週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーストラリア!
2010年03月29日 (月) 12:50 | 編集
 やっぱあのコースは面白いねー。

 作戦を巧く組立てれば抜けないコースでもないしね。

 スタートのゴタゴタ。
 ウイング取れてスピンとかあって。

 主役級のドライバ-が下位に下がったり。

 タイヤ交換のタイミングで上位に戻ったり。

 戻り損ねたからかやる気なくしてたように見えた元皇帝にはガカーリwあれはすぐ抜いとかかなきゃw

 中盤~後半のバトルモード炸裂レースが楽しかったなー。
 トイレに行きそびれるくらい、だらけた時間が短かった。

 そして終盤。
 ワンマンショーを金曜日から魅せてくれていたウエーバーぁぁぁぁぁぁぁ。
 出入りの激しいレースで、地元のお客さんも大喜びだったべなーw
 そして出入り出入りで、最後出て終わって(笑)

 いやあ、でも、アロンソ。
 ああいう「ここはポイントで良いや」っていうのがなー、アロンソ見てて煮え切らないところだよなあ。
 チームメイトへのリスペクトもあるんだろうけど、でもなーorz

 書ききれないほど、オモローなーレースだったですねー。
 

 小林くん、苦難のレースが続くねえ。
 モーターレーシングにメカトラはつきものとはいえ、死ななくて良かった的クラッシュでしたよね。
 被害者の側には「数千万円の損害」だって言われているらしいけどさ。
 リアウイングが取れた時も怖いけど、フロントウイングもそーとー怖いですね。
 しかもウイングをマシン下に挟んでるんじゃあ「どーしろってんだー」って言う他ないもんな。

 クラッシュ直後の可夢偉のコメントでは、何が起ったのか分ってなかったっぽいもんね。
 今のF1は、構造的にフロントウイングがドライバーから見えにくいらしいし。
スポンサーサイト
アレックス!!!!!
2010年03月24日 (水) 11:14 | 編集
 「オレさま列伝」みんな知ってるよね。

 僕は名作の多いこの作品の中でも、アレックス・ザナルディーが立ち上がった瞬間を「モースト感動作品」に入れていますです。
 

 
オレさま列伝?F1を制した男たち? 3オレさま列伝?F1を制した男たち? 3
(2007/01)
有野 篤

商品詳細を見る


 どこまでもレーシングで、どこまでも暖かいアレックスは、昨年いっぱいでWTCシリーズを引退したというニュースを聞いて残念に思っていたんですけど、ゴメン、取り消すわ。

 F1通信によれば、なんとアレックスはロンドンパラリンピックを目指すって言うんだもんね。

 すごいわあ。
 まだ感動させてくれるんだ、もういちど感動させてくれるんだ、まだ行くんだ。

 アレックスにこそ「不屈」という言葉と「レーシングおやじ」の称号を贈るわ。

 そしてオレも「生涯一選手」と名乗り続けて来ている男。
 がんばるぞ、たとえ最後は盆栽選手権でも。
 
インディー!!!
2010年03月17日 (水) 10:05 | 編集
 インディーカーシリーズってば、今年はオーバルよりロードコース開催の方が多いんですね。
 オーバルの牙城を築いたトニー・ジョージ(元インディアナポリス・モーターウエイのオーナー)の隠居が効いてるのかな??

 良く「ロード出身の欧州系ドライバーはオーバルを学ぶことでロードが遅くなる」なんて言われて来ました。
 日本から参戦した過去の多くのドライバーも、実際そうだったように思う部分もありましたねー。

 でも今年くらいロードの比率が高いと、そういうオーバル病に罹患するドライバ-も減るのかもね。
 って、実は1ヶ月に渡るインディアナポリス500マイルレースの期間中に、オーバルを集中的に走ることで罹患すると言う説を唱えるワタクシですけど(笑)

 さて、多くの方から「インディーの楽しみ方を教えて」って聞かれてます。

 答えは簡単!
 「インディーレースの魅力、それは大逆転ウイナー頻発!!ってとこ」っす。

 アメリカ的レースは多くの場合そうなんですけど、レース中にトップと下位との差が開くと、やれ「デブリが落ちたから」とか理由をつけてフルコースコーション掛けることが多いんですよね。
 ずっと前に落ちてたデブリをしばらく放っといて、イザって時に「あのデブリは危ないからコーション!」ってやるらしいんですけどね(笑)

 フルコースコーションが掛かると、許可後にピットインして給油やタイヤ交換できるのももちろんですけど、再スタートと言うイベントがあるので、レースファンにとって魅力的なんですけどね。

 チーム&ドライバー側から見ても、コーション中のピット作業で順位変動や逆転のチャンスも当然あるわけで、レースがダレて来ると「はやくコーション出ないかなあ」なんて待つことも多いようですw

 次の魅力は、
 「抜いて抜かれて抜かれて抜いて」という連続攻防が日常的に見られること。

 ハイスピードオーバルだと顕著なんですけど、抜かれても抜き返せるのがIRLの最大の魅力かもしれません。
 前回のサンパウロでの開幕戦でも、そういう攻防が随所で見られましたねー。

 ハイスピードオーバルだと、トップを走るより2番手でタービュランス(マシン後方乱流)を使って燃費稼いだ方が良かったりすることも多いらしく、むしろトップを譲り合うようなことまであって面白いんですよ。
 トップを譲り合うなんて、F1じゃあ考えられませんもんね。
 でもトップを走る=リードラップを取る、と賞金が大きく変わるので、賞金狙いでトップ疾走なんていうケースもあったりして(笑)
 フルコースコーションで全車ピットインなのに、リードラップに残るドライバ-とか、見ててカッコいいですよw

 あと、オーバルでもロードでもですけど、明らかに危険なコース設定が垣間見えることも魅力でしょうか。

 インディーのドライバーにとってはF1の安全対策なんて「なんだよ、○玉ついてねーのかと、こっち(インディー)じゃあ女にだって○玉ついてるってーのに」って見られてます、正直F1のああいう部分は笑いの種です。

 サンパウロのコースも凄いもんねー。
 そもそも初日は「ストレートが真っ直ぐ走れないほどスリッピーで、土曜の夜にコースを改修した」ってんだもんね。
 その改修されたストレートがまた、コースを削ってグリップ上げたもんで、もの凄い削りかすで巻き起こる粉塵たるや凄まじい(笑) 前見えないしぃー。

 コースのバンピーさも異常なほどだけど、あのくらいのバンプはインディーの仮設ロードコースでは普通よりチョッと悪いくらいなんでないかな。

 だからインディードライバ-はタフです。
 男も女もタフです。
 あのバンプで走るんだから、フィジカルもタフだけど、メンタルがもっとタフだよなあ。

 んじゃ、なかなかいいハイライト映像があったので、ちょっと横からはみ出しますけど、楽しんでご覧下さい。
(F1通信にも出てたヤツです)

 気に入ったらGAORA加入か、インディーオフィシャルサイトの生配信映像で見ると良いと思いますが、何といってもGAORAの実況&解説が優れている(特に松田さん)のでなあ、やっぱ日本語だしなあw。


ヨウツベ映像につき携帯から見えない方も多いかも

 スタートの混乱(原因はたくんかなー)
 何回かのリスタート。
 雨の中ドライスリックタイヤでの激走。
 そして6分過ぎからのバトル。

 カナーリおもろーです。


 ちなみにワタクシ、やっぱりIRLはオーバルの方が好きですけどねー。
 ショートオーバルも面白いときもあるけど、やっぱりスーパースピードウエイがいいわあ。

 オーバルの時のポジショニングとか、タービュランス合戦とか、ラインの攻防とか、そういうのまた今度。
盛り上がりたいのにーxx
2010年03月14日 (日) 10:53 | 編集
あっちこっちで開幕ですが「この人が活躍したら面白いよなあ」って楽しみにしていた選手が全員ダメダメ(笑)で盛り上がれなくて辛いーっ!っす。

 今年の開幕の楽しみの大部分はもう終わった、かも、なんていうのはまだ早いけどさー。


 レースになれば、今年のF1の場合色々とデキゴトロジーに期待できますからね。
 そっちの期待を膨らませておこうかな。

 ブラジルの方はまた凄いことになってるんですねー。
 まず、コースが「まったくなってない!」って。
 仮設のストリートコースで、コンクリート舗装の部分があまりにもスリッピーで、メインストレートをまっすぐ走っているだけで何台もクラッシュしたと言うまるで冗談のような状況とか。

 メインストレートって、やっぱりレース駆け引きでとても大切な部分だとおもうんだけど‥‥そこで怖くてスロットル開けられないなんて、ないよねー(笑)

 土曜予選がキャンセルになって、その時間をフリー走行にしてラバーグリック向上に賭けてるみたいです。
 そんでもって、予選を日曜の朝8時過ぎから行って、午後1時から決勝。

 まあインディーの場合、危なきゃフルコースコーションが出まくって、レースとしては面白い方向に行くことが多いから、ちょっと目が離せない展開になるのかもね。

 
始まったっすねー。
2010年03月13日 (土) 12:32 | 編集
バーレーン初日短信

新興チームが引っ掻き回している感じが懐かしい2010年F1開幕戦。
フリー走行が始まって、何もかもが興味深いですね。

まず、24台がエントリーして、昨日は曲がりなりにも23台が走れたことが嬉しいです。
ボクの中ではF1のフルグリッドはやっぱり「26台」なんです。
本当はUSやらステファンやらがちゃんと出て来て、26台フルグリッドが実現するのが良かったけど、それはきっと来年のお楽しみなんでしょう。
(なんて、来年もう1チーム認めても、今年の新興チームの幾つかが居なくなってて結局台数揃わない予感もアリアリですけど(笑))

予選通過107%ルール(ポールシッターよりも107%以上タイムが遅い“遅すぎる”と決勝出場を認められないルール)を、昔のように適用した方が良いという話しがもう出ているようですけど、気が早いよなあ。
昨日の例で行くと1分55秒のロズベルグの107%は2分3秒程度になるのだけれど。

昔の聞きかじりでは「107%の根拠のひとつに、下位フォーミュラよりも速いこと」という理由が入ってたんじゃなかったっけ?
天下のF1さまが、下位カテゴリー、今ならGP2などよりも遅いのは許せんとは確かに思うけどねー。

反対に言うと、下位カテゴリーの速さを決める時に「F1さまよりも110%位は遅いこと」なんていう決まりがあるのかね?良く知らないけど(笑)
実際はGP2ってけっこう速いんで、もうそういう規定は無くなっているのかもしれませんが、昨日のGP2のFPタイムは1位から7位までが2分8秒台ですからねー。

2分8秒、ヤバイです(笑)
なんて、昨日のブルーノ選手のタイムですら2分6秒だから「かろうじてGP2よりは初日にして速いじゃん、良かったーF1さま」って笑いました。
Bセナ選手だって、GP2経験者だし、もう少しタイム詰めて行くだろうから107%ルールはこの際いらないんじゃないの?なんて。


それからテストの時もそうだったけど、今年のF1は満タンと空タンの重量差が異様に大きいので、フリー走行のタイムとかもロングランしか参考にならないですよね。
そう言う意味では、土曜フリーの最後の10分から、予選のQ3まで解らんわなー。

凄く面白いです。

ザウバーがピョンピョン跳ねまくってたのも印象的。
でもま、ダンバーとかスプリングレートとかでもう少しマシな方向にアジャストして来るんでしょうけど、テスト日程が限られていた今期開幕ならではの映像という気もしましたね。

それから、マイケル、けっこう速いじゃん!
上記の通り、本来姿が解るのは予選後でしょうけども。

さあ、開幕の予選。
レースは信頼性だけど、今年からの「予選一発」が、とても楽しみです。
可夢偉の「一発」も。
さあ今期開幕間近!!!
2010年03月08日 (月) 14:39 | 編集
今週は、F1がバーレーンで、そして琢磨参戦のインディーがブラジルで開幕する「スーパーウイーク」ですねー。

みなさん楽しみでワクワクしておられることでしょう。
そんな皆さんに、気合い入れるために紹介するモータースポーツ。

『フィギュア8』といいまして、北米ならではの凄いレースです。

なんせ交差部分のある8の字コースをもの凄い台数でレースで走るんだから(笑)

でも、見てるとけっこう安全で、秩序もあって、しかもやっぱり上位走ってる選手ってばもの凄く巧いのよ。

どーですかぁ~お客さん!!!



かなりの瞬間的判断力を駆使して戦っているのが解りますねー。
勇気と、度胸と、テクニックと、そして判断力!
素晴らしいっす(笑)


そして、僕の好きなイベントのひとつであるヒルクライム。
特別なヒルクライム専用のバイクやクルマを使ったイベントも多いですけど、市販車プラスαのマシンで行う方式のものが好きなんですよ。

欧米では村祭りの一貫としてやってる地域も多いらしいです。
これもまたもの凄く危ない。信じられないほど危ない。転けたライダーがごろごろ転がるところなんざー凄いよね。

こういうのもMS。
ま、絶対に日本国民には理解不可能じゃないかって、ちょっと残念に思う今日この頃です。



感謝、謝辞
2010年03月04日 (木) 11:44 | 編集
ヤタさんの観戦塾でも、U京さんへのコメントの案内を出してくれていたのですけれども、4日でその案内も終わるのだそうです。
書き込みは先日より締め切っていたU京さんへのコメント募集サイトですが、塾で知って見に来てくれた方やコメントを書き込んでいただけた方も多かったことでしょう。

感謝申し上げます。

ヤタさんも、ご苦労様です。
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。