週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界有数(笑)
2007年12月03日 (月) 16:05 | 編集
 オレはプロカメラマンである。
 先日ニュースサイトを見ていたら「結婚したい職業」のベストテンにカメラマンと言う職種が入っていて気を良くした単純な男だ。これって、昔から不変ですね。弁護士、医者、商社マン、パイロットなどの憧れの職業が居並ぶ中、カメラマンってトップテンから外れたことがない。近年は公務員系の“安定仕事”が多くランクインする傾向があるようだけど、浮き草家業のカメラマンも人気が高い。

 まあ屈折した感想をいえば「職業って聞かれた時に頭に思い浮かぶ仕事の一つ」なんだろうね。子供のころになりたい仕事を聞かれて「パン屋さん」とか「お菓子屋さん」っていうのと同じ感覚で選ばれているような気もする(笑)

 そんな“モテモテ”職業を併業としているワタクシですが、カメラマンと言うにはあまりにも仕事道具のカメラを大切にしないことで知られております。
 モータースポーツカメラマン業界では「世界で1~2を争う」という確固たる地位です。

 まず99%のカメラマンが当然のように所持している「レンズを拭いたりキレイにするためのウエスまたはセーム皮などの用具」を持ってない。
 いや、正確には「5~6年に一度くらい持ってることもあるけど、すぐに腐らせて次のをなかなか買わないから持ってないことの方が多い」という状態。

 だってぇーん、どうせ買うならってんで高級セーム皮とか使ってて、雨降ったりして濡れたりして、そのまま乾かさないでいるとすぐにカビたりゴワゴワになったりして使えなくなるんだもん。
 あ、マイクロ繊維とかのも使ったことあるけど、小さな布ですぐどっかに行っちゃったりして無くすんだよなあこれがまた。(苦笑)

 レンズ拭かないのか?って??(笑)
 拭きますよぉ。
 レンズ(特に前玉)が汚れているとシャープネスが落ちるからね。
 シャープネスは命だもん(エヘンっ!)

 拭きますよ。
 長玉(300ミリ以上の望遠レンズ)は時々(たぶん半年に一回くらい)しか点検しないけど、広角系は毎日チェックしてるもん。
 広角もさあ、超広角とかだとレンズの汚れが画像に写っちゃうし。

 じゃあ、レンズ拭くための用具を所持していないワタクシは、どうやってレンズを拭いているか?
 ・・・・・極秘ですが(笑)、だいたいは着ているシャツで拭きます。
 Tシャツの上に襟付きのシャツを着てることが多いんで、そういうのの裾の部分で拭いてます。
 そんでもってそうやって拭いているところを見られるってーと「アンビリーバボー」とか「あ、けんちゃん、ダメだよ、シャツでなんか拭いて!!」とお叱りを受け続けて早20年です。

 あと「あ、すんませーん、オレの写真撮って欲しいんだあ」と仲間のカメラマンに頼んで、オレのカメラで撮影してもらうような時には「ありゃりゃー、けんちゃんダメだよぉー、ファインダー汚すぎ(笑)、しかもフォーカススクリーンにゴミ付き過ぎ!」と指摘されることもしばしばでございます。
 ファインダーってのは撮影する時に目で覗くところね。
 あの覗き穴は当然ですがガラスがあって、そのガラスにはホコリがとても付きやすいんです。
 それからフォーカシングスクリーンはレンズを通って来た絵がカメラの中で映るところで、そのスクリーンに映った絵をファインダーから覗くわけですな。

 そのどちらとも、自分ではほとんど掃除しませんでございます。

 だけどこれがまた気まぐれクンのオレはですね、通常はホコリのない空気のきれいな場所で行うべき「フォーカシングスクリーンのゴミ除去作業」をですね、コースサイドで走行時間までの暇つぶしに行ったりするもんで「ありゃりゃー、こんな場所でスクリーン外したらエラいことになるんじゃないの?」と驚かれたりもしておりますです。だって、ある日突然スクリーンのゴミが気になる時があるんだもん。気になったら我慢できないんだもん。すぐ取らなきゃ気が済まないんだもん。

 この作業。
 レンズを外してミラー丸出しになったカメラの、そのミラーの上の方に付いているスクリーンをですね、マニュアルによれば“絶対に手で直接触らないように”となってるにも拘らずコースサイドで、手で、作業しているという恐ろしいものでして、決して他の方々にはお勧めできない方法なんでございます。

bp002.jpg



 しかも普通はブロアーと言って圧搾空気みたいなものでホコリを飛ばすのですがこれまたシャツの裾で拭いてたり“フッ”っと息で飛ばしたりするんで、横で見ているカメラマンが気絶するようなやり方。凄いっしょ?って自慢するようなことじゃないのは重々理解してますんですけど、実際問題そうやってやることもまあ、たまにあるんですわ。

 でもそんなオレでも、こまめに掃除している部分もありますです。
 それは他でもない「撮像センサーのゴミ」です。
 カメラがデジタル化されて、一番困ったのがこの「センサーゴミ」でした。
 このゴミ。
 要するに「撮影した作品の上に、どっかりと乗っかってる」状態になるんでした。
 例えば人の顔を撮影して、上がりの写真見てみたら鼻の下とかにゴミ。
 スローシャッターで走りの写真撮って、上がり見たら大事なところにゴミ。
 そういうゴミが作品に写り込んじゃうのが困った問題なんです。

 自分で画像処理する場合なら、処理しながら画像上のゴミを除去して行く地道な作業でなんとかしますが、とりっぱの写真を編集部に送ることも多いので撮影時にゴミがない方がいいに決まってます。
 だからカメラマン部屋でシュシュシュっとブロア使ってゴミ取りましたです。

 昔、シュシュシュってしても取れない部分、つまりはセンサーの前にある保護ガラスとセンサーの間に結構大きなゴミがあったことがあって、困り果てて「加速Gで落とそう」ってんでカメラを机に叩き付けて衝撃与えて動かしたときにゃー見ていた仲間がホントに気絶しそうになったっけね(笑)
 何回シュシュシュってしても取れないゴミは本来サービスに頼むしかないのよねえ。
 擦ったり触ったりすることは厳禁とされているんです。

 こうして仕事を続けて来られているのは、ひとえに「現場のレースに毎回来てくれるカメラ整備サービス」の方々のおかげでござんす。
 汚れたファインダーもスクリーンもレンズも、プロサービスのエンジニアが「今まさに限界を超えていると思われる」けんさわのカメラを元気に戻してくれるんですよねえ。

 もっともオレの場合筋金入りなもんでサービスに出すのも“たまに”なんですけどね(笑)
 
 しかも普段はゴミだらけのスクリーンで平気な顔で撮影しているくせに、サービスから戻って来たスクリーンに小さなホコリの一つもあると「ありゃりゃー?この国のサービスもまだまだよのう!」なんて思っちゃったりなんかする最悪なカメラマンなんっすけど。

 それでも毎レース4000ショットくらいの撮影をして、年間80,000ショットを数年過ごすとカメラメーカーのシャッター寿命推定数である20万回にすぐに達しちゃう中、たいした故障もなく来てるんですから問題ないっす。

 でも画像上のゴミ問題は深刻でしたんです。
 それが最新型のカメラだと「自動的にゴミをふるい落としてくれる」っすわ。
 超音波だかなんだかでセンサーの上に付いたゴミをキレイにする機能がついたのね。これいいわあ。
 何回かプロサービスにお借りして実戦で使わせてもらったんですけど、全く問題なかったもんね。
 長く使っていれば、それなりにホコリが乗る時もあるらしいけど。

 ってなわけで、新型カメラを物色しようとネットで調査開始。
 まあ、キヤノン使いのワタクシとしては機種に関してはもう選びようも無いんですけどね。
 EOS 1D Mark III (マークスリー)で決まりです。
 
 そんで幾ら位するのかとかを価格ドットコムとかで調べたり、あのカメラ屋だとポイント幾ら付くんだ?とか調査してましたです。
 そしたっけ、価格ドットコムのユーザーレビューコーナーとか、口コミ情報とか、どなたさまかのカメラ批評ブログとか出てくる出てくる。
 面白いっすねえ。

 カメラ機材に無頓着なオレ。
 そしてその反対側の方々、つまりは「カメラ自体の機能とか性能とかフォーリングとかを何よりも重んじる方々」の書き込みの数々。
 思わず読み込んじゃいました。

 例えば、オレなんかの場合は「カメラはキヤノン。好き嫌いとかじゃなく、良い悪いとかでもなく、選択の余地ないくらいにキヤノン」です。
 長年使っていることもあるし、サーキットサービスとかのおかげもあるけど、例えばニコンとかに変えるとすると「驚く程、各種操作が逆」だったりするんでムリっす。
 手に馴染んでナンボの仕事用カメラ。だからイザっていう時のこと考えると変えられません。
 それにボディーのメーカーが気に入っても、レンズまで全て買い替えないとならないので出費面でも到底無理です。

 それがですねえ。
 日本のカメラマニアの方々はですねえ、平気でメーカーを変えることもいとわないのねえ。
 これには驚いた。

 まあ、カーマニアが色々なメーカーのクルマに乗るというのと似ているのかな?
 一式70万~200万のカメラ機材一式を数年に一度下取りしたりしながら自分好みのものに変えながら楽しむって、いいねえ。
 オレなんかとは反対側の楽しみ方だと思うけど、そういう趣味、好きですわあ。

 そんでもって、そういうマニアの方々の書き込みの数々を読ませてもらいやした。
 役に立つ実使用レポートの数々で、意外な裏技やら使いやすいファームウエアの情報やら、バージョンアップの情報やら。

 カメラのカスタム設定(カスタムファンクション)をどういう風に設定する方が動態へのオートフォーカスの追従性が良いとか、シャッター優先モードよりもプログラムモードの方があれこれがどうだとか。
 役に立ったわあ(笑)マジで。
 
 ありがとやんした。
 今後の参考にさせていただきましたよ>マニアの皆さん!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
価格COMにけんさわのHNで書き込んでみたらどうなることやらw
2007/12/05(水) 19:51 | URL | J #-[編集]
けんさわ節炸裂~的な文。
読みながら、笑ってしまいました。

続き、期待してますっ!!

P.S 日曜はなんとかなりそーです!!
2007/12/03(月) 23:52 | URL | suga #2IFyn/16[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。