週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末だー
2008年12月30日 (火) 14:48 | 編集
26日、27日と2日続けてお店でダラダラ呑みましたぁ~。
特に27日は朝まで呑んだワー。
なーんもしないでダラダラ呑んでるだけ(笑)
楽しい年の瀬でございましたでござんす。

 さ、て、

 終わるねえ2008。

 参る年だった人も多いんじゃない?
 9月くらいまでの2008とそれ以降の2008じゃ激変でしたねー。

 来年。
 オレは行くよ。
 やるよ(笑)←何を?

 皆さまが良い2009を迎えられますように。
 心から祈念いたしております。

 年末だし、宝くじ当たるから使い道考えよー(←例年好例の年末のお楽しみっす)







スポンサーサイト
不況のご利益m( _ _ )m
2008年12月23日 (火) 11:43 | 編集
 毎日毎日ニュースも新聞も人が集まっての話題も「不況だ不況だ」っすねー。
 ムードが良くないから、月給の変わらない人々まで買い控えしちゃうよねー。
 そうすると全体としてますます現金が動かなくなって・・・・・。
 
 先日来、モータースポーツを支える自動車会社各社の業績不振が次々明らかになって、活動休止や撤退や、支配下クラブの閉鎖とか。
 まったくやんなっちゃうよね。

 ホンダのF1撤退表明は、今となっては英断だったとする評が増えています。
 発表当時はまさかここまでと思った人が多かったけど、ここに及んで販売不振があまりにも深刻であると言う事実が明らかになりつつあって、あのタイミングでの撤退発表が福井社長にとっての“最速”だったんだろうことへの理解が進んでいる。

 昨日のトヨタの業績発表記者会見で、トヨタは規模を縮小してでもF1への参戦を続けると社長が発表していましたが、そのトヨタも通期での大幅赤字の報告があった所ですから深刻です。
 なにがどうなったら通期で2兆円見込んでいた利益が1600億円の赤字になるのか、信じられないし恐ろしいばかりですね。
 販売不振に加えての為替損のダブルパンチには、さすがの超優良企業のトヨタすらも赤字に追い込むんだから、他の会社はマズいんじゃないのか?って不安になる。

 日本の自動車会社はそれぞれ内部留保をかなりの金額持っているとはいえ、2兆円が数ヶ月でパーになる勢いだと、少々の内部留保なんてすぐに吹っ飛びそうだ。
 トヨタの内部留保16兆円(だっけ?)も、油断してらんない?

 でもそんな不況の波が、経費削減を呼び、お陰で喜んでる人もいます。

 他でもない、オレっす(苦笑)

 昨年の12月からオンエアされていたキヤノンのCM「白鳥の湖編」が、契約継続になりました。
 「好評のため」と伺っていますが、深読みすると「あるものを使え」指令が出た可能性もありますよね。
 つまり経費削減で新作のCM撮影を行わないで、アリモノで使えるんだったら続行でっていう。

 作品的に冬モードのものなので、2009年の6月まで放映が続くようです。
 キヤノン提供各番組で流れると思いますので、どうぞみなさんキヤノン提供番組を見ましょう(笑)
 スポットの15秒バージョンだとオレを認識するのは不可能。
 30秒の方だとちらっと写ります。

 んで、30秒の方が流れるのが提供番組ってわけで!
 見てねー。

ks242.jpgコンマ数秒ちらっと写るだけっす。

 テレビでのオンエアじゃ待ちきれないっていう貴女&貴方は、キャノンHP内「企業CM紹介ページ」へどーぞ。
水曜ファン必見?
2008年12月13日 (土) 17:17 | 編集
 夏に取材と撮影をした本が、やっとこさ発行されました

スーパーカブ50

三樹書房「スーパーカブ50(フィフティー)」


 これ、スーパーカブが発売50周年を向かえたことを記念して出された集大成本なんですよね。
 内容はホンダの開発者に話を聞いたり、カブ好きの方々の話しや、カブで通学する島の子供のことを取り上げたり。


 そんでもって、オレが担当したのが

 「水曜どうでしょう、ベトナム編(笑)」

 水曜どうでしょうの名物ディレクターに、なぜスーパーカブなのか、なぜベトナムなのか、撮影秘話や大泉&ミスターの裏話を聞き、札幌市内某所に秘蔵されているベトナムを走った撮影時使用のスーパーカブを撮影したんっす。

 やっと出たんで紹介しときますけど、第一版は部数少なめなので、欲しい人は上のリンクから直接買うのが良いかも(笑)
 まあ、内容的に充実しているんで増版はされるだろうけどー。

 実はオレもまだ内容は見ていないので、編集部がどんな風に作ったのか楽しみにしております。
 水曜の分のボリュームはどのくらいなのかねー(謎)


30分も掛かっちゃった
2008年12月12日 (金) 12:37 | 編集
 女房の食品買い出しにちょっと付き合ってからO&Kに送ってもらって、タバコ一本吸った頃電話。
 「やっちゃったー、ステップワゴンの鍵をインロックしちゃったよー」
 と。

 緊急出動。

 昔、仕事で身に付けた「インロック開け」の技術を使うため、アレとかコレとかを持って徒歩5分のインロック場所へ。

 ステップワゴンは始めてだったんで、最初は標準の方法でアタックをかけるもなかなか開かない。
 件の場所に接触している感触はあるんだけど開かない。

 んで、ひょっとしたらと思い逆手法を試みると開きそうだってんで頑張った。
 
 5分と思ってたけど、30分も掛かっちゃったよ。

 ちょうど昨夜から札幌は雪。
 寒かったけど、開いて良かった。

 あれ以上時間掛かったら、JAFさん呼んだ方が早かったから(笑)

 「JAFに開けられるものはオレにも開けられる(ベンツ以外)」

 なにしろベンツはJAFの人でも二人に一人くらいしか短時間には開けられないんだってね。
 特に経験を積ませる新人さんが、ベンツオーナーの前で「傷つけるなよ光線」を浴びながら緊張してやるとなかなか開かないそうだ(笑)
 そう言う時は付き添いのベテランがなにげなく開けて処置するらしい。
 
 
 んで、オレの技術は昔取った杵柄といっても、むかし泥棒をしていたわけじゃないよw
 だいいち30分も掛かるんじゃ犯罪能力無いね(笑)
 それに開け方とかは当然ネットでは書けないし、JAFの人も開ける手順は見せてくれない。
 犯罪予防の当然処置ですね。

 ただ、昭和60年くらいまでの日本車はメッチャ簡単に開く。
 平成になってからのは、まあ基本は同じだけど少し開けにくくなった。
 
 もっと開きにくく安全にもできるんだろうけど、インロックの可能性があるからねー。
 イザっていう時には教育を受けた専門家には開けられる余地を残しているんだと思います。
 ベンツとかのディーラーだと「ベンツは外からじゃ絶対開きませんから。ディーラーで合鍵作りますよ」と言われるようだが、前述のようにJAFの高度技術者なら傷一つ付けずに開くんですね。

 年末年始はどういうわけかインロックする人が増えるんだって。
 今回はなんとか開いたけど、インロックには気をつけよう!

ホンダっぽさ
2008年12月07日 (日) 18:36 | 編集
 ふーん。
 そうかあ。

 世界中の自動車会社が困窮する日も近いのかもしれない。

 米国ビッグスリーへの公的資金投入も、金額からすると1月いっぱいまでの延命資金との見方。
 要するに次政権へ対応を先送りした形だそうだ。

 ビッグスリーのうちGMとクライスラー、特にGMは今回の公的資金支援を受けても2月は迎えられないと言われている恐ろしい状況。
 こりゃ失業者も、連鎖倒産も、そして増々の恐慌も進む事態だよね。

 米国で自動車を販売している日本メーカーには本来チャンスだけど、実際問題日本メーカーにも販売不振の波は押し寄せていて安泰とはとても言えない。
 極端なことをいう人は「GMとクライスラーからこの時期クルマを買う人はいない。だって会社が潰れたらサービスとかにも影響出るし。だったら日本車買うんじゃないの?クルマって経年劣化して買い替え需要は確実にあるから、GMとクライスラーから乗り換えて日本車に好影響があるかも」なんていう人いるけどさ(笑)
 そもそも米国民がクルマ買う感じじゃなくなってるムードが問題ですし。

 だから純粋に経営判断として福井さんがF1撤退を決断したのは尊いことだと思う。

 でも。
 それでも。

 それでもオレは自分の意見を書いておきたい。

「ホンダの腰抜け」と。

 そもそも第三期活動全般が腰抜けだったし。
 腰抜けを直そうとあれこれやってたけど、最後まで「さすがはホンダ」って思わせてもらえなかった。
「やるなら徹底的に、勝つなら圧倒的に」という社風がな。はっきり年間通じて見えたことは無かった。

 大人げないほど勝負にこだわるホンダっぽさを見たかった。
 ライバルの力量が見えていたら、数値化し、圧倒する。
 技術が足りなきゃ、どこからでも技術者を集め、人的、金的、総合的に圧倒する。

 「あれはやり過ぎだ」ってライバルに言われてこそのホンダイズムなのに。

 いや、ホンダはそういうことをやってくる軍団だから、早めに“芽を摘む”ということをされたことも事実あったのは分る。
 なにかにつけて新技術を禁止されたり失格されたりね。
 あれで萎えた部分があったなのら、あのときに撤退してくれてたらファンも「らしいなー」と思ったかもしれないけどね(笑)

 だけど「それでも、それを超える」というのがモチベーションだったはずなのに。

 かつてターボ全盛時代に、そのターボが禁止される流れになった時、当時の総監督だった桜井氏が存命だった本田宗一郎氏に「かれこれこういうわけでターボが禁止になるのでまことにつまらなくなります」と相談した時「その禁止ってのはホンダだけなのか?」と聞かれたそうだ。

 桜「いえ、全チームです」
 本「じゃあいいじゃねーか。みんないっしょならホンダが勝てる」と言ったらしい(記憶をもとに書いているので詳細は間違ってると思うけど)

 要するに「みんな一緒のレギュレーションなら、ホンダが勝つのだ」と本田宗一郎は信じて疑わなかったのですよね。


 なんで「オールホンダ社員メンバー」で戦わなかったんだろう?
 最初から不思議だったんだけどさ。
 エンジンにはもともと自信があったホンダ。
 そして栃木研究所には「自分でF1のシャシーをいちから作れる」と自負する環境が90年代後半にはあったって言うんでしょ?

 色々あって、独自参戦にハーベイさんの力を借りて出ようか。
 それとも全て自社で開発しようか。
 以前のようにエンジンサプライヤーとして行こうか。

 そういう3つの選択肢から最悪のパターンを選んだのが間違いだったよね。

 最初の最初、第三期の活動を検討し始めたときのDNAが「完全ホンダでの参戦」だったとしたら、その後は亡霊で戦っていただけなのかも知れません。

 マシンとエンジンとリソースは全てホンダが管理する。
 運送、広報、経理、総務などは英国人と欧州人に委託する。
 エンジニアや監督などのヘッドクオーターは全て(外国人を含む)ホンダ生え抜き。

 そんなのがオレらの夢だった。
 それで負け続けてもファンもホンダも納得ずくだったろう。
 「外人雇え、ロス連れてこい」って言われてもこだわりを感じさせてくれてれば「ホンダらしいな」で済んだ部分も多かったろう。

 チーム買っちゃったから、今は欧州メンバーが多いけど、次第にホンダ生え抜きの「お前F1行って根性鍛え直してこい」って世界中から人が送り込まれて、どんどんホンダっぽくなって行くんだろうなー。なんて想像してたんだけど。
 最後まで欧州レーシングで下から登ってきた人達から離れられなかったね。

 結局最初から最後まで「お前がF1の全責任を負え、100%任せる」って誰かを任命することができなかった、それができない腰抜けだったってことだよなー。

 総監督とか、最高責任者とか、そういう人を作らなかったね。


 さて。
 経営危機にあった頃のフェラーリは、それでも多額の資金の必要なF1への参戦を継続し、ついにはフィアットの傘下に身を投じてしまった過去がある。
 それでもフェラーリはフェラーリだったし、フィアット傘下に入ってもフェラーリのDNAには微塵のブレも感じなかった。

 オレ達は「ホンダはレーシングカンパニーだ」と信じていた。
 レーシングな会社が、いつのまにか変わっていたんですね。

 凄く残念ですし。
 悔しいですし。

 「経営危機に陥っても、F1は続けます。
 だだし方法論は変えて行きます。
 ルノーさんのように、緊縮予算で勝てる方法論を極めます。
 よって英国チームは解散。
 日本チームで最小限の体制で勝ちを狙います。」

 こんなの、ムリだけど、大人のオレには分るけど、でも
 そういうのがホンダっぽさ、なんじゃないのか。


 
 長年接してきた現場のエンジニア達が苦悩し汗かき歓喜する姿。
 思い起こすと悲しくもなるが、株主とか総合経営陣とか、そういうものに影響を受けながらF1を戦う難しさを思い知った。
 「このやり方がベストウエイです」というプランが通らなくなったら、それは官僚社会に似て、戦う軍団ではないのでしょうね。

 あーあ。
 なんかなー。


 ホンダが好きなのではなく、ホンダっぽさが好きでした。
きっこの日記
2008年12月05日 (金) 18:47 | 編集
 いやー、さっそく書いてくれたねー。
 反応早いじゃん(笑)


 きっこ嬢、大量に引用させてもらうよ。
 長文の中から、特に気になった一節です。
 (ぜひきっこの日記に行って全文読んできて下さい、辛辣で的を得てます、流石です)


以下きっこの日記より引用



‥‥そんなワケで、フロッピー麻生のデタラメ政策を受けて、各自動車メーカーが非正規従業員の削減を続けてるけど、ホンダも、昨日、新たに国内工場4ヶ所で来年1月までに490人を削減するって発表したとこだった。だから、今回の「F1撤退」も、いたしかたない判断だろう。逆に言えば、年間に500億円以上も掛かるF1に参戦しつつ、その一方で非正規従業員のクビを切り続けるってのは、あまりにも酷な話だ。だから、非正規従業員も削減するけど、企業としてもできるだけ出費を抑えて、この苦境を乗り越えようって姿勢なワケで、政権与党が何もしてくれない現状としては、最善の道なんだと思う。

で、トヨタの守銭奴、奥田ちゃんは、どうすんのかな?トヨタは、どのメーカーよりも容赦なく非正規従業員を削減し続けてるけど、まさか、このままF1に参戦し続けるなんてことはないよね?F1の歴史を作って来た偉大なるホンダが大英断をしたってのに、トヨタは、どっかのトンデモ幕僚長みたく「そんなの関係ねえ!」って言っちゃって、ぶ厚いツラの皮でF1に参戦し続けちゃうのかな?

ホンダは、最初に270人の非正規従業員の削減を発表して、それでも厳しいからって、追加で490人の削減を発表した。合計で760人だ。だけど、トヨタのほうは、最初から有無を言わさずに2000人を削減し、さらに来年3月までに7600人の削減を発表した。合計で9600人、ホンダの13倍の人数だ。それも、赤字だっていうんなら分かるけど、6000億円もの経常利益を上げておきながら、この大量の削減は、あまりにも酷すぎる。760人の非正規従業員を削減するホンダがF1から撤退するのに、9600人の非正規従業員を削減するトヨタがF1に参戦し続けるとしたら、トヨタは「前代未聞の反社会的な企業」の名を欲しいままにしちゃうことウケアイだ。


引用ここまで


 すげー。
 さすがのオレにもココまでは書けねーw

 人情とか心情とかだと、こんな風に考えちゃう部分あるよねー。
 オレ達は所詮外野だから、気になる。

 そして急転直下ってのが怖いな。

 きっこ嬢はこう書いているけど、トヨタさんだってこのまま最悪の経済状況で新車販売が伸びないと、いつまでもF1に大枚はたいてはいられないと思うよ。
 自動車メーカー各社には「撤退チキンレース」が起きかねないところに、フェラーリ並みにF1へのコミットを「ホンダのDNAだ」とまで言っていたホンダが一番に撤退したのは正直ショックだっただろうしねー。

 でもさ、さすがのバーニーさんとかマックスだって、年明けてから2~3チーム減ったりしたらどうしようもないでしょ?
 20台がマストのF1で、18台になる可能性があるだけでもFOA的に結構ヤバイんだろうけど、それが16とか14とかじゃ話になんないもんね。

 でも直近の中間決算で大幅な減益が報告されたのはどの自動車メーカーも同じ。
 どのメーカーも株主に対して収益悪化を防いでいることを示す「形」を求められる。
 ホンダのいち早い撤退(休止ではなく撤退と断言したところに重みがあるね)表明は、傷の浅いうちに対策した部分と、F1分の予算を攻撃的に使う使途があるんだと思う。

 トヨタやメルセデスやBMWも、今のところは“残る”と表明しているけど、安心はできない。

 だからさ。

 撤退する時には早めに教えてあげてほしいわあ。
 F1を愛するワタクシとしては、プライベートチームが増えるのは歓迎ですけど、準備には時間が掛かるからさ。


こりゃ大変なことになりそうですねー
2008年12月05日 (金) 11:23 | 編集
 ホンダF1撤退のニュースが駆け巡ってますね。

 ボクのところに広報部から以下のようなメールが来たのが今朝の9時。
 朝一で一斉送信で関係多方面に案内したようです。





BCCにて失礼いたします。

 突然でございますが、本日、F1レース活動についての緊急記者会見を下記の通りに開催いたします。
ご多忙の所、誠に恐縮でございますが、ご案内申し上げます。

― 記 ―

日時 2008年12月5日(金) 13:30~14:30

場所 Honda本社 2階 「ホンダホール」
    住所:東京都港区南青山2-1-1

出席者 代表取締役社長 福井威夫
      常務執行役員  大島裕志



 
 外国のメディアが撤退を臭わせる関係者のコメントや、他チームからの情報を報じ始めていたので対応を急いだのかも知れませんね。
 売却先を探していて、その最有力なのが以前スーパーアグリの時にも出てきた投資会社グループのようです。
 中東マネーで買収されて、ホンダはその名前も実態もF1から離れることになるんか。

 
 だいたいにして、今回ホンダが現存ワークス系で一番に撤退を発表した形だけど、他のところだって台所事情は苦しいらしいから、これでF1が収縮していく流れの一端ですよね。
 そう考えると、9月頃からマックスが「経費削減、共通エンジン導入、等々」を押し進めようとしていたのが今の流れの先読みだったことが感じられますね。

 メルセデス、BMW、予算にうるさいいルノー、そしてトヨタなども来年以降の予算を大幅に削減する方向性でしょうし、ひょっとしたらホンダの後を追って撤退もしくは規模縮小があり得ます。

 それだけ北米の恐慌が現実味を帯びているんだな。
 怖いね。
 自動車ビッグスリーへの金融支援がどうなるのか。
 それがもの凄く大きく効いてくるしね。

 ビッグスリーを「一度破綻させるべきだ」という強硬論が通っちゃったら、どの自動車会社もF1どころじゃなくなるんじゃないのか?



 
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。