週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謎の続き( ^ ^ )v
2009年01月28日 (水) 14:00 | 編集
 昨日のエントリに、幾つかのコメントを頂きまして感謝感謝です。

 んで、読ませていただいて、昨日の説明不足の部分を補完しておきたいとおもいます。

 みなさんから様々なコメントで、ボクも思うところがありますです。
 遠くを見よう、ラインを意識しよう、そういう基本はホントに大切ですよね。
 ラインをイメージして、そのラインにマシンを入れて行く作業には、次とその次のコーナーがイメージされている必要があるので、遠くを見ると同時に見ている景色にラインのイメージを線で引いてそこに入れて行く感覚がありますよね。

 そのへんまでは何となく分るんですよ。自分でやっている作業。

 でも例えば、雪上ジムカーナの時には、初めて乗ったビートで、初めての雪上ジムカーナで、もちろん初走行で(場所は鬼怒川でした)、スタートして最初のコーナーまでの加速区間が滑るんですよ、とても滑った。
 その滑る路面を誰よりも速く走ったのは、きっと札幌生まれ札幌育ちでスキーも好きで雪上走行に慣れていたからだと思うんです。アドバンテージがあった。

 んで、最初の左コーナーが来るわけですけど、そこでいきなり右にきっかけステアして4輪ドリフトに入れて、パイロンを超接近クリップして通過して・・・・、その時自分でも凄いと思ったんですけど。
 まあカメラマンだからタイムは問われていないわけで、気楽だったのもあるかも知れないんだけど。

 でもなんでああいうことができたのかと。
 その時までの過去に、雪上でのドリフト練習とか1回もしてなかったんです。

 それで、その調子でコース1周して戻ってきたら「トップタイムです」と言われて。
 自分でもビックリですよ。

 モータースポーツが好きで、年少時から映像での走行シーンは良く見ていて、そういうときの動きは知っていたけど。

 あとラジコン。
 ラジコンって言っても、当時も今も最速の1/8エンジンオンロードレーシングで、2年連続でチャンピオン取るくらい頑張ってたのは確かに役立ったかも知れない。
 初めて乗ったレーシングカート(新東京)を降りて、仲間に「澤田さん速いですよ、いま一番速い」と言われた時に即答したのが
 「ありゃ、そう?うーん、ラジコンより簡単。ラジコンより動き鈍くて簡単だわこれ」
 仲間の目が点になってたっけ(笑)

 実際ラジコンより簡単だと思ったのかも知れないけど、ラジコンは自分で乗るものじゃない。
 ラジコンやってたから速いんだとしたら、どうして?という疑問が湧く。
 そしてラジコンやってたら誰でも速いわけじゃないし。
 
 ちなみにプロドライバーの桂伸一さんは、ボクがラジコンやってた頃のヒーローで、トドロキワークスチーム出身で、今でもラジコン速いらしいです。でも他に知らないもんね。ラジコンやってたからドライビングも速いってほど単純な話しじゃない。

 でもラジコンのご利益はあったのかも知れないです。
 友人が教えてくれた「コースを予め俯瞰で感じられる能力」というのはあるかも。
 というか予めじゃなくて行ってコイでもそうなんだけど、走りながら自分がラジコンになってたかも知れません。
 アウトインアウトとか、コーナリングとか、そういうイメージはあったかもねー。

 酒飲んで酔った時にときどき説明を試みるんです。
 その「最初から速い秘伝」とか、酒飲んで調子に乗った時に説明を試みる。

 良く言うのは「コックピットに入った瞬間、感じる」っていう極意(笑)
 説明できんわ。

 だって感じるんだもん。
 どのくらい行けるマシンなのか、なんか感じるんだもん。

 あの時もそうだった。
 初めて乗ったビートに収まって、ステアリングとブレーキを触って、イグニッションオンして、そしたら感じたのよ「これはそうとう攻めて乗れるな」とか。

 なんか宗教的になっちゃっていやなんだけどさ。

 それから次に「ステアリングに入力し始めて、実際に車が向きを変え始めるまでのコンマ数秒の間になんか感じる」ってこともある。
 いつもそうなんですけど、最初の入力は早く大きめに行く方なんです。
 ブレーキも同様で、最初はガツンと行くんですけど。

 そうやって一発入力すると、もうあとは自由自在に乗れ始める。
 そういう感覚?なのかな、なんか「掴むコツ」があるんだと思うんです。

 今はあまり出来なくなってしまったことなんだけど、当時の乗って最初のコーナーへのアプローチを思い出すとそういう記憶が蘇ります。

 で、その自由自在になった時に、どうやってタイム出しに行っているのか、が、説明するの難しくて。

 ブレーキして減速して、前過重起きて、 
 ステアして、曲がり始めてロールして、
 そこでステア足したり引いたりして案配(どのくらいの早さでステアすると丁度いい反応を示すクルマなのか)を感じて、
 向きが変わって行ける感じがしたらスロットル入れ始めるけど(パワーの出具合を感じてスロットル開度を調節してみる)、ちょっとタイミング速いぐらいの時にスロットル入れだすんで戻すんだけど戻すと遅いんで戻さないで(笑)入れて、戻したくないけどキツい時はステア足して、ステア足すと横G起きるんで速攻でステア戻してスロットル足して。でも当然だけどステアもスロットルも無駄な動きするとロスるんで最小限を意識して。(ステア開始からここまでコンマ9秒)
 
 っていうようなことをするんですけど。
 あくまで一周目の話しなんで、マシンを知らないでタイム出しに行く方法論ですよ。
 んでマシン知らないのにタイムは出るというやりかたですよ。

 なんかを探して走ってるんですよね。
 その「なんか」が説明したいんです。

 ラインに嵌める?のかな。
 でもラインに乗ってれば速いっていうもんでもないしなー。
 最速でラインに乗せるんだけど、最速のコーナー進入と脱出だもんなー。
 最速なんだっていう加減が狂うと突っ込み過ぎたりカウンター当たったりするしなー。
 それをぜずに、一周目から速く走るのに、なんかを探してる?感じてる?

 これが説明するのが難しくてなー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ええと
>なんかを探して走ってるんですよね。その「なんか」が説明したいんです。

小さい頃から雪道踏みしめて歩いてるからフィードバック回路が発達してるとか(んむ~)
自分にはこれくらいしか思いつきませんでした~。
しかしけんさわさんて凄いんですね。
知らなかったです~。
2009/02/15(日) 22:10 | URL | したっけ #7yw7HneI[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/12(木) 00:18 | | #[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/04(水) 17:47 | | #[編集]
希少タイプ?それは天才?
※下記秘密コメントの転記です。
Kさん、ありがとうございます。


以下転記___

けんさわさん、こんばんは。

「コックピットに入った瞬間、感じる」ってところから思ったんですが、もしかしてけんさわさんて感覚で物事をつかむタイプですか?例えば「1わかったら10わかってしまう」とか、「なんでそんな事分かるの?って質問の答えがなんでそれが分からないの?」だったり。感情とか理屈とか関係なく、とにかく感覚で理解するというか。そうゆうタイプってちょっと稀なタイプなんだそうです。

で、私がコメントしたかったのはけんさわさんがどんなタイプかって事ではなく、けんさわさんが飲みながら「どうやって説明したら分かってもらえるんだ~?」って悩んでいる前で一生懸命説明されている少年もしくは青年についてです。もしかして彼らは「どうして僕はけんさわさんの言う事がわからないんだ?なんで出来ないんだ?僕は駄目なのか?」って悩んだり傷ついたりしてませんか?なんかそれがとっても気になっちゃって。まぁ、教えられなくちゃ出来ないようならプロとしてちょっとって気がしますが。

出来れば酔って彼らに語るのは、上達する事の喜びとか、仲間と車を作り上げる事の難しさと楽しさとか、そして仲間の思いを背負い最後まであきらめずに走りきる事の大切さとかであって欲しいと思います。今のF1にはどれもないですよね。一周目でベストタイムが出せるセンスを持っていても、速い車を作ってもらえるのを指をくわえて待ってたり、速い車をもとめてチームをうろうろしてる。勝てないならエンジン温存のため追い上げを辞めて流して走る。そんなドライバーを見てると悲しくなってしまいます。一億分の一の金の卵もいいですが、夢に向かって必死に走る、そんな青春してる青少年を大事に育ててあげてください。

ところで、私は10年ビートに乗ってました。けんさわさんの話を読んでかなりもったいない乗り方してたのかなって思いました。でも最高に楽しい玩具のような車ですよね。ホンダはもうあんな車は作らないんでしょうか。ホンダ車ファンだった者としては寂しい限りです。

それでは長々と失礼いたしました。
2009/02/02(月) 17:15 | URL | け(転記) #BWgGc7Fk[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/31(土) 23:34 | | #[編集]
自ら限界を作ってしまうという罠
速くなる上でテクニカル、メカニカルな知識は必要なことだけども、同時にその枠に嵌めこむ恐れもあるのよね。
だからブルースリーや赤ちゃんじゃないけどナチュラルになるというか、反射で走ることが大事。
でもその反射の中にもテクニカルな知識が(無意識のように)詰まっている。
コーナーを速く走っているという本人の感覚が発達していることが前提だけども。
2009/01/31(土) 15:24 | URL | たっくんマダー? #-[編集]
和製シュ-マッハが北海道に居たんだ!
う~ん 残念? 10年?いや20年?いやいや30年若かったら
ブエミ以上かベッテル以上のF1パイロットじゃん!!!
2009/01/30(金) 18:26 | URL | himajin #-[編集]
やっぱ経験?
「いきなりタイムを出す秘技」

ってことなんですが、カートやビートに乗るのが初めてでも、やっぱり経験というかバックボーンがあったんだと思いますよ。
それは何かと言えば、子供の頃見ていたモータースポーツやスキー、ラジコン、札幌の滑りやすい路面…etc.

そういった幼少の頃からの経験によって、考えて行動するのではなく、入ってきた情報(車輌挙動、路面μ等)に対し神経回路(海馬や扁桃体とか他色々)がリアルタイムで反応するように、既に出来あがっていたんではないかと。
全然違うジャンルであっても、意外な所で役に立つってありますよね。例えば踊りの上手い人は武道や殺陣も上手いとか。
そして環境が人を育てると言う様に、フィンランド人には名ドライバーが多いとか、日本人は柔道が強いとかあるわけですよね。もちろん才能も無視は出来ませんが。

余談ですが、かく言う僕も、転んだ時は無意識に受け身がとれます。そして、組み手争いで自分のカタに嵌まった時、もっと言えば、組み合う直前の時点で、勝てるかどうか分かってしまうんですね。不思議な事に。
あ、肉を見れば、焼く前からその美味さが分かってしまいますw

ともかく、ラジコン、雪上ビート、カートに共通するのは、基本ミッドシップで重量物が車体中央近くにあり、トレッド・ホイールベース比やパワー、相対的に低い路面μ、タイトなコース設定等々が考えられます。
つまり、そういった状況から、操作に対する挙動やタイムの出し方がどれも比較的似ており、過去の経験が活かせる状況にあったと考えられます。

そういった事から、走る前に大まかな操作のコツは掴んでいるわけで、あとは乗り始めの早い段階から細かな路面のコンディション確認や、操作と挙動の微妙な違いを修正していく作業に入る事が出来ます。当然、タイヤが冷えてる方がそれは顕著に現れますし、また簡単な修正作業で終われば、タイヤがフレッシュな状態でアタックが出来る。

と、こんな推測はどうでしょ~?w
2009/01/29(木) 21:23 | URL | レッド@MRR #L8AeYI2M[編集]
もしかすると
けんさわさんって、腰が敏感じゃないですか?
加減速・コーナでのGって腰で感じると思うんですけど、
どうでしょう?
2009/01/29(木) 12:37 | URL | はっしぃ #wkLaYW8c[編集]
そっかー
コメントたくさんありがとうございますです。
今日は精神方面からのアプローチが多くてオスマンサンコンじゃない参考になります。

 後進の育成に使える「エッセンス」みたいなものを探しておるわけですが、難しいですねー。
 極意の話しなので、そう簡単には伝えられないのかも知れませんが、長嶋茂雄ちょーさんがたったひと言「バッティングは、全裸でスイングした時におチンチンが太ももを打つように振るんだ!」ってアドバイスするだけで打撃センスが変わる、みたいなことでも見つかると嬉しいんですよ。

 チョーさんの場合、「全裸でやってみなくちゃ分らないことだよね」「いっつも全裸で練習してるの?」「ってか全裸でバッターボックスに立てないし(笑)」みたいなことで笑いの種になることも多いんですけど、実際に的を得たアドバイスで多くのバッターが風呂場でやってみたという伝説のひと言でもあるんですよね。
2009/01/29(木) 12:17 | URL | けんさわ@元気 #BWgGc7Fk[編集]
横から失礼します
※下の管理人のみ閲覧可能書き込みの内容を、転記します。特に個人特定の話題でもないので。

___以下転記

はじめまして。面白い話をされているので、いきなりですが参加させていただきます。

心理学を学んでいる大学生の僕は、「学習と適応」の視点から説明したいとおもいます。

初めてのマシンに対しては、自分の身体も脳もまったく情報がなく真っ白な状態です。しかし、一度乗るとマシンの挙動なり、音だったりを感じ取り、無意識に学習します。つまり、なんとなく限界を感じ取ってしまい、次の機会に適応してしまいます。

逆に、初めてだと限界も何も知らないので、マシンの限界ぎりぎりまで使える、という事です。

赤ちゃんを例に取ると、赤ちゃんはなんでもすごい力で握ります。ですが、成長(学習)すると握る力加減を制御できるようになります。

けんさわさんの体験なさった「最初から速い秘伝」は、Qタイヤみたいなものですw。
体験的な情報がないからこそ速いのであって、何かしらの体験的情報を入れてしまうと、その速さを発揮できなくなってしまう現象です。

心理学的に説明すると、「最初から速い秘伝」は「学習と適応のない状態」なんだと思います。

雑でつたない説明でごめんなさい。
質問がありましたら出来る限り説明させていただきます。

貴重なスペースありがとうございました。
2009/01/29(木) 12:11 | URL | け(転記) #BWgGc7Fk[編集]
推測
今までのイメージの積み重ねが、一瞬で判断させる事ではないでしょうか?

それは、ラジコンから得た経験や映像などなど、あらゆる要素があると思います。
人間の行動は、基本的に経験値に基づいて予測して行動すると思います。だから、未体験ゾーンに踏み込んだときに怖いと思うのではないでしょうか。しかし、そこに達したとき、例えばアクセルを緩めるべき時にアクセルが戻らないとか回避のための選択肢が狭まったときに、いろいろな判断・行動が一瞬で出来る人っていますよね。

けんさわさんの場合、とりあえず思いっきり、をする事によって体中のセンサーが一瞬でデータを無意識のうちに集めているのではないでしょうか?それに過去のイメージや経験が加味し、さらに限界超えた時はその時に考えようというような考え方でガンガン攻める(精神的な図太さがある)。そして本当に限界を超えそうになったときは、何とか出来るように膨大な判断をこれまでの経験で得たデータを元に判断して一瞬で無意識のうちに修正が出来ているのではないでしょうか?それが結果的に、タイムに出てきているのではないかと思います。

人間って、言葉ではスゴイ数の事でも心の中ではすぐ理解出来る事ってありますよね。一発の能力は、その領域での判断・実行能力があり、引き出しも豊富だからなせる技のような気がします。(って言葉で書いても、重みがないですが…)

PS:それは写真にも出ていませんか?例えば、カッコいいな(喋ると1秒近く掛かりますが、思うのは一瞬です)と思った瞬間にはシャッター切っている、とか…あるいは、ファインダー越しでバトル追っているときに何らかのドラマがあるかもと思ってドラマ(オーバーテイクやクラッシュ、コースアウトなど)の手前からシャッター切っていたなどなど…

個人的な推測なので、間違っていたらゴメンナサイ
2009/01/29(木) 11:52 | URL | ケンちゃんLove! #-[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/29(木) 03:54 | | #[編集]
ふーむ
それは・・ジムクラークやセナに繋がる持って生まれた才能なのでは・・と思ったりもしますが、それでは身も蓋も無いので、もういっちょ自分が考えたことを。全く外してるかもしれないのでその点はご容赦を。。

昔々に読んだポール・フレール先生のドラテク本。内容は結構難しくてあまり覚えてないのですが、一つだけ記憶に鮮明に残ってるフレーズ。「怖いと思わないと速くならない」という一言。
なるほど、例えば自分のホームフィールドである筑波サーキット。ここの最終コーナー。日本でも指折りの難しいコーナーだと言われてますが、ここは10数年筑波を走っていてもやっぱり怖い。ちょっといつもとのは違う挙動が出ただけでそりゃドキッとします。

心理学的には人は無意識のうちにその恐怖から逃れようとするということ。防衛本能ですね。つまり恐怖を感じないくらいの速度でついつい(本当はもっといけるのに、無意識のうちに)アクセルを抜いてしまってるんではないか、と。

初めての車、初めてのコースだと当然誰でも「怖い」と思うわけですが、その「怖い」と思う領域にけんさわさんの場合、躊躇無く踏み込んでいけるんでないですかね?集中力、又は一流のスポーツ選手だと経験する「ゾーン」というものにも近いかもしれません。

集中力が高いからこそ(怖いと思う領域にドカドカと入り込んでしまってるからこそ)、その車の挙動がはっきりと感じられて、さらにそこから踏み込んでいける、とか。

うーん、どうでしょうか?是非とも私もその答えを知りたいなぁ^^
2009/01/29(木) 00:33 | URL | Tan #-[編集]
とりあえず故意に限界を超えてみるってのはありますよね
それを体で理解して、あとはイメージで走る…みたいな感じ?
プログラミングにおける空間認識能力みたいな感じかもw
2009/01/28(水) 23:34 | URL |   #-[編集]
天才が育てられるのは、同じ才能を持った天才だけなんだよね。
だから天才の持ってる感性を凡人に教えようとしても伝えられない。
だから結局は自分の感性で語った言葉や態度で理解できる人を探すしかないね。
凡人に理解できるようにするには理論立てていかなきゃいけないが、
そういう次元の話じゃないとおもうす。
2009/01/28(水) 23:18 | URL | ケンちゃんLove! #-[編集]
掴むコツ
それは説明できる。
理論的に説明できます。
今度ね

(あれ? 秘密チェックがない)
2009/01/28(水) 19:13 | URL | Zen@こもん #V47ivVmo[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。