週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好物
2010年01月29日 (金) 18:16 | 編集
シソの実が好きです。

そのままでも、味噌漬けでも好きなんだけど、何といっても極めつけ的に好きなのが

『日光味噌のしょうゆたまり漬け』

っす。

ご飯がゴハンが進むくんー!!! なんっす。
おかずなくても、これがあれば朝食でドンブリ3杯行ける(笑)

でもね、機会があるごとに買って来るんだけど、「これだ!」っていうのに巡り会えないんです。

ボクの中での標準機が「バアちゃんの家で食ってたシソの実の溜まり漬け」なんですけど、それと同様のクオリティーの物に中々出会えないんです。

味だと、まあ記憶の問題もあるんでしょうけど、そうじゃなくて
実の問題なんです。


しその実

写真にある「シソの実の茎」が、バアちゃん家のだと取ってあったのよ。
ちなみに、バアちゃん家は宇都宮で、栃木県だからまあ本場だったわけだ。
その本場で食べてた味が、なかなか手に入らんで20年くらいイラってます。

シソの実の茎が残っていると、食べてて食感がなー、なんかなー、茎が主張しちゃってゴワゴワするのー。


日光のたまり漬けの、シソの実の、茎がちゃんと取ってある仕様じゃないと、ご飯が進まないのよ。


ニッコウのケッコウな情報求むぅぅぅぅぅぅぅ~!!!!

特に買ったことある人や、生産者からの情報求む!
「最近は茎を取るのがタイヘンで、コストも掛かるし、手間もかかるので」とか
そういうありそうな話題はもういらないです(笑)
「それに、旅行者がお土産に買うのが大半なんで、茎くらい残ってても『こういうもんか』って思われるだけなんで、気にしないのがイチバンですよ」っていうご教授も、もういらないです(笑)

茎をちゃんと取ってる「仕事してる」たまり漬け業者はもうないのか?
だいたいにして、ネットで買える日光のたまり漬けの、しょうゆ漬けの、シソの実が少なすぎる!!!!!

ケッコウな入手法があれば orz




ちなみに、こういう込み入った話をするのには、やっぱりブログですね。ツイートだと文字数制限が少なすぎて、イラつくもんね。







スポンサーサイト
おかげさまっ!
2010年01月29日 (金) 17:58 | 編集
なんか、ツイートワールドが、ちょとだけ解って来ました。

あっというまにフォロワーも200超えで、ギガウレシスですねん。

つぶやきツイートだけに、良く出来てますね。
複雑なことに向かないように考えられてるから、ホントに気軽に使えながら、情報を得たい時にはフォロワーのみんなが助けてくれる。
この距離感がツイッターの繁盛の秘訣なんだろうなあ。

僕もフォローしてみたり、リスト化してみたり、いろいろ試したり、面白いです。




◆□□◆□□◆□□◆□□◆□□◆□□◆

片山右京さんへの応援メッセージの募集期間の締め切りが迫ってまいりました。
関係者が本人に教えてくれて、もう見てくれているそうです。
「大変勇気づけられています」という文面もいただきました。
ショックから立ち直る“小さなきっかけ”の1つになれればと願っています。
「片山右京!夢と挑戦をありがとう!」
に、一人でも多くの方から言葉を頂戴したいと思っています。

◆□□◆□□◆□□◆□□◆□□◆□□◆
できねぇーw
2010年01月21日 (木) 15:33 | 編集
 ツイートできないっす。

 もう何ヶ月も前からアカウントは持っているんだけどさ。

 どう便利に使うのか、テレビとかでも最近は良く特集でやってるけど、イマイチわからん。

 使いこなしたいぃー(笑)

tw1.png

 だからこんな状態。
 無人駅みたい(笑)





◆□□◆□□◆□□◆□□◆□□◆□□◆

片山右京さんへの応援メッセージの募集期間の締め切りが迫ってまいりました。
関係者が本人に教えてくれて、もう見てくれているそうです。
「大変勇気づけられています」という文面もいただきました。
ショックから立ち直る“小さなきっかけ”の1つになれればと願っています。
「片山右京!夢と挑戦をありがとう!」
に、一人でも多くの方から言葉を頂戴したいと思っています。

◆□□◆□□◆□□◆□□◆□□◆□□◆




二重投票wV
2010年01月20日 (水) 12:21 | 編集
 F1のオフィシャルサイト「FormilaOne.com」やってる「ルノーのもう1人のドライバーには誰が良いか投票」ですけど。
 普通の環境だと「一人一票」のシステムになってて、一回投票するとそれ以降は投票ボタンが消えちゃうじゃないっすか。

 今朝ですね、状況を見ようとアクセスしたら投票ボタンが出てるんで「アレっ?」って思いつつもポチッとしたんっすけど。
 これって2度目なんですよ。

 考えてみたら、前回の投票時とは開いたブラウザが違ったんですねー。
 なんか、てっきりIP情報で一回投票に制限しているんだと思ってたら、IP+ブラウザ情報だったみたい。

 へへっ、へへへへ(矢吹ジョー風)

 僕の環境にはブラウザが多数搭載されてましてー、その多数で順に投票しちゃったっす(←悪意なし)。


 え?誰に投票したかって?
 それを言うのはヤボってもんですぜいおやっさん。

投票のしかた

http://www.formula1.com/
にアクセスします。

右下の方に現れる投票ボタンの1つを選んで「ポチッとな」
VOTE.png


するってーと、投票結果が表示されてOK!ってわけっすわ。
vote2.png


みなさんもどうぞお好きな方に投票してくんなまし。
まあ、一種のお遊び企画でしょうね。
この結果がドライバー選択に役立つとも思えんけど。

それにしてもニック応援団は頑張ってるなあ。





◆□□◆□□◆□□◆□□◆□□◆□□◆

片山右京さんへの応援メッセージの募集期間の締め切りが迫ってまいりました。
関係者が本人に教えてくれて、もう見てくれているそうです。
「大変勇気づけられています」という文面もいただきました。
ショックから立ち直る“小さなきっかけ”の1つになれればと願っています。
「片山右京!夢と挑戦をありがとう!」
に、一人でも多くの方から言葉を頂戴したいと思っています。

◆□□◆□□◆□□◆□□◆□□◆□□◆


ひひひ
2010年01月19日 (火) 17:47 | 編集
 いちばん怖いのは「だって、テレビで言ってるんだからホントでしょ?」って、盲目的にテレビの情報を信じてしまう側なのかもねー。
じゃじゃもれ
2010年01月18日 (月) 17:37 | 編集
 検察の捜査状況や捜査情報や供述内容や捜査予定なんかが、マスコミにジャジャ漏れね。
 そりゃーもー、有り得ないほど。

 あまりにも情報量が大杉て、なんだかなー、な、印象。

 リークっていうレベルを超えてるよね(笑)

 しかも、それらの情報の多くはガセネタで、それを承知か知らずかダダ漏れで報じてる印象。

 別に誰かの肩持つ気持ちはないけど、なんか気持悪くなって来た。

 なんで逮捕された人の供述が逮捕翌日に報じられてんの?
 取調室での会話内容なんて、すぐ漏れるもんなの?
 不思議やのー。
 しかも、速攻で担当弁護士が「そのようなことは言っていない」って否定してて。
 誰を信じれば良いの?
 弁護士が嘘つきなの?

 なんで「言った覚えのない言葉」が、言ったかのように報じられてんの?
 不思議やのー。

 中には「刑務所で懲役中の◯◯氏が違法献金したと語った」っていう超弩級のスクープ情報も、なんか小ネタとして報じられてて。
 不思議やのー。

 不思議なことが多いなあw

 しかも、レテビに良く出る元特捜部部長やら副部長さんが「私の知る限り、検察からマスコミに情報をリークするなどということはなかった」って、堂々と言ってんだもんね。爆笑ですよ。
 取調室の言質が漏れる時に、検察から漏れなきゃどっから漏れんの?掃除のおばさん?

 「それは関係者からだよ」って(笑)
 新聞とかでは「関係者によると」って、確かに書いてあるもんね。
 掃除のおばさん? カツ丼出前の人? 

 んなわきゃねーじゃろ(笑)

 あ、分った。
 きっと各マスコミが東京地検特捜部の取調室に盗聴器掛けてんだ。
 そーだ、そーだ、それだ!(←んなわきゃねーが)


 F1でもそうだけど、
 だいたい「関係者によると」ってされているときと「信頼すべき消息筋からの情報によると」ってなってるようなときは、情報の信頼度は低いと相場は決まってますので。
 みなさん、ちゃんとフィルター付けて考えましょうね。

 
 信頼すべき消息筋(関係者)からの情報によれば、参院選前に大きなことがあると、いうことです(笑)



 今回マスコミで報じられている陸山会の土地購入資金の件は、もっと大きな疑惑を調べるためのブラフで、特捜部は超弩級のネタを追っている、っていうのが定説で、だからこの件にマスコミの目を向けているっていう話しだけどさ。
 それもなー、どこまで信じていいんだか・・・・・


 マスコミさん。
 もうちょっと踏み込んでー。
 毎日同じネタの繰り返しは、見てて飽きるし。





手応えと反応
2010年01月16日 (土) 16:14 | 編集
 今日は朝から

 すごーく


 スゴーク



 凄ぉ~~~く



 嬉しいことがあって、バリバリ燃えてますです。

 やって来たコト、やっているコト、

 反応があって、

 手応えがあって

 良かったなぁ~。シミジミ

 嬉しいなぁ~。シミジミシミジミ


 さ、もっと頑張ろっと。

まったくもう
2010年01月13日 (水) 18:03 | 編集
 各種ニュースサイトが「日本スキー連盟がバンクーバーオリンピック派遣選手を発表した」って報道してるじゃないっすか。
 で、僕が最初に見たサイトには全員の名前が載ってなかったんで、全員の名前を知りたいなと。思ったわけだ。

 最初に調べに行ったのが、大元の日本スキー連盟(SAJ)です。
 まあ、派遣選手を決める立場の大元ですから、最初に見に行ったんだけど・・・・・情報なす。

 「あ、そっか。オリンピックだもんな、そうそう、オリンピック!オリンピック!!」ってんで、すぐさまJOC(日本オリンピック委員会)へ行きましたよ。
 と、こ、ろ、が、

 そこにも派遣選手一覧は出てなかったw

 なんだかなー。

 SAJもJOCも、どちらも活動の最高峰がオリンピックなんでしょ?
 オリンピックに誰を派遣するのかって言うのは、組織の一大事なんじゃないのかねー?

 それが、マスコミ発表と同時にネットに反映するくらいの「すぐできること」をしてないんだから。

 まあどちらも天下り団体と言われていますから、しかたないんっすかねー。
滑走禁止エリア
2010年01月07日 (木) 09:20 | 編集
本格的スキーシーズンに入りました。

今朝のスーパーモーニング(だっけ?)で、白馬スキー場への外国人スキー屋の増加と共にマナー違反の滑走が増えているってな情報出てたね。

曰く「外国人スキーヤー(多くは豪州人)の多くが滑走禁止エリアを滑るので、スキーパトロールが排除に苦労している」と。

スキー場によってはいわゆる「ゲレンデ(滑走可能エリア」と「コース外(滑走禁止エリア)」を分けていて、禁止ゾーンを滑ると厳重注意~場合によってはリフト券剥奪です。
厳しい山だと、一発でリフト券取られちゃうところもあるんですよねー。

テレビでやってた白馬も、悪質な場合にはリフト券を取られちゃうローカルルールがあるみたいだけど、よっぽど悪質じゃないと取らないみたいでパトロールが何度も注意している映像が流れてました。

ワタクシはですね、多くの場合「スキーに行ってもゲレンデ以外のところ“しか”滑らない」んですよ。
いわゆるオフピステ“ばっかり”滑ってます。

だからテレビ見てて「もっとうまくスキーヤーと山が付き合える方法もあるのになあ」って思ってました。

なんでこういう場で自分がオフばっかり滑っていると言うことをハッキリ書けるのかと言えば、北海道の多くのスキー場では、いわゆるコース設定されている“ゲレンデ”以外のエリアを滑ることができるシステムが確立されているからなんです。

代表的なところではニセコです。
ニセコローカルルールはハッキリしてます。
「ゲレンデ」「ゲレンデ外」「完全立ち入り禁止区域」という3つの考え方です。
niseko.jpg



まずゲレンデ。これは普通にコースですよね。

そしてコース外。
ニセコってコース外エリアでもコース名が付いてたりしてて、特にコースとコースの間のエリアなんかは普通に「オフピステ」として解放されています。
なにせパウダースノーが売りのスキー場だけあって、あっちもこっちも滑れる。
但しコースとコース外にはしっかりローピングしてあって「コース外入り口ゲート」以外からの入山はダメなんですけどね。
とはいえ「コース外入り口ゲート」ってのがあることそれ自体が素晴らしいんだけどさ。
「個人の責任で入ること。スキー場は一切責任を持たない。」とはっきりうたわれています。

ニセコに於ける滑走禁止エリアというのは、ローカルであればあるほど「危なすぎるから絶対に行かない場所」なんです。
俗に言う「春の滝エリア」に代表される雪崩の巣みないなところです。
そんなところ、行けって言われても行かないような本当に危険な場所が真に禁止エリアとして認知されています。
ニセコマップを見てもらえれば分ると思うけど、そういう完全立ち入り禁止区域ってのが2ヶ所設けられているけど、わざわざそこには行かなくても、日本有数の広大なエリアが他に広がっているので今どき誰も完全立ち入り禁止区域には行かないもんね。

そもそも、登山家達も多いニセコの「山スキー」を前提とすれば、ニセコという山を登り、好きなところを降りて来るというスタイルが昔からあるんですよね。
だからローカルの方々やスキー場や山岳関係者が長年かけてルールを作って来たんだと思うんです。
リフトに乗った人は滑走禁止だけど、登山した人は滑っていいなんていう変な状況が昔あったりした過去があったんです。
あと山頂リフトを降りてから15分ほど登山すると真の山頂からオフピステに滑り降りられるのが魅力で、ベテランスキーヤーの登竜門だったりしたしね。

例えばニセコでは毎日「ニセコなだれ情報」が出されています。
数週間に渡る積雪の状況と、近日の気温変化を鑑みて、雪崩の情報がスキー場のあらゆる場所に掲示されています。
雪が降って、時間が経って固まって、その後柔らかい雪がまた降ったりすると「表層雪崩」というものが発生しやすくなるんですけど、そういう危険性が高まったときにしっかり情報が出される。
危険性が低い時ですら「雪崩の危険性は常にある。滑走にあたっての注意事項を再確認せよ」ってな感じの「危ないから止めとけ」的な案内が出てる。

雪崩に関する講習や捜索訓練などもスキーヤーを交えて幾度も行われている。
表層雪崩の起きやすい「弱層」を見つけるために、斜面を掘って点検する方法とかも学んでる。

それから、雪崩などで雪に埋まってしまった時に仲間で捜索できる「ビーコン」と呼ばれる発信器の装着率も高い。
オフピステでもコース横とかならまだ良いんですけど、ニセコの場合東尾根や五色の方のコースだと埋まったらシャレになんないからねー。

かくいう私も、危なそうな時には滑走前に雪を掘って点検して、ヤバい時には斜面を変えたりして対策してたりするんだけどさ。
森林限界を超えた斜面を滑走する時には、絶対に斜滑降しない。
斜滑降すると、雪面を斜めに切断する格好になって雪崩を誘発する危険が高まる。
(でも一般スキーヤーがオフに入って斜面の端から端まで斜滑降するところを良く見ます。怖いです)

こうやって書いて行くと、ニセコって凄い山だなーってあらためて思うけど。

山頂に登って、東尾根とかの裏方面に入って、下まで降りるとリフト乗り場付近にアクセスできてまた登る。
これってニセコの魅力ですわ。
裏山滑って、表に戻れるってのが良いのよねー。

白馬とニセコのルールを見比べると、白馬ってコース以外は全部ダメなのね。
それも厳しいと言うか、パトロールは大変だろうなあ。
でも多くの(いや殆どの)道外のスキー場では、白馬方式がデフォだと思います。

絶対禁止エリアと自己責任エリアを分けてるニセコ(北海道の多くの山も)って、凄いわ。

参考までにニセコローカルルールってヤツを見といて下さい
http://www.niseko.ne.jp/rules.html

そして白馬のローカルルール
http://www.vill.hakuba.nagano.jp/top/local.html

両方見比べると、赤い「禁止エリア」の考え方の違いが良くわかると思います。
ってか、ニセコってホント凄い(笑)




※注意喚起表示
※ニセコの裏方面は最初ガイドなしでは滑走不可能です。降りたら登れない沢や、左右間違えると渡れない川などが多いので遭難します。
※滑走には相当なスキー技術とトラバース時の体力と山の知識が必要です。
※いかなるベテランであっても絶対に1人では入山しないこと。携帯圏外も多い。
※数人で入山し1人ずつ滑走すること。下で停滞しないこと。斜滑降しないこと。互いが捜索できるよう、全員が埋まることのないよう。
※そして入山時には必ずビーコン,折り畳みシャベル,ゾンデを装備しよう。数万だ。
謹賀新年
2010年01月01日 (金) 00:00 | 編集
 2010年が始まりました。

 気持ちも新たに頑張ろーっ!


 今年の出来事予測

 2月にカートで本州遠征サポート
 3月初旬のF1テストで驚愕の事実が
 F1開幕戦で感動のフィニッシュ(笑)

 なんて(笑)

Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。