週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手動カートにフライバイワイヤー付けたいんですけど
2009年02月16日 (月) 16:15 | 編集
 Yahoo知恵袋に質問を出しています。

 何か情報があれば教えて下さい。

 以下、知恵袋に質問した事を転載______

ラジコンのサーボをリモコン(有線)で使用する方法教えて下さい。

レース用車両の一種類であるレーシングカートを扱っております。

車イスの方達がレーシングカートに乗られる時は、スロットル(アクセル)やブレーキを手で操作します。
ブレーキは油圧式のもので作動角度も浅く、カートパーツとオートバイパーツを組み合わせて問題なく使用できているのですが、スロットルに問題が生じる事が多いのです。
カートエンジンのスロットルはキャブレター角度をワイヤーを通じて足で操作するわけですが、それを手で行おうとすると問題が生じます。それは10~15度くらいの作動角だと操作が重くなり、また軽くするために角度を大きく取るとレバーの動きも大きくなるため疲れたり邪魔だったりするからです。

そこで4輪自動車で見られるような「フライバイワイヤー」にしたいのです。
具体的には、キャブレター&スロットルレバーにラジコンなどのサーボを接続し、ラジコンの操作スティックのようなものを改造してステアリング付近に取り付けます。
スティック自体の操作が軽く、また作動角なども自由に設定できる事を望んでいます。

ラジコンの機構をそのまま移植できればいいのですが、いかんせん妨害電波やノイズでの誤作動が起きると、人間が実際に乗っているものなので困ります。
そこで有線で動作させたいのですが、何かいい方法は無いでしょうか?

サーボはラジコンのものが安価で速くトルクも選べるので良いと思います。
操作入力用のポテンショメータは、ラジコンのスティックを流用するようなイメージです。
有線で使うには、恐らくラジコンのプロポと受信機は使わないのかと思っています。

デジタル信号を操作レバーの動きに従って作り、サーボを正確に動かせる回路図のようなものでも、または似たような製品が市販しているのか。情報下さい。
カートには、レバー部、制御部、サーボ部、電源(ラジコン用バッテリー)を積むことができます。

ちなみに、乗用車用のスロットルのフライバイワイヤーの流用は技術的に難しいようです。
また軽量である事、振動への信頼性が高い事もラジコン用品の優れたところなので採用したいです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/27(金) 03:40 | | #[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/18(水) 17:15 | | #[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/18(水) 00:33 | | #[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/17(火) 21:53 | | #[編集]
こんにちは。いつも楽しく読ませてもらっています。早速ですが、最近のラジコン用プロポは2.4MHz帯の周波数のものが主流になっています。特徴は混信に強く、消費電力もかなり少なくて済むことです。メリットは送信機と受信機がお互いを認識するためにバンド管理がなく(クリスタル交換が不必要),送受信機のアンテナも従来の1/5以下(受信機はアンテナレスもあり)で済むことです。また万が一電波が混信してもセーブ機能が働き、設定値に戻りますので(このときキャブが閉じるように設定する)安全です。
さらに、サーボモーターもブラシレス化が進んでおり、メンテナンスフリーです。バッテリーもLiFe(リフェ)など容量が多く、軽量で、安全なものも多く出回っていますので、それらを利用すればリモコン(有線)よりも現実的だと思います。けんさわさんがやられていた時より、最近のラジコン事情はかなり変わってきていますよ。
2009/02/17(火) 13:21 | URL | a.t. #-[編集]
ラジコンのサーボでは出力不足だと思いますよ。
レバー(パドル形状)でスロットルワイヤを引くのがダメならマイコンを使って1から作ると良いかもです。

2009/02/16(月) 23:08 | URL | 虎猫。 #KL8ulgZk[編集]
はい
秘密コメントへのお返事。

カキコありがとうございました。

レバー部分の構造はいろいろありまして、カートメーカーやカートパーツメーカーが作ったものや、我々の採用しているマウンテンバイクのものや、またはジェットスキーやスノーモービルのものを流用している方もおられます。

操作のしやすさは、それぞれのドライバーの好みなので、様々なレバーが選ばれているのだと思います。

 今回はそこから一歩踏み出した形を考えています。
 レバーは、例えばジェットスキーのスロットルを流用します。
 そこにワイヤーを繋ぐのではなく、リモコンのレバーを繋ぎたいのです。
2009/02/16(月) 17:01 | URL | KSPJPN(略称けんさわ) #BWgGc7Fk[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/16(月) 16:51 | | #[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。