この凄みといったらない。

以前、カートを引き合いに出して、同じ様な材料、同じ様な設計でフレームを作って、それでも勝てるフレームと勝てないフレームがあるって話があったじゃないですか。ほんのちょっとの差だけど、決定的な差。
それはやっぱり、撤退の仕方1つとってみても、今回のトヨタと第三期ホンダ共に、その差があったんじゃないかと、思えて仕方が無いんですよね。
2009/11/05(木) 13:23 | URL | レッド #L8AeYI2M[編集]
ルノーもですか…
クラッシュゲートの時の執行猶予付きで、「やめてたくてもやめられなくなった」と理解していましたが、それでもやっぱりですかねぇ…

個人的には、T社の撤退のことよりも、「BSさんの後って、どうなるんだろう」ってのが気がかりです。

T社がいなくてもF1だけど、タイヤ無しじゃあねぇ。

変なところが単独サプライヤーになって、インディアナポリスみたいなことになったら取り返しがつかない。
2009/11/05(木) 13:07 | URL | あくび #-[編集]
ルノーも。。。。。
やばいんじゃないのかな?
2009/11/05(木) 12:38 | URL | hy #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。