週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1レーサーの練習法
2009年10月22日 (木) 14:25 | 編集
匿名の投稿での質問があったので、特定部分を「ピーっ」にして、お答えしますね。

以下投稿文________

初めまして.
「ピーーーーっ」,と申します.

今回の日記に練習の話が少し出ていたのですが,疑問に思ったことがあります.

F1レーサーはどうやってドライビングの練習をしているのですか?

よくフィジカルトレーニングを行っている場面や記事をみたことがありますが,あれはあくまで身体のトレーニングであってドライビングではないですよね?

例えば野球選手であれば,打撃練習・守備練習など日々練習をしていると思います.自転車選手であれば距離を走ることで持久力の向上や,短距離スプリント力を向上するための練習があったりすると思います.

F1ではテスト走行がありますが(現在はあった,ですかね),あれは主に車両開発が目的になってしまっているのかな,と感じます.レースウィークのフリー走行はマシンのセットアップ能力の向上には繋がるのかと思うのですがドライビング技術に関してはどうなのでしょうか?なにより,F1ドライバーはレース以外にF1マシンを運転する機会が少ないように思えます.

このような状況で,現在のF1ドライバーたちはどうやって自分の能力を向上させていくのでしょうか?やはりシミュレーターに頼るしかないのでしょうか?

周りにレースに詳しい人がおらず,長い間F1の現場を見ているケンサワさんなら何かご存知かと思いコメントをさせて頂きました.

長くなってしまい申し訳ありません.もし不適切であれば削除をお願いします.またこのような内容がコメントとして良いのかが分からないので,とりあえず秘密にしました.

読んで頂きありがとうございます.

____以上投稿文


 F1ドライバーのドライビングトレーニング。

 かの昔、国内最高レベルのプロドライバーの高橋国光さんが「レーサーは練習はできないししない。実戦の場で“乗る”こと以上のトレーニングは無いからだ」と仰ってましたねえ。
 当時は体作りからして実戦重視のドライバーが多かったようですけど、近年はダウンフォース増加などによる横Gの強力化でフィジカルトレーニングが重視されて来ていますよね。

 F1ドライバーに限らず、プロドライバーというのは「完成した姿」と考えられている部分があって、プロになるまでにしっかりとドライビングトレーニングを積んで行くのが良いとされています。

 良くレーシングドライビングの事を「アート(芸術)」だ、と言います。
 レオナルド・ダビンチもデッサンなどはしたのでしょうけども、芸術家の場合そのデッサンすらも作品ですよね。
 同じ絵の具、同じ画材、そして同じ風景で絵を描いても、書き手の芸術家によって表現が全く違うのがアートの世界。

 そしてドライビングも「アート」に例えられるのは、つまりは「同じマシン、同じコース、同じコンディションで乗っても、ドライブするドライバーによってタイムも表現も違う」からなのでしょう。

 また「アート」なので、上手く行ったり失敗したりします。
 レース中でも、そういった行為を繰り返しながら、より良い作品(ラップ)を作ろうともがいたり楽しんだり挑戦したりしているのがドライビングです。
 どんな凄いドライバーでも「レース中一回も全くミス無く走り切る」ことは不可能です。
 だから実際に走りながらインプルーブのアプローチを繰り返していると思います。

 教えたり、学んだりして身に付くテクニックでは補いきれないものを持っているからこそプロになれるのでしょうね。

 でもプロになってからも、実は「プロのためのドライビングクリニック」が存在します。

 現役時代の片山右京なども、そういったプロクリニックでドライビングのブラッシュアップを行ったそうです。
 ゴルフのタイガーウッズにも「フォーム監視と修正アドバイスのプロ」が付いているようなものです。

 英国のそのドライビングクリニックは高額らしいですけど、聞く所によると色々な方が受講されているようですね。

 でも実際問題、そういうクリニックなどを利用するドライバーの方が稀少でしょう。

 F1レベルのドライバーにとってのドライビングは、もっと感覚的なものらしいです。

 またデータロガーに代表される各種データを用いて、自らのドライビグを修正したり確認したりするのが一般的ですね。
 コーナー毎のドライビング修正は、現地で即座にやらなくてはなりません。
 データを用いてドライビングを立て直したり高度化したりするのが得意だったのは佐藤琢磨くんです。
 佐藤くんは「ミーティングの前にチェックして疑問を要点化し、ミーティングでそれを解決する方法を考え、ミーティングが終わってからもデータを見ながら熟考」していたそうです。
 
 データを見ているだけで、どういうドライビングをしているのか解るわけですね。

 そういう能力もまた、ドライバーが身につけ、トレーニングする能力の一つのようです。

 ダートトライアルやジムカーナのような「タイムトライアル競技」とは違い、繰り返し同じコースを走るレーシングでは、ラップする毎に“より良くする”アプローチを続けることこそがトレーニングなのかもしれません。

スポンサーサイト
ギネ
2009年10月21日 (水) 23:21 | 編集
曜日的にも時間的にも、シリーズ全部みちゃいそう。
初心否変
2009年10月19日 (月) 14:20 | 編集
 まずジェンソンにおめでとう!
 シーズン序盤の圧勝から考えると、中盤~終盤のペースダウンが残念だというような声も聞くけどさ、普通ああなるって(笑)

 ジェンソンのような理想のコーナリングを追求するスムーズドライビングの選手は、心理的な影響とかを受けにくいと考えられていたけれど、実際にはドライビングというものはドライバーの頭脳によって形作られているんだから影響が大きくあったね。

 それでも近年過去の英国人ドライバー達が味わった「チャンピオン直前の苦悩」を味わいつつもチャンピオン獲得までたどり着いたのは全くもって素晴らしい。

 名を挙げるまでもないけどさ、N.マンセル、D.ヒル、L.ハミルトンなどの英国人チャンピオン達はみな、一度はチャンピオンを直前で逃しちゃったじゃないですか。
 まあ、その当時に強力なライバルがいたのもあるんだろうけど。
 マンセルなんざー何回逃した事かって(笑)

 ジェンソン、おめでとう。
「チャンスは一度しかない、その一度をモノにする」


 んで、今日の本題。
 
 小林選手、いいねー。
 つくずくいいなーって思いました。

 ブラジルのスタート後のジェンソンを抑えた走り。
 相手はジェンソンですよ。
 なんか下位争いなんだから、チャンピオン候補のジェンソンを前に出せよとか、ブロックが汚いとか、そういう意見ある?のかな?

 ワタクスはですねー、あれをトップ争いだって疑似想定して見ちゃいましたよ。
 トップ争いなら、誰も文句ないでしょ?
 トップを争ってたら、後ろから来た同一ラップのライバルを前に出さないように全力でディフェンスするの当たり前だもんね。

 たとえ下位だって、その気持ちは一緒だもん。

 あれを、あれだけちゃんとサイドミラー見て、ジェンソンの動きを制して、自分も破綻しないで走り続けた小林くん。たいしたもんでしたねー。
 デビューレースで、自分のマシンじゃなくて、セットも誰かのコピーで。

 天才ぶりが発揮されてて、見応えあったわあ。
 天才天才って、カートの頃からずっと言われて来ている小林くんの最大の売りである「練習がいらない」という部分が発揮された。
 
 逆に言うと、練習を積み重ねて細かなセットを煮詰める日本のレース社会よりも、外国やF1で才能を開花させるタイプと期待されている人材っす。
 今回のレースの評価はいかなるものか、とても興味ある。

 小林くんは直接話するとめっちゃオモロイお兄ちゃんです。
 「猿」って呼ぶ人もいるけど、野生児って見られて長いですねー。
 野生児が成長したらタダの人、そうならないように周囲は「カムイには自由にやらせる」という感じで放任的に接していた記憶があります。

 自然児のまま成長してくれてたらいいんだけど。
 日本人初のアロンソタイプとかさ、期待しちゃうんだけどなー。

 反対に「ああ、そうなのか」って思ったのは中嶋くん。
 小林くんと絡んでリタイヤしてたけど、あんなの自業自得だもんね。
 入れてないのに、中途半端に悩みの動きするからああなる。
 あんなんじゃなー、ポイント残らないのも理解できる。
 

 それにしても、トヨタさんのマシン、ストレート遅いねえ(悲)
国家的アイドル
2009年10月15日 (木) 13:04 | 編集
アロンソ、スゲエ

カートの曲乗りも、巧ぇ~なぁ~w

両手離しでのドーナッツスピンターンなんざー、かなりの腕前(笑)
それよりオレが気に入ったのは、花壇みたいな公園の横の高速左カーブをドリフト維持したままクリアした時。
アレはカッコいいわw



そんでもってこっちは同じ場所でのF1のデモラン。
こっちがあくまでメインなんでしょうけど、カートのデモランをわざわざ取り入れたところも気に入りましたよ。


まだまだ面白い映像が続きますが、それは再生が終わった後のチャンネル表示から見に行ってみて下さいませ。

アロンソ、大好きだわあ。


ちなみに、カート屋さん的情報ですけど、アロンソやゲストが乗っているカートフレームはその名も『FA KART』と言いまして、FAはもちろんフェルナンド・アロンソの名を取ったもの。
スペインでは当然バカ売れで、実はあのマイケル・シューマッハの息子くんも乗っているメーカーです。
作っているのは世界有数のカートメーカーである「TONY KART」で、シューマッハが資本参加している事でも知られています。

FAカート。
もちろん日本でも買えますです。
興味のある方はご一報を(笑)、でも高いんだなー、FAへのライセンス料がたけーんだなきっとw





思い出のシーンの数々を撮影して来た澤田賢志カメラマンの使用機材をアウトレット!
けんさわアウトレット開催中!でーす。
よろしくおねがいいたします!


ピント外れ
2009年10月14日 (水) 13:01 | 編集
フランスの首都パリ=シャルルドゴールとオルリー
英国の首都ロンドン=ヒースローとガトウィックとスタンステッドとロンドンシティー(4ヶ所もあるのよね)
米国の中心都市ニューヨーク=JFケネディーとニューアークなど
ドイツはフランクフルトとミュンヘンとベルリンとかに分散化してる
イタリアはローマとミラノが住み分けて、ミラノにはマルペンサとリナーテ2つがある

なんのことかお分かりの人も多いでしょう。
各国の主な空港を挙げてみたんです。
もちろん全て国際空港です。

英国は特別に多いとしても、おおよそ世界に名の知れた大都市には国際空港が複数ありますよね。
当たり前の事で、利便性を考えると選択肢が多い方がいいですし、一方の空港が何らかの事情で閉鎖になってももう一方が緊急避難先として使えるなどのことを考えているのでしょうね。


で、今回の『羽田ハブ空港問題』の大騒ぎ。

ニュースもワイドショーも大きく取り上げてますけど・・・・
どの報道もピントがズレまくってて笑っちゃいました。

多分インタビュアーもそう言う答えを引き出すような聞き方していたんだろうけど、千葉県民の「え!?じゃあ成田は閉鎖?」とか「貨物専用空港になるんだったら、成田や千葉の経済は困る」とかピント外れな声・・・、
千葉県知事も「寝られなかった」とかって激怒と。
「あっそ、じゃあ騒音が減っていいね」とか「羽田の騒音が増えますねえ」とか・・・・、『あーもー!!、発着数が変わらんのだから騒音も変わらないよ、ハブだろうがなかろうが』って、テレビ見ながら突っ込んじゃいますよw

まああの森田知事の激怒の映像を生かそうそして、ニュースと映像を組立てちゃったのかな?
それであんなにピント外れになっちゃったんかいなあ(笑)


普通の事が全然報じられてなくて、見てらんないっすよー(ブリトニー風)

成田の発着数や旅客数は今後も変わらない方向でしょうよ。
だって羽田が国際ハブ化したって、ハブてことは国内線の就航数も相当数維持されてなくてはならないので、羽田の発着枠が増えたとしても成田の分全部は羽田に持ってこられないもん。

現状G8諸国とかの首都の空港としては、飛んで行ける国の数が圧倒的に少ないのが成田です。
現在も50以上の国の航空会社が東京への就航を順番待ちしています。
それに70以上の国からは増便の依頼が来ているんだとか。

でも発着枠が足りなくて、希望している相手に応えられないで長年経ってます。

要するに成田だけじゃあ日本の窓口としてはキャパ不足なんですよね。

だから羽田も使わんと足りんのよ、枠が。
今度4本目の滑走路が増える羽田も使うとなれば単純に発着枠が増えるから新規就航国の便もたくさん増やせる。
だから成田からある程度いま飛んでいる国際線を羽田に移しつつ新規就航を受け入れつつ国内線にも振り分けて、成田の利便性を良くする。
滑走路が増える羽田は国際線の新規を含めた便数を増やしつつ24時間化でこれまた利便性がよくなる。

ウインウイン状態が見えてるものですよね。

なんかあたかも「羽田のハブ化で成田が無くなる」みたいな報道の方向性には辟易ですわ。

今回のハブ空港の一件では、実は韓国の空港が事実上の「日本のハブ空港」と化していて、欧米諸国から韓国経由で日本の地元に帰る方が安いし乗り継ぎも楽だし近いしとかってなっちゃってるんですってね。
そりゃどーかしてるって(怒)

そんなんだったら千歳の有効利用も考えて欲しいよなあ。
北海道としては北米便の半数程度と、欧州便の半数程度は千歳に降りて欲しいっすよ。
千歳はご存知のように日本中の空港への乗り継ぎのできる北海道のハブ空港だし、欧州便も北米便も北海道のすぐ横を通って成田や関空に降りてるんで、千歳に降りるのが距離的にも得だし(笑)
多くの旅行者が成田から羽田に移動してから地方に飛んでいる現状よりはよっぽど便利になるし。

んで、千歳をハブ化し、成田は南北米大陸便と欧州とオセアニアと国内線、羽田はアジア各国と国際チャーター便と国内線、そんな感じの配置がいいなあ(勝手)

世界中に通勤して来た身としては、日本の空港配置のいい加減さに頭に来た回数が思い起こされて熱くなるんっすぅ~。

だいたいさ、日本は空港が多すぎる上に使い方が分ってないから酷いもんだもんなあ。
「狭い日本の国土だし色々あって、成田空港は大きくできません」
って言ってる割にはあっちこっちに作っちゃた。

まったくさ、国が作るって言うと反対運動とかが凄いことになるのに、「オラが町にも空港作るべ」って自分達が欲しがると何が何でも作っちゃったんだねー。

成田空港建設反対運動の時に「あそ、じゃあ止めます」って止めといたらどうなったんかねーとか想像。
神戸に空港ができ、静岡に空港ができ、茨城に空港ができ、それでも千葉がその頃空港を欲しがらなかったかどうか見てみたい(笑)

ちなみに、多くの論客と同じ意見ですけど、僕も今世紀の空港乱立政策は最悪だったと考えている1人です。
昔「農道空港」っていう農水省所轄の空港が乱立したことがあって、実際問題全くと言っていいほど使われていないわけなんですけど、あの反省があったはずなのに地方空港は作られちゃったもんねー。
乱脈経営とガラガラの地方空港路線を飛ばす経費でJALがガタガタになっちまったもんなあ。

おJALの経営立て直しは、政府がかなり責任持ってやって欲しいと願ってます。






思い出のシーンの数々を撮影して来た澤田賢志カメラマンの使用機材をアウトレット!
けんさわアウトレット開催中!でーす。
よろしくおねがいいたします!
A地点
2009年10月07日 (水) 10:25 | 編集
鈴鹿のF1日本グランプリ。
終わりましたなあ。

木曜くらいから「けんちゃん来ないの?」との電話や、夜には現地での宴会のお誘いや(笑)
そしてマイミクさんとか仲間からの数々の現地情報。
あざーす!


土曜の夜には知る人にはなんのことかわかる「A地点情報」が寄せられたり。

photo by “Matsu@九州”サン
A地点の猛者達(あえて顔はボカしてませんが、ダメかな?)

あんな人やこんな人の顔が久しぶりに見られて嬉しいっす。


日曜の決勝前や、決勝後の夜とかにも「集まってます」とか「レース後宴会してます」とかの知らせをありがとうございました。
元三宅のシンさんがベロベロ調で電話くれたりなんかして、鈴鹿の興奮が染み込んできましたよ!

ボクは鈴鹿の決勝レースを、カートレース開催サーキットの北海道は南幌のパドックで見ました。
こうなるだろうと思って、自宅からゲーム用の小型のテレビを持ち込んでました。
本当はピットの撤収をしなきゃ行けなかったんだけど、その仕事をメンバーのみんながしている横で、子供達と一緒にレース観戦に集中しちゃいました。
片付け手伝えなくてゴメンなさーいw

なんせ「日本GP見られないんなら」って会社を辞めた過去を持つ男。
見始めちゃうと、見ちゃう自分がそこにいたっす。
いや、もっと言うと「見なくちゃいけない」って思う自分がいました。
仕事をほっぽり出してF1のテレビ観戦。
これがオレの人生だ!(笑)





思い出のシーンの数々を撮影して来た澤田賢志カメラマンの使用機材をアウトレット!
けんさわアウトレット開催中!でーす。
よろしくおねがいいたします!

けんさわアウトレット
2009年10月02日 (金) 11:56 | 編集
もう使わない機材や、新機種を導入したので不要になった機材を放出しようと思います。
普通に中古ショップやネットオークションに出すより、F1ファンや澤田の応援団の方々に使って欲しいんです。

それぞれの機材はF1の現場取材で大活躍してくれた思い出の品々です。
よろしければ、お手元に引き取ってくださいませ。

※お引き取りの方法
それぞれの機材に設けた「希望価格」を参考に、メール(kensawa@mac.com)にて以下の手続きでお申し込み下さい。価格の高い方や、思い込みのある方にお譲りしたいと思います。希望価格はもちろん少し高めです(笑)、下回る価格でも遠慮なく試しに応募してみて下さい。

★メールでの申し込み方法(コピペして下さいませ)
 ※必ず題名を『カメラ機材希望』としてください。 
 ・希望品目名
 ・申し込み金額
 ・返信用メールアドレス
 ・お名前
以上をお書き込みの上 kensawa@mac.com までメール送信して下さい。
お譲りさせていただく方へはメールにて返信致しますので、送付方法や配送先などの個人情報の確認はそれからで結構です。
お支払いは現金振込のみになります。着払いやネット銀行は利用できませんのでご注意下さい。

希望価格を改定致しましたm( _ _ )m



アウトレット出品機材


1)EOS-1DMarkⅡボディー 完動品
  希望価格=148,000円 
  参考=元箱、取り説、付属品あり、チャージャーほぼ新品(2回使用)
  F1の現場で使用したためかなりの使用感があります。
  キヤノンプロサービスによるシャッターレスポンス敏感化処理済み。
  こまめに点検を受けていたので良好品です。

  もっと多い画素数の入門デジカメも多数発売されている昨今ですが、やはりプロ機材ならではのハイパフォーマンスは侮れません。
 1)チャンスに強い、短い起動時間
 2)高速連射シャッター
 3)連射時にも追従するミラー動作(ファインダーが暗くなりません)
 4)ストロボシンクロ時の各種設定の容易さ

  チャンスに強いカメラマンとして活動できたのも、この機材があったからこそなのです。

  ※希望価格でのお引き取りいただける方には、以下のビリンガム社特製「マイルドセブン・ルノーF1チーム・大型カメラバッグ」をお付け致します。
  このバックはF1カメラマンにルノーより配付されたもので非売品です。
blng.jpg
 5年ほど使いましたが、さすがに丈夫さが売りのビリンガムです殆どヘタってません。まだまだ使えるとおもいます。





FD500.jpg
2)Canon FD 500 f/4.5 L
  希望価格=128,000円
  今や貴重なCanon F-1などのフィルムカメラ用のFD500レンズです。大切に取っておいたものですが、希望の方にお譲りします。
  キヤノンプロ用レンズケース付き。

  あえて「今だからフィルムカメラ」という方に!!

  アイルトン・セナ存命中にメインの500ミリとして使用していたもの。




EF500.jpg
Canon EF 500 f/4 IS L レンズ
  希望価格=350,000円(希望価格にて売約済み)
  長年使用したため、大切に使ってくれる方希望。それなりの使用感あり。フードにへこみあり。レンズ解像度良好。

FE500F.jpg
フードの凹み部分





 機材にサインをご希望の方はその旨メールにてお知らせ下さい。
 

☆★☆けんさわ使用機材の数々、大切に使ってくれる方!よろしくお願い致します

suzukaかぁ~(感慨)
2009年10月01日 (木) 13:39 | 編集
 今週なんですねー。

 ちょっとネットを一回りしてきましたけど、続々と現地レポートが上がっていて気持ちが入ってきましたよw
 マイミクに鈴鹿関係者がいるのですが、例えばコースの芝刈りなどもF1に合わせて直前に行ったんですねー。
 素晴らしいっす。

 んで、けんさわ格言(笑)
「移籍の決まったドライバーは、その直後のレースで一悶着」っすよ。
 何があるか、ないのか、楽しみに見ましょうかねーw

 もう富士がF1開催を投げ出したので、書きたいように書くけど、鈴鹿にはひとかたならぬ思い入れのある自分っす。
 本当は行きたかったけど、北海道でカートの最終戦があるのでムリっす。
 だから、現地組に気を送るっす。
 観戦組ももちろんだけど、どっちかっていうと「鈴鹿の運営スタッフ達」に向けて送るっす。
 
『ガンカレ!

スーパーガンガレ!』



----------関係ない余談

F1速報のけんさわ「なまらF1記」お楽しみいただけてますでしょうか?
今連載中のシューマッハと対決編パート1の挿し絵の写真、オレがカートに乗っててシューミーが手を合わせて「まあまあ・・・」ってしてる写真。あれいいねえ(笑)

文句言ってるんですよ、オレがシューミーに(笑)
「おい、来るの遅いぞ。それにキミだけ新車ってどーよ」って。
そんでシューミーがあの仕草してんのね。

思い出したあ。
あの画像はボクも持ってなかったから、久々に見ました。
若かったのう(傍観)

あのコラムってば携帯サイトで3~4週間早く公開されて、PCサイトは遅いんだけど、画像などが楽しめるのはPCのほうかもね。

ちなみに、おかげさまであのコラムはアクセス数ナンバーワンだそうです。
日頃からのご愛顧に感謝申し上げます。




さ、鈴鹿か。
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。