週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年恒例!
2008年02月25日 (月) 14:46 | 編集
20080225144620
O&Kが680円で作ったガタガタのGT3専用コックッピット(笑)

 毎年好例なのに、去年はWiiばっかりやっていてご開帳の機会の少なかったグランツーが今年は活躍してます。
 おもろいわなあー、走り系のゲームって。

 思い起こせば、わたくし不肖けんさわはご幼少のみきりから走り系のゲームが大好きでした。
 でもね、江戸末期の生まれのわたくしが、最初に出会った走り系ゲームってーのは「100円で、ベルトの上を走るオフロードカーがベルト上の点をクリアして行きポイントを稼ぐ」ってもの(分る人には分る(笑))。
 ステアリングからオフロードカーはバーで直結で、左右25cmくらいしか動かない。
 別にその車が走っている訳ではないけど、ベルトが動くんで走っている気分が味わえるという、とっても江戸末期っぽいアナログなものでした。

 だから後になって「MONACO GP」というアーケードゲームが出た時は感動したっけなあ。
 パドルシフトで、コックピットの作りも良くて、ステアリングのキックバックがあるという驚愕のスペックでアーケードに登場したっけゲーセンに通っちゃったもんなあ(笑)

 それまでもレースゲームはあったけど、なんか「抜いて抜いて抜きまくれ」的なレースっぽくなさが付きまとってて俺的になんか足りなかったんだけど、MONACO GPはタイムという概念をきちんとアーケードゲームに持ち込んだパイオニアだった気がしてたっけ。

 さて、そんな昔話はさておき、
 グランツーでオフトレーニングをするために!

 オフトレにグランツーを活用したいワケで。
 でもカートをしている人にとって、グランツーは物足りないんですよ。
 それはドライバーへのインプット情報が「しょせん視覚とステアリングの固さだけ」だから。
 実際のドライビングには縦横のG感覚とか、視覚の横方向の情報とか、風とか、応援とか、さまざまな要素が加わるわけで。
 グランツーと言えどもその情報量の少なさはいかんともしがたいワケですよね。

 いえ、凄い良く出来てますよ。
 グランツーのステアリングのキックバックとか、路面の起伏や段差を伝える感じとか、すげー良く出来てるんで。
 ただ実車に比べると情報量が足りないのは事実なんで、そこを逆手に取ってのトレーニングとなるワケです。

 写真でトレーニング中なのは373選手。
 「確かに感覚違いますけどねえ」とか言いながら(笑)

 トレーニングに使う場合は幾つかのアプローチがあるんです。
 1)簡単めである程度のパワーのあるマシンを使ってのコンスタントラップ集中。
   これはMR-Sの2000年GT300マシンが最適なんですけど、パワーで振り回せないオンザレール系のマシンです。
   これでもって筑波とかのコンパクトコースを走り込んで「20ラップの合計タイム」とかを考えて走ると(笑)
   要するに「走りの集中力」ですね。
   目から入る情報を手に伝える神経をやっつけるわけだ。

 2)ハイパワー車両での限界走行
   これはGT500のZとかを使って徹底的に鈴鹿を走り込みます。
   モチュールZでスーパーソフトタイヤはいて、後はフルノーマル(下記参照)で47秒台で走る。
   徹底的に神経を研ぎすまさないと出ないタイムを出す。
   出来れば47秒台前半(神タイム)
   これはハードル高いけど、ものすごい「一発の集中」を高めるトレーニングです。

  長年こうしてグランツーでトレーニングしてて、もう7年とかやってて、さまざまなドライバーがトライして来て、見えて来たことは「冬場のトレーニングで、きちんと決まったレギュレーションで走り込んで、ゲームで速い選手が本番でも速い」ってこと。
  とかく「ゲームなんて実戦には役立たない」と思われがちですが、トレーニングメニューの組み方次第では、予想以上に役立つものです。

  昨年デビューイヤーに初優勝というカッコいいことをやってくれた高校生なんざあ、冬のゲームでは無敵だったりしてましたもんね。

  ゲームは情報量の少ない環境なんで、実際にもっと情報量が増えた場合に違ってくる場合もあるけど、やってみてね。
  Zで1分47秒台は、けっこうタイヘンですよ~。

※Zでのタイム争いのレギュレーション=マシンノーマル、タイヤ・スーパーソフト、ミッションMT、ドライビングアシストOff、コース=鈴鹿、使用マシン=GT500モチュール・ピットワーク・Z
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
実は
面白いことしようとしています。

まだ言えないのですが、いろいろ動いています。


いつかそれで勝負ですw
2008/02/29(金) 01:54 | URL | 長屋宏和 #I9hX1OkI[編集]
おひさです。
いいですなあ。。。(笑)

MONACOGPは僕が小学校の時で、セナ人気全盛のときでしたねえ。。。中学校の時のリッジレーサーのゲーセン版はアーケードゲームでクラッチペダルがついて感動したけど、何回かするうちにクラッチ切らんでもシフトできることに気づき萎え。。。 
あと、僕が高校の時に出たFerrari F355 Chellenge は激しく感動しました。。。あれはもうシミュレーターなんじゃないかと。。。 

JPも走り系のゲームには激しくはまりましたよう。。。(笑)
2008/02/25(月) 21:51 | URL | JP #D9Hdv03I[編集]
「MONACO GP」じゃなくって
「スーパーMONACO」
じゃなかったっけ?

あのゲームは感動的でした。僕もゲーセン通っちゃいました。
2008/02/25(月) 16:31 | URL | 匿名さんです。 #uGPY2k1I[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。