週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公子すげー
2008年04月30日 (水) 20:24 | 編集
伊達さん、凄いよ。
カムバックも凄いけど、なにしろ試合中に相手に合わせて勝ちに行くタクティクスが凄いよ。

ワンセット,必ず相手に与えてるけど,それも彼女らしいというか、凄いというか。

年齢とか,キャリアとか,空白期間とか,さまざまな要素をはねのけろ!!

そして現役!
現役に活を入れたい、影響を与えたいという彼女の考えもわかるわ。

頑張れ,現役!
素晴らしき伊達選手を止めてみい!!!(笑)
スポンサーサイト
更新情報
2008年04月25日 (金) 15:02 | 編集
リンクに間もなく復刊を遂げる『プレイドライブ』の編集部ブログを追加しました。
暖かすぎ_| ̄|○
2008年04月22日 (火) 16:20 | 編集
 温暖化を実感するなぁ~。
 やばいくらい暖かいっす。

 昨日が25℃で今日が23℃ってさあ、北海道では下手すると7月の気候です。
 暖かいんだからいいけどさあ、問題はこれ原因が地球温暖化(地球破滅化現象)だからなあ。

 そもそもですね、今年の冬はまあまあの冬だったんですよ。
 それほど冷え込む日も少なく,けっこう雪は降って例年並みの降雪量でしたから。
 北海道経済は「冬は冬らしく,夏は夏らしく」という基準で回っているんっす。

 だから雪がちゃんと降った今年の冬はまあまあでした。

 ところが、2月末にまとまった降雪があって大雪かなあ?なんて思ってたっけ,3月になったとたんにあっという間の早業で融けましてね、その雪融けの速さが恐ろしいほどだったんだけどさあ。

 北海道って,春になっても山とかに残った雪の影響で風が冷たくて,4月でも寒い日が続くのがあたりまえなんです。
 それが今年は3月の雪融けの早さが圧倒的でもって、4月になったら暖かすぎ状態です。

 観測史上最も早い「桜の開花宣言」が出されましたし。
 驚くような暖かさです。

 なんか映画や学説や風説の予想を遥かに超える勢いで地球の破滅が進んでるんじゃないの?
 
 それにしても、昨日の25℃には驚いた。
青天の霹靂
2008年04月22日 (火) 10:06 | 編集
だったらしい。マジで。

タイムリミットを見据えながら書類を揃えて、
揃ったらあとはサインするだけという状態だったんだから。

現場はさぞかし右往左往だったでありましょう。
そしてその混乱は今でも続いているんだろなあ。

あんまり詳しいことは解らなかったです。
というか、当事者達すらも「なにがどうなってるんだか」という状態なんでしょうね。

でも続ける意思は強くあるので、前向きに善処中。

ありゃりゃ(泣)
2008年04月17日 (木) 17:25 | 編集
 ハシゴ外されちゃったか。

 まずいじゃん。

 ただでさえ現金不足だったのに。
 
 やばいじゃん。

 日本サイドとは完全に資金面別だから、国内活動には支障ない。

 でも重大問題だなあ。

 書類揃えてサインするだけ、というタイミングかあ。
 なんかなー。裏あるのかなーって勘ぐりたくなりますよ。(←調査中)

KARTがやっと開幕だす
2008年04月13日 (日) 19:47 | 編集
4月13日日曜日、待ちに待った08シーズン開幕戦!!
新千歳モーターランドに集結した精鋭達は、朝からレースに備えレッドブルでブルってみた(笑)

20080413194731


711のメンバーさんが差し入れしてくれたのでした。
効くよお、欧米バージョンよりはパワーダウンされていると聞きますが、効きます。
栄養補助ドリンクよりも多いし、缶入りで275円だと高く感じる人もいるかも知れないけどね。

5回連続で雨のレースだった千歳戦ですけど、久しぶりに晴れのレースでメッチャ白熱して素晴らしい1日でした。
スリップが効きまくるので抜かれても抜き返せるし、抜いても安心できないし、決勝最終ラップまで緊迫が続く高レースの続出に大満足でした。

O&Kは出走3クラス中2クラスで優勝&上位独占。
嬉しい結果でしたわあ。

でも疲れた。
今日は腰痛いし(笑)

自分のことってば
2008年04月10日 (木) 20:50 | 編集
あなたは自分の操縦、得意ですか?

オレという人と一番長く付き合っている自分自身。
自分の考えることも、ミスするポイントも、得意なことも、何もかも世界で一番解っているのが自分自身じゃないですか。

でもその自分の操縦って、難しくね?

誰でも自分の中にもう一人(複数の人も多い)の自分がいて、あれこれアドバイスしてくれたり、注文付けたり、文句いったりしてるらしいですね。
(他人の心は垣間みれないけどさー(笑))

僕の中にも、僕のことを良く知っているオレがいます。
別に多重人格ってわけじゃないんだけど、普通にいる。

で、ですね(笑)
その自分と、もう一人の自分が葛藤するでしょ?するよね??しない???

もうね、オレの場合はたいてい心の自分がですね、実世界の自分をですね「おまえだめだなー、あれこれ反省しなさい!!!!」って叱るんですよ。
でも、実世界の自分ってば、その心の自分のいうことを全然聞かない(笑)

長年連れ添った自分自身の弱いところを、自分は良く知っているので叱咤しても無駄ダベなーなんて反面思ってるからまた良くないんだよね。
どうせオレなんか、オレがいくら言ってもだめさー、って自分のことだから良くわかってる(笑)

机の上に乗っているものの横を通る時に、落とさないように気をつけないとねー、なんて思ってるのに落とす(笑)。
それも気をつけている側じゃない反対側のもっと被害の大きい小物が一敗入っている箱を逆さまに落とす。

「押す」か「引く」か二者択一のドアーを、長年使ってて引くか押すか知ってるのに急いでると必ず逆にやっちゃう。
この二者択一って、オレの中では得意中の得意で、数学上は50%の確率のはずなのに反対に操作することが80%以上だもんね(笑)

そんな時「人生はプラマイゼロ。こういう小さなことに幸運を使わなければ、きっと大きな幸運が巡って来るのだ」とかって自分に言い聞かせているけど、押すドアを引いたくらいの小さなことが巡って幸運が来たところで小さいんだろーねー。

んでもって自分の操縦は難しいっす。
タバコ止めたい気持もないことはないと言えなくもないんだけど、止めたい気持はどのくらいなの?って自問自答するって-と煮え切らないもんね。

タバコの値段を欧米並みに一箱2000円とかにしてくれたら良いんだけど、それでも止めなさそうだから値上げ反対!とか考えたりして。

自分操縦術。
自分のコントロール能力を高めるにはどうしたら良いんでしょうねえ?

今日はこのくらいで酒飲むの止めますかって思ったら止められるとか。
大盛りはもったいないから普通盛りで我慢するとか。
昨日酔っぱらって来たままのTシャツを、朝起きたらキチンと絶対に着替えるとか。

日常のなにげないことで、自分が操縦できないっす~~~~~。

ドライビングでもそう。
「今のやり方はダメやな。ちょっと突っ込み過ぎたから次のラップはああしてこうして・・・」って考えて乗るんだけどさ。
1個のコーナーでたったのコンマ05秒の損失でも、コーナーが6個あればコンマ3秒の差となって現れるから、そのあたりヒジョーに気をつけてドライビングに集中するんだけどさ、なかなか最近は「バリッと一発」決められなくなって来ちゃった。

自分の精神面をコーントロールすることができなくて、なにがカートの操縦だ!って思うんだけど、なかなかねー、まず自分の操縦がねー、難しいんだわあ。


結構暖かくなって来た札幌!
2008年04月08日 (火) 16:28 | 編集
3月は暖かな日が多かったんだけど、4月に入ってからちょっと寒かった。
でも今週から「なんか匂いが」変わった気がする。
今日は風は強いけど、暖かな風が吹いている印象。
やっと春ですわ。

さて、
前回の続き的な内容なんですけど、
じゃあ「かわいそう」って思わないのかって言えば、様々なシチュエーションでそう思います。
思う時があるとしたら、本人も周囲も環境も「やってみたいことにチャレンジできる」のに、なにかがスポイルしてできないとき。
「ああ、そのままじゃかわいそうだ、やらせてあげたいなー」って思う。
出来るかどうかも分らない、いや、きっと出来ないだろう、でもチャレンジできるといいのにって。

右京とも呑む度にそういう話しが出るんだけど。
エベレスト(チョモランマ)なんて、別に登らなくたっていいわけで。
そこに到達するために、常人の常識を超えた努力と、お金と、環境と、協力が必要で、たいてい諦める。
でも諦めずに「行くんだ」ってなぜか彼は決めていて、そこに邁進する。
準備万端で山に行っても、天候不順なんかで登れなかったりすると「ありゃりゃ、かわいそうに、せっかく行ったのに。でもお天道様にゃー逆らえませんわな」って思う。

仲間の障がい者カート選手達もそう。
頸椎損傷とかだと「入院時はまず、自発呼吸が難しかった。寝返りなんて退院してからもしばらく難しかった。なにしろ首から下全ての機能が失われているから不自由なんてもんじゃない。何かしようにも何も出来ない。」という状態から、自分で車イスを動かせるようになるところまで改善するだけでも凄いことらしい。

実際、患者の中には同じような障害程度なのに、自立して何も出来ないような状態の人も多いらしい。
特に高齢になってから障害を負うと、復帰には時間がかかるし、復帰できたとしても若い人には及ばないことが多い。
若い人であっても、自分がその気にならないと先に進まないことが多いらしい。

もっとも頸椎損傷は重たい障害だ。
自分が望んだからと言って、望んだように改善するこわけではない。
歩行困難はもちろん、握力がまったくない、腹筋背筋もないからまっすぐ起きてもいられない、人によっては自発呼吸の限度が低く少しの運動で酸欠気味になったり、体温調節が巧くできなくて運動すると体が煮えて体温が上昇してしまったり。

あまりにも何も出来ないので、事実を知った多くの人が「こんなんじゃ生きてても意味ないじゃん、死んだ方がマシだ」と思い詰めるらしいけど、死ぬことすら出来ない。

運動するなんてもってのほか、というような状況だ。
いや、ほんの数十年前までは「そういった患者に運動させるなんて反社会的行為だ」とまで言う人もいたようだ。

でもすげえ頑張って、少しずつ障害を克服して、自分に出来ることを増やして、
スーパー障がい者の人達は、そんな人々のなかでも特に運動能力の復旧が目覚ましかった人達で、全体の同様レベル障がい者のなかでも突出した人々だ。
誰にでも出来ることじゃないことをやり遂げた人を「すげえー」と率直に思う。

車イスを動かせるだけでも凄いのに、レーシングカートに乗りたいと言う。
乗ってみたいと言う。
でも「なにかあったらどうするんだ」「他のカーターに迷惑になるのではないか」「だいいち危ないだろう、障害を負っているのになんでまた危ないことするんだ」と反対意見のシュプレヒコール。

駆け込み寺みたいにしてオレに相談に来た人は全員「とにかくじゃあ、乗ってみましょっか?」って乗せてしまう。
頸椎損傷で、両足が動かなくて、握力がほぼゼロの人もいた。
ステアリング操作もママならないのに、普通に考えたらカートなんて乗れるわけないじゃん。

でも乗ってもらっちゃう。
仲間達とないアタマを捻って、アイディアの固まりの装置を作ってしまう。

オレの得意分野だからこそ手伝えるのだから。
逆に言えば、オレにもそうやって「やってみたい」と思っている人全てに「何かをすることができる」わけじゃない。

偽善結構。
でもオレに手伝える部分があるっぽい時はやるよ。
オレにとっても「こりゃ難しいかな?」って思いつつのチャレンジだもん。

自発呼吸も、話すことも、立つこともできない障がいの人も、もしかしたら明日は今日出来なかったことができるかもしれない。
まばたきが出来なかったけど、明日はできるかもしれない。
自発呼吸はできないけど、人工呼吸器を1分外すことにチャレンジしたくなるかも知れない。
本人の中ではきっと、なにか小さなことでも「適った時」に勇気づけられているはず。
周囲の関係者は本人が心配だから無理させないケースも考えられるけど、上記のケースのようなことも“まれに”ある。
だから勇気づけられる。
オレ達、健常だって出来ないことだらけだから。
そうやって頑張ってる人を見ると無条件に勇気づけられる。

仲間の障がい者のコは、まだ自発呼吸が無理と医者に言われている状況で「でもやってみたい」と呼吸器を外し、貧血(だっけ?)起こして病院のベッドで死にそうになったらしいから危ないけど。
でもそういう挑戦って、右京じゃないけど「自分がやりたいんだから」という一存に、他人は口出しできないと思うんだー。

ちいさくてもいい。
誰にも分らなくても良い。
自分がチャレンジする。
そういう姿が、とても美しく見えて、応援したくなるんです。

そういう「応援する」気持のマックス最大に燃え上がるのが、下記の全盲ランナーとか、頸椎損傷のカーターとか、あと全盲のスキー選手もスゴいよね、挙げたらキリがないスゴいヤツら。ありえない。

ホントマジ、頑張ってる人々。
素晴らしいわ。


全然話し変わるけど、
オレ、国際状況には詳しくないから知ったかぶり書けないけど、
「ミャンマー、中国、オリンピック、聖火、妨害、デモ、アピール、命がけ、」
世界の人々、凄いと思った。
 組織に属さないような、一般の市民も多数アレに参加していたと聞いて・・・・





なんかうまく書けないや


かわいそうX、頑張ってるね○!
2008年04月05日 (土) 12:45 | 編集
全盲のランナーの特集番組を見ていて「かわいそう、見えないじゃたいへんだろうなー」とか思わず言っちゃったり思っちゃったりしてませんか?
それ、オレ的にダメなのよねー。

押し付けがましいけど「頑張ってるねー、スゴいねー」でありたい。

身体障がい者の人が、常人の常識を遥かに超える活動をしているのを、応援する気持。
これ、大切にしてます。

オレ的には「やるんならやろーよ」の精神っす。
きっと本人は、やれ危ないだの、やれ止めとけだの、やれどうせ出来っこないだの、外野の声を押しのけて活動するんだから。それだけでも凄いんだから。

かわいそうっていう気持、少しもないもんね。
本人が挑戦する気持をもって前に進むことを“かわいそう”なんて思えない。
頑張ってるね。
凄いね。

応援する気持・・・・、いつも大切にしています。

萌ぇ~って(笑)
2008年04月03日 (木) 13:11 | 編集
 マニアって好きです。
 んまあ、多くの場合自分とは相容れないけどさ。

 工場の夜間照明フェチにも、鉄ちゃんにも、多くの「なんかのマニア」の気持はわかるもんね。

 だってオレが昨日萌えたのは

 「Fポンのシフト操作、ギアボックスアップ編」

 だもんね(笑)

 鈴鹿のメインストレートからの加速に始まりますなあ。

 1コーナー突っ込みの感じから、2で下げて、って、聞いてるだけでも楽しいっす。
 そんでもって、S字区間、いいねえー。
 特にいいのは逆バンクからダンロップの出口。
 スロットル開けたいけど開けられない、パーシャルで格闘する感じがいいっす。(萌)

 
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。