週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オレは許す(笑)
2009年04月23日 (木) 14:33 | 編集
 今朝の夫婦の会話

・・・・ニース速報がテレビに流れる・・・・・

 「え?、なに?」
 「お、草くん、逮捕???」

夫婦「こ、こ、こ、公然わいせつーwwwwww?????」

 真夜中の公園で、泥酔して大声出してて通報されて、警察が行った時には全裸で芝生の上であぐら組んでたって、あーあ、逮捕かあ。

 酔っぱらって公園に行く。
 なんか、脱ぎ始めて、全裸に。
 ↑ここまで、経験者指数10,000人に3人(けんさわ実感)

 酔っぱらってて、大声出して、警察に咎められ
 「なんだよー、いいじゃんかよー」とか反論してしまう
 ↑この経験者は多いかもねw、経験者指数10,000人に55人(けんさわ実感)

 単独で、全裸で、泥酔して、大声出してる。
 ↑これ、これは指数低そうだw

 普通(普通は脱がないが)、全裸で大声は出さんでしょー(←?そこ突っ込むとこ?)

 それにしても、マスコミの報道姿勢が「お手柔らかに」というのが、ウラで所属事務所が暗躍しているのが垣間見えて好き!

 まあ、立ちションしてて警察に咎められて暴言吐く酔っぱらいと同レベルの事件だから、不起訴で、送検しないで、お仕置きのみというのが落としどころなのかな。
 (軽犯罪法wiki 20項目目に出てきます。

 普通だと、こういう酔っぱらいは保護して、調書取られて、反省文書かされて、放免で済みますよね。
 逮捕ってところがなー、どうもなー、警察も頑張り過ぎちゃったかなー。

 警察24時とかでもさ、泥酔の酔っぱらいは、いちいち逮捕しないもんね。

 草くん、オレは許すぞ(って、知人でもなんでもないけど(笑))

 そして、どうかク◯リだけは、やってませんように。
 (当然もう検査されてるだろうけどね)

≫続きを読む...
スポンサーサイト
コーナリングあれこれ。
2009年04月13日 (月) 17:47 | 編集
 とある選手に走行ラインとマシンの向きを変えるイメージを説明するために作ったGIFアニメーションなんですけど、タイムが伸び悩んでいる方にも通じることかもしれないので紹介してみますね。


まず最初の↓これは、この局面で理想のコーナリングラインというつもりのものです。
高速に抜けてくる前のコーナーから続く横Gを消しつつ、強いブレーキングで前加重を作り出してクルッピングまでに積極的に向きを変えつつ、マシンが横滑りしてパワーをロスしない形です。(画像をクリックすると5秒後に動き出します)

 クリピングまでに積極的にマシンの向きを変える動作を生み出しているのが伝わるでしょうか?
 この方法には、リアステアといってブレーキングでリア加重を抜いてリアを動かす方式とか、オーバースピード気味でのブレーキング時にステアを要求量よりも少し多めに入れて曲げの動作を生み出したり、いろいろな「ドライバー独自のテクニック」を駆使しているところですね。
 1~2~3コーナーと続く複合コーナー的な形なので、最初にストレートから左ターンし始める所から3コーナーの脱出をイメージする必要のある所でなんです。
この図にはありませんが、行った先にはヘアピンがあり、オーバーテイクポイントなので最後の右ターン(3コーナー)での加速も重要です。


 で、青いマシンが出てくる二枚目のアニメーションでは、加重変化を上手く使えず、ステアリングに頼ったコーナーリングの代表的なものとしてアニメーションしてあります。
 ブレーキング時に僅かにマシンが動くのですが、それを制御してしまい、せっかくのコーナーリングフォースを一度打ち消して、ステアリングで曲げて、赤に比べてマシンの向きが変わっていないので立ち上がりで一瞬ズルッと滑って、加速が鈍っているのを表現しています。
411178B.gif
 これって脱初級~序中級くらいのドライバ-に多い「あとコンマ5秒」というところの方が行うことの多いコーナーリングかもしれません。
 もちろんこればっかりじゃなくて、突っ込み過ぎとか、減速し過ぎとか、コーナリングが速すぎて立ち上がりに苦しくなってるとか、色々ありますけど。まあ参考までに。

んで、2つの要素を重ね合わせたのが三枚目のアニメーションです。
このアニメを作った時のイメージでは
・ブレーキング開始ポイント
・旋回速度
・スロットルオンのポイント
の三点は「2台とも全く同じタイミング」という設定をしています。
同じ所でブレーキ掛けて、曲げて、アクセルオンしているのに、なぜか遅れる。
そういう事例の一つを表しています。
411178BC.gif
同じようにしているのに付いて行けない。
その理由のひとつがこれなんですねー。

進入で充分に過不足なく向きを変えていると、加速に入った頃にはもうステアリングは戻っているのに対して、不充分な向きの変え方だと加速に入ってもまだステアリングが残っていて、残っているから加速しないし加速を始めるとリアがズルッと滑りやすいし、立ち上がりのラインが大きくなってコンパクトなラインが取りにくいことになるんですねー。

どこかの誰か一人にでも参考になりますように!

 有名なドライビングインストラクターの先生が言ってました
「ブレーキング開始からクリッピングまでの間、そこでいかに他の選手よりも向きを有効に変えるか。」だと。
 向きを変えるのは、ほんのちょとライバルよりも多ければ良いんです。
 多すぎると、当然スリップアングルが付き過ぎ、横に滑る時間が生じ、ロスします。
 反対に、クリッピングの後はライバルよりもいかにステアせず、マシンの横の動きを減らせるかが勝負です。
 4輪の乗り物は、すべからずステアしているとフロントタイヤが抵抗になる設計です。
 だから加速に入るクリッピング後は、ステアを速く戻せることが加速を呼びます。
 ステアを速く戻すためには、減速時にしっかり向きを変えておこう、と、そういうことね!!!

 良く「立ち上がりが遅い」っていう場合があるじゃないですか。
 旋回速度が遅くて立ち上がらない、
 脱出時に舵角(ステア)が残っていて抵抗になって立ち上がらない、
 マシン後部のセッティングが“重く”て、リアが引っかかって立ち上がらない、
 体重が重くて、荷物のせいで立ち上がらない(笑)

 などなど、色々な理由があるんだけど、上記イラストのように「旋回初期に向きを積極的に、かつ、過大にならないように、上手に変える」ことで、立ち上がらせることができるので、とても大切な部分ですよぉ~!!!








ブックマークしちぇねー
2009年04月10日 (金) 14:57 | 編集
 F1速報が編集部ブログってのを始めました。
 これがまた、開始してから数週間、アクセス増えてないんだ(笑)
 1日あたりのカウントが数十~百ちょっとじゃ不味いでしょー、けっこう面白いこと書いてんだから、周知徹底にご協力。
 →当ブログのリンクにも加えときました。
『F1速報編集部ブログ』http://blogs.yahoo.co.jp/f1sokuho_editors

 アドレス見て解るように、なぜかヤフーブログなんだね。
 きっとヤフーブログでカウント稼げると思ったんだろうけど、現実は甘くなかった(笑)
 みなさん見に行ってあげてね!!


 そして、F1速報オフィシャルホームページで、ワタクシの連載が始まりました。
 有料(月210円)の携帯サイトで先ず公開されて、何日か遅れでオフィシャルホームページ(PC版)での公開となるようです。
 その名も
 『なまらF1記(F1速報20周年企画)』って、誰が名前考えたんだーぁぁぁぁ!

 最初の連載は「けんさわプロになれるまで物語」の再編集版です。
 その後、いろいろな裏話を交えた展開となるようです。
 年内いっぱい連載して、その後大幅加筆後に書籍として出版するんだそうです。
 
 こっちの方も、応援いただけると嬉しいです。


 それにしてもBGPの2連勝には驚いたわ~。
 近代F1出、あんなドリーミングが可能だなんてねー。
 あの大荒れに荒れた展開で勝ったのは、ラックもあるんだろうから侮れないっすよね。
 速いマシンを持つチームに、幸運の女神も付いてたら。そりゃ羨ましいわあ。

Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。