週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さあ琢磨、そう琢磨、やっぱタッくん
2008年05月26日 (月) 18:59 | 編集
 運動ですね。
 応援します。

 いい結果が出ることを願って。

 ひとつの「素晴らしき、代え難い、才能」を失わないために


thankyou-saf1-01.jpg

↑このロゴでブログやMixiを埋め尽くそうという計画もある。
http://www.kansenzyuku.com/saf1/


応援する気持、それは「いつもそばにいるよ」というハート。
"SIDE BY SIDE FOR TAKU"
http://www.kansenzyuku.com/takuma/


スポンサーサイト
カート三昧
2008年05月20日 (火) 15:11 | 編集
 いんやあー、先週末は我ながら頑張ったぁ~。

 カートのレースがあったんですけどね。
 八面六臂で頑張りましたー。

 金曜日からサーキット入りして準備とテスト走行サポート。
 そんでもって、土曜日は監督兼エンジニア兼新型エンジンの慣らしx2台。
 慣らしして、比較テストして、データ取りして、乗って乗って乗りまくったぁ~。

 日曜日は、我がチームから参戦の3クラスでの全勝を目標に頑張ったぁ~。

 ひとクラスは1.2.3.4フィニッシュで大成功!(Super83クラス)

 もうひとクラスは1.2.3フィニッシュで上出来!(AVANTIクラス)

 そして最後にKTクラスでもと思ったけど残念ながら2.3フィニッシュ!
 ワンがなかったぁ~。
 ちなみに3位がわたくし不肖けんさわでした。(土曜日に乗り過ぎて、体に来ました。ボロボロになりました(幸))
 メンバーに勝って欲しくて後方支援してたんだけど、惜しいところで負けたぁ~。

 その日は競技役員としての仕事もあったし。
 ホント楽しくも忙しい週末だったわあ。

 微力ながら選手のサポートをさせてもらってますけど、頑張ってるのは選手だからねー。
 選手達が良い結果を手にしてくれるとホントに嬉しいっす。


 自分自身のレースを振り返ろうかなー。

 土曜日はチームサポートに徹しながら、新型エンジンの慣らしとテストをガッツリしてたんで、自分のレースの練習はなし。
 土曜夕方からエンジンをシャシーに積んで準備して。
 中古もいいところの01年シャシーだけどKTだからなんとかなんべーって感じで。

 日曜朝はテストしてないながらも妄想で作ったセッティングでフリー走行にコースイン。
 したっけなんとトップタイム!
 1位けんさわ35.056
 2位○○O&K35.105
 3位  35.131
 ってなタイムで「お、行けそうじゃん!?」というモードに。

 でもタイトラはちょっと整備不良があって(カート屋なのにね)
 1位  35.102
 2位○○O&K35.133
 3位けんさわ35.152
 と、悔しい3位‥せめてポールは取りたかった(笑)

 予選はキャブセットを欲かき過ぎてしくって4位に落ちて、挽回して3位。

 決勝は○○O&Kくんのサポート役として3番手走行。
 1~3位がビタビタくっついてのレース展開だったけどねえ。

 残り5周くらいでオレってば集中と体力が終わったわあ。
 土曜に乗り過ぎ(笑)
 でも根性で三番手キープしてフィニッシュしました。

 久々のレースだったけど、やっぱり面白いよねー。
 今年は何戦かでたいよって、また思ったりしてます。

 がんばろー。
関空
2008年05月13日 (火) 18:00 | 編集
20080513180019
頂き物シリーズ2
2008年05月12日 (月) 04:48 | 編集
 現在日曜の23時。
 たくさんいたカメラマンもたいがい帰っっちまって、残っているのはいつもの残業メンツの5~6人になりました。

 もらった写真が幾つかあるので、紹介しつつ行きましょー。




photo by "MAMO"

 木曜日の好例でありますところのコース下見にでました。
 写真は足の短さをひけらかすけんすぁわ。
 まだ元気そうね(笑)

 このコースは歩いてみると意外なほどにアップダウンやアンジュレーションが多いっす。
 映像で見えるものに加えて、コーナー中にも起伏があったりして、なかなか侮れないレイアウトになってます。



HR14616b.jpg
photo by "MAMO"

 名物高速コーナーの8コーナーにて。
 ここもね、進入で登ってから降りて、それからまた少し登って一気に下るってかんじ。
 その間クリッピングポイントが5ヶ所?
 左にずっと曲がっていて横G掛かりっぱなしですからねー。
 
 しかも進入したらあとはスロットル踏みっぱなしで行きたいところ。
 途中少しでも修正が入るとロスタイムを生むんだけど、さすがはF1ドライバー達、なんか難しいコーナーだってことを忘れさせるスムーズさで駆け下りて行きます。





HR14573b.jpg
photo by "MAMO"

 そんでもってパドックに。

 話題は「SAF1の空いたガレージ」ッスよ。
 見に行こう、見に行こう!

 白いホンダのトランスポーターと、黒っぽいフォースインディアの間がSAF1なんだけど。
 もう空きスペースにトランポ並んでるし・・・の状態でしたねえ。




HR14579b.jpg
photo by "MAMO"

 水曜時点では空いていたガレージも、開けておくのはかっちょわるいからでしょうか?それとも両隣のチームからのリクエストでしょうか? 木曜の朝には使用済み状態に・・・・。

 けんちゃんとしては、朝ココが空いている写真を撮りたかったんだけどぉー、水曜日に下見した時は空いていたのに~、空いてる写真が撮れなくてガカーリショボーンな状態でした。




184R1743b.jpg
photo by Hiroshi K

 ルーベンスの275レース記念フォトセッション直前に、N本さんと談笑してたっけフォトセッションの場所取りしてたカメラマン数人からお写真頂きました。
 その中から二枚。

 「おー、けんちゃん久しぶりー」って、ガレージから出てきてくれて、いろいろ話し聞けかせてくれました。
 




184R1735b.jpg
photo by Hiroaki M

 なんか、昨年までよりも明らかに仕事しやすい環境になったと、表情からも伺えましたねえ。
 「このクルマの空力チームが実働し始めたのは昨年の9月とか。普通の開発だと6月からなんでちょっと遅れてますねえ。ロスが加わって、計画も進めやすくなってますけど、実際の現状は開幕時に到達しているべき性能レベルです。でも見てて下さい、イギリスにはそういうタイムラグのないパッケージを投入しますから」と。




ZR0F3650b.jpg
photo by Kuramochi S

 ホテルのレストランにて。
 今回合流している倉持カメラマンがみんなのポートレートを撮ってくれました。
 



 どうでもいいけど、老けましたなあ。



日曜の仕事を終えて
2008年05月12日 (月) 04:01 | 編集
 久しぶりの現場だったんで、オレ的にはかなり気合い入れてトルコに入ったんですけど、意外なほどカメラマン軍団が冷めてて驚いたわあ。
 年間フル取材の人達にとって、ここトルコは「最低最悪サーキット」なのよねえ。
 金網に穴がなくて撮れない、撮れるところも遠い、アングル変化が付けにくい、近くで寄れるポイントは数少ない。
 そんな苦しいサーキットだから、ピットに行く回数を増やした人が多かったし、コースを回るシャトルバスに乗っていても驚くほどコースに出ているカメラマンが少ない。

 でもね、オレってば初めてこのコースに来た時の印象で「確かに撮影難易度の高いサーキットだけど、8コーナーのおかげで面白いし、バトルモードに入ったら凄いレースになるからいいや」って思ってたんです。

 初年度のレースはGP2もF1も、ラインの攻防や抜きつ抜かれつの展開があったのを覚えていたからです。

 でも今年はちょっと裏切られたかなあー。
 バトルモードを期待して、抜きどころであるバックストレートエンドに陣取って、あの場所での攻防はほとんど見ることができたけどさ。

 F1はご存知の展開でしたねー。
 見所も多かったし、楽しめたけどなんか物足りなかった。
 GP2はですね、小林選手は良く順位を上げましたが、ほぼパレードでした。

 ちょっとガカーリ。
 心に空いた「SAF1のない空虚さ」を埋めてくれるレースじゃなかったかもね。
 一貴選手もあっという間にいなくなっちゃったしさあ。

 まあ長年F1見てりゃあ、こういうレースがF1だって脳みそでは理解してるけど、本能的に困っちゃった。

 そんな中、ハミルトンがマッサを燃料が軽いとはいえバッコリ抜いたシーンはカッコ良かったっす。
 左フロントからスモーク上げるギリギリブレーキングで決めたもんね。

 もっとも大人のレースをしていたマッサは、バッコリ差してきたハミルトンにきちんとラインを開けて(開け過ぎっつーくらい(笑))ステラテジーの違いを考えたレースしてたよね。

 トップグループがパレード化していたレースで、軽いタンクで「絶対ココで前に出ておかないと作戦が台無しに」という局面で、仕事したハミルトン。
 いいもん見させてもらいました。

 だってさあ、下位争い見てても、ホントに抜くの大変そうだったから。

 でもさあ、あのコースレイアウトでも抜き難いってのは、やっぱりレギュレーションにも問題あるんかねえ。
うーん
2008年05月10日 (土) 19:27 | 編集
大筋は、日本での囲み取材での発言通りで意外なものはなかった。

参考資料=日本での囲み取材(F1キンダーガーデン)
( 『大島本田技研担当役員に聞く』1~4を参照のこと)

でも驚いたのは、O島氏自らもSAF1に向けたスポンサー活動を行い、幾つかの企業にはO島氏も出向いて交渉を行っていたという事実が語られたことです。
そこまでしてくれてたんだ、と、驚いた。

刀折れ矢尽きる状態になったSAF1を、それでも支えようと関係諸氏が頑張ったんですね。

「結局のところ、自立するに足るスポンサーが獲得できなかった。それが全てとも言える。僕もスポンサーに出向いて直接話をさせてもらったこともありましたが、日本企業にとってはF1は出資金額に見合うとは評価されていない。特に欧州での効果を考えた時に、金額が大きすぎるのでしょう」


・・・‥‥無念

土曜の朝っす
2008年05月10日 (土) 12:51 | 編集
昨夜はT社の広報さんとイスタンブールには珍しい日本食へ。
いやあ、感謝感激、ちょうど胃袋が欲していた日本食でした。
野菜炒めが特に秀逸で、メシお代わりして腹一杯(笑)

23時過ぎに帰巣して、今朝は6時起き。
今日も外は快晴で、放射冷却か寒い朝。

7時出発。
さてさて、今日1日やいかに。

H社O島さんの話を直接聞けるのは楽しみですね。
取材敢行中っす
2008年05月09日 (金) 21:48 | 編集
RIMG0006_2.jpg
photo by Hirao "Hey" Nishiyama

 トルコです。
 イスタンブールのシンボルである寺院をバックに、おじさん達は元気そうにしてみた(笑)

 今朝はこのように晴天でござんしたが、昼頃から寒くて雨で曇って最悪・・・


08-05TR0001kaneko.jpg
Photo by Hiroshi Kaneko

 レッドブルでのケータリングには,トルコ名物の「ケバブ料理」が!!
 炭火で焼く方式って始めて見たかも。
 美味そうなんですけど,時間の関係で食べられなかったぁー。

 んで、宿泊中は毎夕食がこういうケバブ系になるのがトルコです。
 毎日でも食べられるけどぉー,さすがに毎日だと食傷気味になるのも事実。
 1回くらい,軽い食事に行きたいけどなあぁー。

 っつーわけで、もらった写真でやってみた。


みんなぁ
2008年05月09日 (金) 18:36 | 編集
来訪数もコメントも多くてうれすぃ~っ(笑)

コメントにはタイトル付けてね。
お願い。
←ヨコ見れば分るけど,タイトルなしはなぁー、




 あっち方面や,こっち方面から聞けた。
 立場が変われば事実や意見も変わるってことが良くわかった。

 来年の鈴鹿を盛り上げよう企画や,5カ年計画が頓挫して悔しがっている人もいるの。
 現場って,そうやって未来を描きながら活動しているしね。
 だからこっちに来てみたら,そういう現場の人々のガッカリを慰めてたりして。

 A級戦犯というのは特定のなにか、ではないのかなあ。
 亜久里が「ほとぼり冷めたら全部言う」ってね。
 「こんちくしょー、と思うこともある」らしいけどさ。

 提携先が急に態度を改めて,数行の手紙で交渉終了。
 ↑ココんところがいちばんの問題点だけど、複合要因が絡まって絡まって絡まりまくってますなあ。

 もちと、周辺事情も聞いてきます。





午前中
2008年05月08日 (木) 17:48 | 編集
木曜の朝9時半にサーキットイン!

なんか、現場の雰囲気は「しかたないんじゃないの?」に集約されてる。
それもそうか、みな状況は見てきていたからねー。

乗れるさ,乗せるでしょ,乗るよ,と、いう人が多くてそれも驚き。
売れたチームでそのまま乗る,という強硬論まであったけどそれはないよね。

乗せるだろうけど,乗るってことは降りる人もいるわけで。
乗せ方が問題ですかねえ(謎)

いえ、初日午前中の聞き込みによる,単なる噂の固まりです。


※このサイトは個人ページです。
 掲載されている記事の信憑性にはまったく保障はありませんのであしからず。

パドック散策
2008年05月08日 (木) 11:47 | 編集
水曜の朝にイスタンブールに到着。
エラい渋滞や,多少道に迷ったりしながらホテルに着いて,食事してからサーキットに向かってみた。

ここトルコは欧州とアジアのゲートウエイ。
でも明らかに欧州とは異質っす。

水曜のパドックも,全く閑散としていて盛り上がりに欠ける。
明日,木曜日からだね。

若干の撮影を行い,早めに退散。

SAF1関係のものは、サーキット周辺では全く見かけなかった。
寂しいね。
ピットのガレージ上に張られるドライバー名と写真のボードが剥がされていた。


経由地ドバイで一服
2008年05月07日 (水) 08:29 | 編集
 現在時刻,日本時間午前8時25分。

 千歳で最初のに乗ってから19時間経過。
 あとひとフライト,ドバイ→イスタンブールで到着だ。
 約24時間の行程。南回り、遠いね。

 おJALが直行便止めちゃったからねー。

 昨日の記者会見は,なんとか内容を知ってから飛行機に乗れました。
 想像通りでしたねー。
 聞いていた中で,いちばん最悪の方向だった。

 残念至極。

関西空港閑散
2008年05月06日 (火) 16:38 | 編集
20080506163823


だよなあ。
我が友よ、お疲れ。
タイトルなし
2008年05月06日 (火) 12:51 | 編集
20080506125141
行動開始
2008年05月06日 (火) 10:24 | 編集
20080506102427
バス待ち


さまざまな期待を感じつつ、ターキーへ進行開始致しました。

千歳→関西→シンガポール→ドバイ→イスタンブール、という行程で水曜日の朝に現地入り。

関西発は16時55分。
知ってから乗るのか、降りてから知るのか。
忙しさピーク
2008年05月03日 (土) 06:28 | 編集
20080503062834
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。