週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小林可夢偉ができるまで(加筆と追記+)
2011年01月17日 (月) 12:09 | 編集
今回のF1速報の「小林可夢偉特集号」は読みごたえありますね。

「特集」なんて名乗っていても、読んで見ると中途半端な内容でガッカリすることもあるものですけれど、しっかりと多方面から切っている感じがして好感持てました。
もっとも新車の概要が見えていない現状なので、それはこれ以降のお楽しみということが物足りなかったけどw

元F1カメラマンで今は後進の育成に励むレーシングカートチーム主宰者の僕としては「小林可夢偉のできるまで」という子供の頃からの可夢偉のレース活動を綴った記事が興味深かったです。


まず彼自身が「どうやったら良いのか、常に可能性の限界を超えて探し続けた」というのが良いなと。
「マシンを身体の一部として、いやそれ以上に自由に扱えた」と言われている可夢偉が、なぜそこにたどり着いたのかということが少し解った。

親御さんもカート監督も「自由に速さを探させるためのステージ作り」をやってくてれいた。

つまり「速いドライバーになってほしいのだったら、こっちは何もしないのが一番」というスタンス。
可夢偉が自分で速さを探すプロセスをしっかり持たせていたようなんです。


全国のカート場で子供を教えるカート指導者達はとかく「ここでブレーキ、ここでステア、ここからアクセルオン」というように手取り足取り走り方を教えてしまう。
ライン取りでも「これがベストラインだから」と決めつけてしまう。
探すプロセスを吹っ飛ばしてしまう場合が多いようです。

乗るマシンにしても、幼少の頃から最高のものを常に与え、最高のマシンなんだからこれで勝って当然。
負けたらマシンのせい、みたいなことも多いかと。


可夢偉の記事を読んでいると、道具は人並かそれ以下で、ドライバーがいかにしてそのマシンで速さを見つけてくるのか?という部分に焦点を当てた指導法だったようで、全日本レベルの写真とともに「曲がったマシンでも踏んで直してまた乗った」とか良い逸話が載っていました。


僕が全日本選手権の東シリーズに出ている時に西地域で可夢偉は戦っていて、その当時から「西の小林は凄い」って話題に出ていたんですけど「まるで猿みたいなレースをする」とか凄い評価だったんです。
猿みたい?って思いますが、要するにカートという道具をあんなに自由に乗りこなすヤツは居ないって言うことだったんですね。
天才、と忌憚なく言われていました。

僕も長年カート業界にいますが「あの子は速い」という子は多いですが「天才だ」と評されることは希有です。
それだけカート時代から専門家達を唸らせていたわけですね。

そしてその才能を開花させたのが「負けず嫌いの性格+自由に速さを探させるステージ」だったんですねー。


今になって「ああ、結果が出たな」と思うことがあります。
当時、カート界にはもうひとり恵まれたドライバーがいました。
それは(あえて実名)中嶋一貴くんです。

彼は父親が元F1ドライバーですから、見るところ良い体制良い道具しっかりした指導体制でカート界を席巻して上に上って行きました。
可夢偉も中嶋も“あのころのカートドライバー”が二人もF1まで行ったのって凄いことです。

凄いんだけど、でもドライバーとして二人を比較すると「コンサバな中嶋、最初からF1に行くまで自由にやってきた小林」と、対照的に感じてます。
そしてその対照を見比べて、やっぱり「徹底的にドライバーに速さを探させ、結果として速くなったヤツがやっぱり強くて速いんだな」という結果が出たのかなと。


僕自身も監督として子供に指導することが仕事なわけですけれど、僕の教え方は速くなるための基本情報(例えば向きを早く変えてステアが戻ったほうが加速は速いんだよ、とか)を中心的に行っています。
アプローチの方法を具体的に教えないで、幾つかの方法を示してあげて「それを探すのがドライバーの仕事」というやりかたです。

めっちゃ曲がらなくしたマシンに乗ってもらって「これで曲げ方を探そう」とかそういうのです。
そしてドライバーが速さを探しに行く。
後ろ動かしてごらんとか、スロットルをメッチャいつもよりも速く開けてごらんとか、探すやり方を教えながらです。


それが「ドライバーが探すためのステージ作り」ってことかと思ってます。


見ていると『練習の時から常にベストセットを探してばかりいる』指導者も多いのではないでしょうか?
そして『ベストセット以外ではタイムが出ないと言い訳をするドライバー』が多いように感じます。
そりゃそうですよね。セットのせい、セットが決まらないって、練習時からそうやって積み重ねていれば、そういうドライバーが育って当たり前ですもん。

セットはともかく、今の状態で最善を尽くす積み重ねをする練習をお勧めしたいんです。


僕が可夢偉の出きるまでを読んで、当時の指導者達は忍耐力あったなーって感心します。
普通、ドライバーに探させると時間掛かりますから。




それから子供カートの指導者主任のお父さんがやりすぎちゃう。
子供が戦っているのですが、お父さんが戦い始めちゃう(笑)

負けるといちばんガッカリしているのがお父さんで「もっとカートを速くしたい」という欲求に勝てなくなる人が多いw
お金を掛けられるだけ掛けて「いちばん速いカートにすること」に執心してしまう。
これがいちばんドライバーを伸ばさないですね。

「お父さんの言った通りにしないからダメなんだ」
っていうのが最悪です。
「なんで言った通りにしないんだ!!」
みたいな(笑)

「お前なんかまだ子供なんだから、勝手に考えないでお父さんの教えた通りにしなさい」という指導法(笑)を実際に耳にしたことがありますorz
探すプロセスを力ずくで奪ってどうするって(笑)

「じゃあお父さんの言う通りにするよ」って子供が思ったら最悪w
負けてもお父さんのせいであって、自分は頑張ったってw


ドライバーを速くする、速くなって欲しいということが願いなら、可夢偉の指導体制のようなやり方の方が良いですよね。

カートは遅そうなのに、あの子は勝つねえ!
そういう風になってくれるのがいちばんカッコいいw

小学校低学年から始められるカート。
最初はコマーとかカデットクラスという入門クラスがあるんですけど、そこから「金掛け合戦」になっちゃうのを聞くと「あーあ、上で通用しないぞお」とか思ってる関係者も多いです。

可夢偉くんみたいになろう。
そして可夢偉くんみたいになりたいんだったら、もっと自分で色々工夫やチャレンジしてこのままのセットで速さを探そう!

と子供に言ってあげて下さい。
子供は一度納得したら突っ走ってくれますよ!!


可夢偉の作り方って、その方法で進めたってそりゃみんなが可夢偉に成れるわけじゃない。
でも「子供が自分で速さを探す。速く成りたいと心から願って探してくる」というアプローチは、どのクラスでも使えると思います。
≫続きを読む...
スポンサーサイト
メアド変更
2011年01月16日 (日) 10:54 | 編集
公開しております僕個人宛のメールアドレスを変更いたしております。

新メールアドレスは
kensawa55@gmail.com
です。

よろしくお願い申し上げます。
アクシヨォーン
2011年01月12日 (水) 12:30 | 編集
昔から自分のしたいことをとことんやると、自然と方向性が定まってくる経験を経てきているのが“けんさわ”です。

でも昨年は意識して「あまり動かないように」してきました。
通常はほとんどしない過去を振り返るということが仕事になっていて、毎日昔のことばかり思い出し、気が付いたら携帯にメモしたりしていた。
それが「裏F1記」という書籍の発行に繋がった気がします。

過去をできる限り詳細に思い起こして。「人様が読むに耐え、かつ面白い内容に仕上げる」ということを仕事としてやったわけですから、ある程度「動きを止める」必要があったのかも知れません。

導かれるように、必然性を持って、なんだかそうなる。
そういうのが自分の生きてきた道です。


今年は違います。
年初から「動こう」と祈念しています。

動くことで次が開ける。
闇雲に動いているようでも、そこに必然が生じてくる。
そういうものだからです。


20数年も昔のことですが、フランスのアンリ・オウチェという黎明期のモーグルを支えたフリースタイルスキーの神様に従事した際、よく言われた言葉が「アクシヨォーン!(仏語)」でした。
モーグルコースのコブを乗り越える時には下半身で吸収の動作を行い、上半身は安定して滑ります。
その時にコブを“待って”受け身で吸収するのではなく「自分から動いてアクションを起こし、積極的に吸収動作を行え」というのです。

攻める吸収という考え方を教えてもらったわけですが、受け身でのそれとは全く違うもので、巧くできると最高に気持ち良く滑れることを知りました。

レーシングの世界で言うならば、パッシブからリアクティブサスペンションにしろ、ということですね。


大人しく過ごした昨年から、アクションする今年へ。
そういう気持ち。


年をとると、なぜか新しいことにチャレンジしなくなることがありますよね。
良い年して「出来ない状態が恥ずかしい」とか。


でも新たなこと。
なんでも良いんです。

やったことのないこと。

それに挑戦する。
それだけでも脳が喜びます。


昨日はFaceBookへのアカウント登録とかやっていたんですけど
(http://www.facebook.com/kensawa55)
それだけで「頭からプスプス」と煙が出ました(笑)
楽しかった。

そして午後は、カートの組み立て風景をUstでライブ中継しました。
カートを組み立てているだけなのに、2~30人がずっと見続けてくれました。

カートの組み立てをするだけなので、数人かな?って思っていたのですが予想を完全に裏切られました。

でもやってみたから解るんですよね。
やってみたから、カートの組み立てでも見てくれる人がいると気がついた。

「今日は何故、カートの組み立てをUstする気持ちになったのですか?」
と、見ている方から質問があって、その時は
「えー?なんででしょうねえ?」
って、答えられなかった。

答えが先にあって、それでやる感じっこじゃないところがきっと“けんさわ”なのかもねw

アクシヨォーン!!

これが今年の僕のテーマです。
新展開!?
2011年01月07日 (金) 14:21 | 編集
昔やっていた「けんさわカメラマンの“サーキット便り。”」

復刻を希望するお声を幾つか頂き、また手元に残る当時のファイルの存在もあり、やってみようかなって思い始めました。
名付けて「サ便。レジェンド」って(笑)

かつて公開したファイルを、出来るだけそのまま公開する部分と、ピックアップコンテンツで1枚の写真や出来事を掘り起こして解説したり、今だから言えることを書き添えたりしながら楽しんで行こうという趣向です。

むかし見ていた人はもちろん、初めて見る方にも楽しんでもらえるような内容を考えてます。

んでもって、けんさわ的には画期的冒険なんですけど、課金サイト方式を導入して見ようかと思うんです。

最初は「シェアページ方式」で始めて見ようかと。
この方式は、課金登録しなくても全文が読めるものです。
んで、管理者であるけんさわの活動を支援していただけたり、応援の意味でシェアに協力いただこうかと。

あまり反応が良くなければ「記事によっては登録済みじゃなきゃ読めない方式」という選択方式にするかも知れませんが、僕の意向としてはできればシェア方式で行けたら良いなーと思ってんです。

そんでもって、過去のファイルをひっくり返してみています。
自分の若い頃を省みるのって、なんか照れますね。
髪型変だし(笑)


頑張って今月中にはスタートしたいと思っています。
お楽しみに!!!

Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。