週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お食事
2007年02月15日 (木) 18:29 | 編集
ブログでは食事のネタもたくさん出てくると思うんで、オレの趣向を記しておこうかと。

基本的に「なんぼ美味しくても、チェーン展開のレストランはなあ」という基本的な好みがあります。
あ、でも吉野家とか餃子のみよしのとかマックとかのジャンク系はまあ別ジャンルになってるらしくて好きなんですけどね。

チェーン展開のレストランが凄く苦手。
その昔、大食いだった頃はロイホだのラークだのによく通ったものだが、35歳くらいを境に苦手になった。
なんつーか、「ご注文の品を繰り返させていただきます」とマニュアル通りに言われるだけでもうあかんねん。
今ではあまり聞かなくなったが「ご一緒にドリンクはいかがですか?」とか追加させようとされたりするのがまた苦手やねん。

そして、作り手の顔の見えるレストランを好むようになった。
オーナーシェフの作る料理が好きだ。
丁寧に仕事をしているのに、あんがい安くて大盛り系の店が好きだ。
チェーン店でもフランチャイズでオーナーが作っているようなところは好きだ。

カリー軒は王道だと思う。
家族経営で安心して訪れることができる上、激ウマで文句なし。
まあ、ちょっと有名になりすぎちゃったけどさ。

そういう作り手の顔の見えるレストランという意味で、ラーメン屋さんも好きだ。
最近は特にO&Kメンバーたちの影響を受けて、新しめのラーメン店を攻めるのも好になってきた。
ラーメン屋さんで新規開業って言うと脱サラかどこかで修行して一本立ちした人の店が好き。

札幌で有名なラーメン店である「すみれ」で修行をした職人たちが独立して開業したラーメン店を総称して「すみれ系」と呼んだりするらしいんだけど、すみれ系、好きだもん。
すみれ系の面白いところは、味の系統が似ていることもあるけど、ラーメンを作っているところを「見えそうで見えない」ようにしているところ。
どうやって作っているのか、見たくなっちゃうよね。

でも大元のすみれは、フロアのねーちゃんたちが「いらっしゃいませぇ~」とか声を揃えて言うんが気色悪い。
いらっしゃいは許すとしたって「大変お待たせしましたぁ」とかまで声を揃えられると困っちゃう。
同じ理由でてつやもなんだか最近苦手。あそこはお兄ちゃんたちがやたら元気に声を揃えるし。
美味しいから両方とも時々行くけど。

作り手の顔が見える(実際に顔が見えるかどうかではなくってね)ところで食事をすると、なんか美味しくてもそうでなくても納得して味わえる。

でも安心なのはいいけれど、そういうお店って当たり外れが大きいのがまたいいところ。
初めて入るのには勇気がいるタイプの性格なので、誰かに付き合ってもらったりして攻めるわけだけど、外す率もある程度高めっすよね。
外したショックってのは、まあ、それなりで、もう行かなければいいだけのことなんで。

ラーメンだって「ヌーベル系(新型ラーメン研究系)」のお店だと、外すと凄いのが出てくるからなあ。泣く時もあるもんねえ。あまりにもあまりで(笑)


と、苦手にしているチェーン店なんだけど、今日テレビを見ていたら行きたいお店が出現しやがった。
とんかつ玉藤南郷店である。
やばい。
あれ、やられるとやばい。

銀座の高級とんかつ屋的なやばさだ。
まず、オープンキッチンだ。職人も手が抜けない。
揚げる油が銅鍋に40リットルも入っていて、それが4つ並べられ、揚げる食材によって鍋を使い分けている。
これ、やばい。オレ好み。

ご飯の種類が3つ用意されていて食べ放題。
まじっすか?

みそ汁も数種類あって選べて飲み放題。
ふう。みそ汁好きだし。

ソースを入れる器がとんきみたいにすり鉢で、ゴマを自分で擦らせる。
これもマジ直球。

あれを銀座でやってたら、一食2,500円以上はするけれど、幸いここは札幌南郷通り、ああ、近々攻めるなこれは。
「ご注文を繰り返ささせていただきます」って言うみたいだけど。
テレビの取材で「とんかつを家庭で美味しく揚げるコツは?」と聞かれたマネージャーが、揚げ職人に「おい、教えてあげてくれ」と聞いたら、その職人が「いっぱい揚げることです」的なことを言ったのにもガックリ来て「おいおいバイトかよ」と思ったけど。

となりの伊藤さんも春には隠居するって言うし。


ちなみに。
当然ですが「かつ屋」は嫌いです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/05/27(日) 16:22 | | #[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。