週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新デザインどーよ
2007年02月27日 (火) 10:42 | 編集
 昨日発表された「HONDA RACING F1 TEAM RA107」のカラーリング、どうっす?
 カッコいいとか、ワルいとか、好きとか、嫌いとか、そうねえ、意見別れるわなあこれだと。



地球環境へのコミットを込めたらしい(C)HONDA RACING F1 TEAM

 まあ、単刀直入というかなんというか、企画段階で「地球環境問題へのアピールをイメージできるデザインなんかどうだ?」とコンセプトが決まったとして、それを具現化する段階で何とかならななかったものか?という疑問は感じる部分もあるかもね。

 でさ、早速本家のHP行ってさあ、詳しい写真も見たですよ。

 ギャラリーがあるんでそこであれこれ見ましたよ。
 あれって、イメージ的に世界地図なのかと思ってたら、ホントに地図を具象化して貼付けてあんのね。
 で、よく見て行くと、ファクトリーのある英国がコックピットの目の前にしてあって「ああ、英国の位置を中心にデザイン貼付けたんだ」と判る。
 するとやっぱり気になるのが「じゃあさ、日本の位置はどこなのか?」ってことになるじゃんか。

 そんでもって探したですよ、日本の位置を。
 するってーと、左側から撮影したものにオーストラリアが見えた。サイドポンツーン下部ですな。
 ってーことは、そこが太平洋なんだから、その上の方に日本があるはずなんだけど、どう探してもよく見えない。

 よく見えねーんだよおおおおおお。

 カムチャッカ半島とかさ、中国とかヒマラヤ辺りはわかるんだけどさあ。アジア諸国の感じもわかるんだけどさあ、日本はどうやらちょうどサイドフィンの陰になってるらしいのよ。

 寂しいなあー。
 ってか、広報写真に日本の図柄入れてくれないんだあ、ねえ。

 そうっすか。
 
 まあ、それにしても「不都合な真実」ファンのオレとしては、まあ、「ホンダさんは大切なことをF1でアピールしたいのね」と感心しましたけど。

 でもね、ウラネタ的にはですね、100億といわれるメインスポンサーに名乗りを上げてくれる大型スポンサーがいなかったんで、苦肉の策でこういうデザインになった、とも聞いております。
 あと「一切スポンサーロゴなく」って聞いてた割に、ブリヂストンのロゴだけは残ってて、ちょっと意外。デザインが決まる前に交わした契約が生きちゃっているんだろうけど。

 それにしても「地球環境問題をイメージさせるデザイン」を考えた時に、世界地図を貼付ける他なかったかなあ?なかった?の?
スポンサーサイト
エバンゲリオん?
2007年02月26日 (月) 13:04 | 編集
 昨年暮れくらいから左手の手首甲側に発生した「ガングリオン」が、大きさがいっぱいいっぱいで「満タンのキツキツで張りつめて」痛みが出てきた。
 メンバーさん(看護士)にもガングリ経験者がいたので、少し情報を聞いたりしていたんだけどほっといても大丈夫とはいえ痛いと嫌なので病院に行くことに。


良性腫瘍「ガングリオン」
 行く前に患者情報などをネットで収集「教えてgooo ガングリオン」などを見ていると「再発率高し」「やっぱり放っておいても大丈夫」「どうしても気になる時には手術も可能」ということがわかった。

 でもなあ、腫れてるのがみっともないし。
 やっぱ病院に行こう!
 っつーわけで、近所の整形外科へ行ってきた。

 その病院は息子が骨折した時にも世話になった新しい開業医のところで、今日も大繁盛。待ち合いいすが足りないほど患者がいたけどリハビリの人が多かったらしく診療をすぐに受けることが出来た。

 問診の後、レントゲンを二枚撮って再診察。
 「ガングリオンのようですので、内部を採取します」
 んで、消毒して太めの注射をブスリ。あんまり痛くはない。
 ちょっと内部の液を引くと薄黄色い透明の液が注射器に入った。
 「ああ、ガングリオンですね、全部抜いちゃいますから」と一気に抜いてくれた。
 「これ、何だと思います?」と注射に入った液体を指したんで
 「あ、油とかですか?」と聞くと、
 「軟骨だとか、油だという風評がありますが、これは骨液といます」
 って教えてくれた。
 関節内部で潤滑油や衝撃吸収剤の仕事をしている液体なんだって。
 
 けっこうツヤツヤしてて透明で薄黄色でドローッとしてた。
 「えー、発症から数ヶ月ということでゆるいゼリー状ですね。もっと時間が経つと歯磨き粉くらい固くなることもあるんです」とか。

 その後ドクターの説明。
 「今日は骨液(中の液体ね)を抜きましたが、おおもとがあるのでまた脹れるかもしれません。」
 「放っておいても体に害はありませんので、ご心配なく」
 「どうしても困る場合は手術しますが、術後の再発率が30%あるので、まあ心配なさらずにこのまま様子を見ましょう」とのこと。


20070226124348.jpg
サッパリしたわん。いい感じ風?

 初診料込みで1,860円を支払って家路へ。
 
 「手首を酷使する仕事の方がなるケースが多く、若い女性や子供に多い症状です」とのこと。

  若い女性か子供ねえ(笑)

 そんでもって「殆どの慢性の方が。手首の酷使を止めることで再発しなくなります。仕事を変えたり配置を換えたりするのが確実です」
 って言われたんだけど、オレは手首酷使してんの?かなあ?

 まあ、カートを整備していて「手首がぎっくり」なんてことはまあ、珍しくないけど、1日に5万回とか酷使することはないけど。
 ちなみに、男性で発症する仕事のナンバーワンは大工さんとか工事現場関係のお仕事の人で、二三回骨液を抜くと、あとは発症してもほっとく人が殆どなんだって。

 そっかあ、そっかあ。


 ちなみに、検索している過程でその名も「ガングリオン」というロック?バンドがあることも判明。
 そのHPに行っちゃったんで、オレってば36594人目のガングリスト(笑)になっちまったっていう今日この頃だわさ。
見てみたいよお
2007年02月25日 (日) 17:19 | 編集
 イタリアのレーシングカート専門誌「VROOM」2月号に、昨年F1を引退した「皇帝ミハエル・シューマッハ」の近影が載ってますね。
 著作権問題があるんで、ほんとはこういう写真載せたくないんだけど、外誌で「ちょっと書店でチェックしといて」ってわけいかないんで、リンク張りつつ(HPにはMSの絵はないが)紹介しときます。

20070225162402
引退後も走行を続けているのがいいね

 シューマッハはレーシングカートでモータースポーツの世界に入ったわけだけど、順調にステップアップしてF1まで上り詰めた後もカートにコミットし続けてるんで感心しちゃうのよね。

 なんせフェラーリで自身三度目のF1世界チャンピオンになった後に、ヤングドライバー達に混じってカートの世界選手権にゲストではなく一人の選手として出場したりしてるんですから。現役のF1の世界チャンピオンがですよ、レーシングカートの世界選手権に出場ですよ!あの時は驚いたのなんの。「そこまでカート好きか?! そこまでカートを認めるか!!」って感動すらしたもんね。

 だってカートの世界選手権ていうのはさあ、メーカーのワークスドライバーは別にして「まだフォーミュラに乗ったことも、年齢的に乗ることもできない」ヤングドライバーが殆どですよ。しかもプロの誰に聞いても「カートはやっぱり現役カートドライバーが速いです。体力的に他のレ-スよりもきついし、判断力もより瞬間的なものを求められますから」と言わしめる乗り物ですよ。そこに「負けたら何を言われるか判らない現役F1チャンピオン」があえて出場したんだもんね。あんときゃー惚れ直したもん。

 その時は圧倒的な速さを見せたりしつつも、展開と天候に恵まれず優勝は逃したんだけど。でも雨の決勝では「シューマッハのオーバーテイクショー」とも言うべき「抜いて抜いて抜きまくる」レースだったらしくてさ、自分的に「見てみたかった度」激烈な記憶。
 確か1998年くらいに写真の「TONY KART」というカートメーカーに資本参加しているはずで、それとてカート界にコミットしている証拠だったし。

 今回は「自身のオフシーズントレーニングとTONY KARTのインプレッション、新型エンジンの評価、開発的アドバイスを求められて」のテスト走行だったらしい。
 んで、欧州のメディアは「シューマッハ、F1引退後はレーシングカートのレースに復帰か?」って騒いじゃうわけで。そしてそれがホントにあり得そうなところがまたシューマッハだよね。


新型カメラ
2007年02月23日 (金) 16:02 | 編集
メンバーのるるるさんに教えてもらってキヤノンのHPへ。
「おおーっ、出てますなあ」
最新型のデジタルカメラ登場ですわ。


canon EOS-1D Mark III 極めつけ?

これはいいかもねえ。
mark II N が820万画素で出たときに、あまり興味なかったのさ。
今使っているのは普通のMark IIなんだけど。

こんどのはいいなあ。
1010万画素ってのはまあどうでもいいんだけど、オレ的には。
データも重くなるし、処理にも時間掛かるからさあ、疲れるから、処理待ってるの。
それにバックアップ取るのも大変だし。
HDなんぼあればいいんじゃ?って感じだし。

でもいい。
これって秒撮影枚数10枚でしょ?
ここがいいね。
どんな撮影設定でも1秒間に10枚撮れるって言うのは凄いです。

しかもカメラのバッファがもの凄いのが積んであって、ドンドン撮れる、ガンガン撮れる。
連続110枚撮れる。つまり11秒。これって凄すぎる。

今までのカメラの弱点だった連続枚数と秒間枚数を圧倒的な性能で一気に超えてきたねえ。

F1の写真を撮っているものとしてはですね、例えばスタートの写真。
スタートして1コーナーに飛び込んでくるまでに5~10秒くらい掛かるのよ。
その間調子に乗ってシャッタを押していると、肝心の1コーナーあたりでのアクシデントを撮ろうと思った頃にはバッファがいっぱいでシャッター降りない写真撮れないカメラ持ってるただの人状態??なんてことが今までは困ったことだったんです。

例えば表彰台。
決定的瞬間を狙うと、結構シャッター切っちゃうんで、ふっと気がつくとバッファがいっぱい。
ありゃりゃ、抱き合ってるシーンが撮れないよお!!!
なんてこともあったんだよね。

フィルム時代の枚数ってのは36枚で「さんじゅーろく!」って頭に入ってたから巧くペース配分したもんだけど、バッファの場合は撮影ペースによって変わるんで把握するのに慣れが必要なんよ。まあ、ファインダーの中には残枚数出てるんだけどね。

だからプロは常にバッファの状態を把握しながら撮影することが求められていたんだけど、これなら撮れるわ。
内蔵HDの容量一杯まで「撮って撮って撮りまくれ!」だわ。

そういう意味でEOS-1Ds mark II(略してDs)には興味がなかった。
だってキヤノンの最高峰カメラで1670万画素を誇るのはいいんだけど、秒間撮影枚数がたったの4.5コマ。
しかもバッファがすぐいっぱいになっちゃうという「画素数お化け」なんだもん。
オレの横で撮影しているDsのカメラマンがシャッター切れないのとか何度も見てるし、そういうカメラマンは泣いてるし(笑)

チャンスに強いカメラマンを標榜しているオレとしてはそういうのは許せないわけで。

そんでもって返す刀でヨドバシHPへ価格調査。
うーん、498,000円で10%ポイント還元かあ。って、良いのか悪いのか旧型モデルと値段一緒じゃん!


ああ、買っちゃうのかなあ?
買うのかなあ?

欲しい?
欲しいの?
欲しいわあ(笑い泣)

食い過じゃない?
2007年02月23日 (金) 15:21 | 編集
久々に「すみれ」。
とてもしょっぱくて、とても濃くて、とても麺が固くて、とても美味いという全国に知られた名店。
うちの近くにも一件あるので時々食べに行きます。
いつものように味噌をいただきました。

午後2時頃に訪れたんで空いてました。
35人くらい入れる店に入った時で8人、出る時に6人。余裕。

普通に味噌だけ頼んで食べ始めたんだけど、昨夜見た大盛りお食事特集のテレビの影響かライスも頼んでしまった。
食べ過ぎだよ。食い過ぎ。


20070223152114
全部食べると底には「感謝」の文字が

千歳鶴スクエア店で食べたんだけど、ここって日本酒の千歳鶴を作る時に使う「伏流水」でスープを作っているのでマイルドなのよね。甘いというか。
だから他のすみれでは完食は無理な濃さなんだけど、ここだとムリすると食べられちゃいました。
ああ、食い過ぎ。

大食い番組見ると自分も食べたくなるのって、どうよ?
ウィー!
2007年02月23日 (金) 09:10 | 編集
息子がお年玉で刈ったニンテンドーWii
開発陣の確かな見立て、さすがですよねえ。


20070223091005
筋肉痛になりながら激闘の、るるる、さんびー両選手

 このゲームの良いところは、やはりプレースタイルですよね。
 コントローラーが本体から離れていて、振ったり、回したりすることでゲームを操作できるのはご存知の通り。
 んでだ、「あ、この瞬間がニンテンドーだね♡」と思わせる巧みな作り込みにやられるわけだ。
 
 初心者には簡単にすぐできるし。
 上手になったらなったで、どんどんレベルのハードルが上がって面白くなるというところ。
 
 そしてこのゲームならではの“はまる”ところが
 「プレイしている人を見ているのもまた面白い」というところでわ。
 写真の二人も「翌日筋肉痛になった」というほど遊んだけど、マジでラケット振ったりすると汗でるもんね。

 カートに乗れない冬の娯楽として、来場プレイヤーが後を絶たないのであった。
リュージュ!!
2007年02月22日 (木) 14:21 | 編集
昨日、藤野のオリンピックリュージュコースで初リュージュ体験を済ませてきたというABちゃん来場。

リュージュに乗れるって聞いてはいたんだけど、ABちゃんに聞いたっけしびれますわ。
250メートルのコースって聞いていて「なーんだ短いんだなあ」と思っていたオレに、ガツーンと一発食らわせてくれました。

20070222142144
実技付きで説明してくれるAB氏

まず「カートやってるんでスピード感には怖さを感じないと思っていたAB氏」にして「すげー速いんだ、すげー速いんだ、すげー速いんだ・・・・・」と繰り返させる迫力。
そして「そのすげー速い状態でスピードが乗ったところで飛び込む最終コーナー」がすげーと。

ちょっとクビ曲げたり、足の角度とか、体の位置とかで「すぐにタイムに響くんで、体の力を抜いた方がいいらしいんですよお」と。
「これって、カートにも通じますよねえ、通じますよねえ、通じ・・・・」と。

そして「なんと1000分の一秒まで計測してくれる!!!!」んだとか。
ああいう「動力もステアリングもない乗り物で、コーナー三つくらいの設定でも、巧いヤツはいつも速く乗れる」ってのがスポーツですよねえ。
カートで「もう限界です」というセリフ言ってる人!
そうあなた、ミリ単位のカート操作でまだまだタイムアップできるかもよ!!

「でもね、けんさわさん、やっぱりね、面白かったし、自分一番タイム出たんで良かったんっすけど、やっぱねステアリング欲しいと、思いました」
とAB氏.


オリンピック目指さないの???
目指しちゃえば??

とかいって笑ってたらネットで調べ始めた。
選手人口=もの凄く少ない。メッカの長野でリュージュだと数人、スケルトンでも十数人。
これね、カートとかで「微細なコーナーリング中の挙動」に気がついている人なら、案外タイム出るかもね。「全日本選手権出場!」っていう肩書きも夢じゃないかも


詳しくは↓にて
ABさんHP「カートって最高!」

レース成績アップ?
2007年02月21日 (水) 19:35 | 編集
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
日帰りだからなあ
2007年02月21日 (水) 10:11 | 編集
とんかつ屋をほろ酔い気分で出て、品川から京急。
午後7時過ぎだったけど、まだ人が多いねえ品川は、流石大都会。
20070221101106

ここ10年くらい人ごみを歩く機会が少ないもんで、品川くらい人が多いとなかなか行きたい方に歩けないっす。
地下鉄からこのエスカレーターに向かって行進する人々の流れを直角に横切って京急の方に行きたいわけなんだけど、斜めに、とっても斜めに歩かされちゃってさ。(苦笑)

いつも東京に来ると思うことなんだけど、すれ違い様に体が当たってもめったに謝らないというか動揺しないというか、何とも思わないというか、そういう人の流れですから怖いっす。
「ドンっ!」って当たって

「おいおい兄ちゃん!

なにしとんねんゴルァ!」


なんて絡まれたらどーしよう」とか

「キャー、この人酷い!」

って訴えられたらどうしようとか(笑)
つい先日も、ホームでメールしている女性に当たってホームから落としちゃった人もいたけど、ああいうのもなあ。

とはいえオレも若気の至りの頃はわざと当たりに行ってはケンカしていた時代もありまして、そういうオレみたいなバカもいるんで気をつけましょう。

京急で羽田。
搭乗30分前くらいのちょうど良い時間に到着。
21時発だったけど、20時半にはほぼ全ての売店が終わるのね。
一件だけ開いていたコーヒーショップでブレンドコーヒー250円なりを買い、200円で10分間のマッサージチェアでリフレッシュ。

22時30分新千歳。バスにて帰札。自宅到着は0時であった。
スードラ飲んで就寝。
F速だあ
2007年02月20日 (火) 18:02 | 編集
そしてここがF1速報編集部のシマ。
この編集部は伝統的に少数精鋭なのですが、今は6人体制なのかな?
20070220180227
一番奥で編集長が元気です。

午後6時頃編集部を離れ、戸越>泉岳寺>品川と移動。
品川でいったん下車して徘徊。
何度か入ったことのあるとんかつ屋に突入。
ここはオープンキッチンカウンターがメインのお店。
とんかつ屋だが、もの凄い数のメニューが揃っていて帰宅タイムには居酒屋風の食べ方をする人が多くてすてき。関東風だよね。
ビールを頼んでとんかつを待っていると「お食事の準備ができましたが、ご飯みそ汁も一緒にお持ちしますか?」と聞いてくれる。
ビールがメインの人は、おかずを肴に呑むわけで。
オレは「一緒で」いただいた。
ロースかつとワカサギ定食。1480円なり。うまうま。
会議その2
2007年02月20日 (火) 17:12 | 編集
続いて会議その2
今年の年間スケジュール会議。
それと、取材内容、方針などの確認っすな。
20070220171255
ミーティングスペースでの打ち合わせ

昨年からオレと交代でF1に行ってくれているM橋君と編集長と。

I-dea社は「レーシングオン」「オートスポーツ」「F1速報」「WRC+2007」「GALS PARADAISE」や「F1速報Plus」「日本の名レース百選」「オレ様列伝」他、多様なモータースポーツ関係雑誌&書籍を編集発行している会社です。
20070220174243.jpg
大きな会社になってなー。
それぞれ、昔一緒に仕事した連中が出世して現場に来なくなってるんで、こうして会社に来た時(最近は年に4~5回?)にはあっちこっち行って旧交を温めております。

会議その1
2007年02月20日 (火) 15:31 | 編集
 日本のモータースポーツ本を一手に作っている「i-dea」社に来ましたよ。
 会議その1は、F速webの設計関係の打ち合わせ。

20070220153140
この人が「元F1速報編集長」であり、I-deaのwebシスオペのI長氏。

 人気コンテンツである「サーキット便り。」というオレのやっているF1情報ページをブログ形式にしたいなあと思っておりまして、どんな形式のものが導入できるのか、相談してます。
 実は、現状でもサーキット便りの更新があるとサーバーにとても付加が掛かる多数のアクセスをいただいているもので、ブログ形式にすることで当然アップするであろう負荷が問題なんです。
 
 ブログって「コメント」とか「トラックバック」が持ち味だから、そういう部分を残しつつって考えると現状のサーバ能力では難しそうなんで「サーキット便り。半専用」のサーバを借りて始めることになりそうです。
 マックスピーク時には「瞬間的に何十万人も同時に見に来る」ということもあるサーキット便り。ですから、コメントもたくさん付くのかもしれません。そういう時にトラフィックが発生しないように準備を進めております。です。

 でもね、ブログにするにあたって心配事はまだあって、煩雑な決勝終了後とかに写真をアップする時にオレが現場であまり面倒のない方式がいいということ。
 それらも相談しながら進めてますです。
ひさびさ東
2007年02月20日 (火) 12:40 | 編集
F1の仕事の打ち合わせで日帰り東京。

8時半過ぎに札幌駅、8時40分空港ライナーに乗車、9時15分千歳空港。
10時15分のエアドゥー。
快適な空の旅で羽田、12時05分。
昼時なので、空港ターミナル内のラーメン屋「天」へ。

20070220124050
天ラーメンは関東風の醤油ラーメンをいつも食べているんだけど、まあターミナル内のラーメン屋さんにしてはそこそこ。

んで、その天ラーメンが味噌を始めたらしく、しかもラーメンの大会に出品していると書いてあったので頂いてみた。
東京ラーメンの味噌味は薄いのう。
北海道札幌の濃厚豚骨系とは線引かさるなあ。

「さっぱり系、極細九州風麺」でした。
チャーシューだと思って取っておいた食材が、食べてみたら「ひき肉のくっついたシナチク」で泣いた。
すげー計画!!
2007年02月18日 (日) 13:28 | 編集
今日の東京マラソン、感動したわあ。
凄いねえ、石原さん、やるねえ。
あれさあ、知事の強い指導力がなきゃ実現不可能でしょう?
交通規制一つ取ったって、普通できないレベルだよねえ。
三万人が走り、市民ランナーが多いから長いところでは6時間も通行止めにするんでしょ?
凄いわあ。
感動したもんね。

凄くいいイベントだったから、来年は5万人とか出るんじゃないの?
あ、締め切りで三万人に限定するのかなあ?

でもさ、中継したフジテレビではなく、テレビ朝日とかのワイドショー見ててあきれたよ。
規制で困っている市民の声とかさ、受験生が影響受けたとかさあ、ネガティブな情報ばっかり流してさあ。アホかと、なんでやねんと。

世界中でさあ、ロンドン、パリ、ニューヨーク等々名を挙げるまでもなくさあ大きな町では大きなマラソンイベントを開催しているじゃん。
それは、マラソンがすばらしいイベントだというのももちろんあるんだろうけど、街が一つになったり、街を世界にアピールする目的があったり、この時代に車の交通量が減らせる効果があったりするからじゃんか。

そういうのって「社会貢献」だから「必要悪」が発生しても「社会で理解する」必要のあるものなのにねえ。アホやで。
そりゃあ、近所の人で迷惑したって言う人もいますよ。

例えば、大きな神社の近くに住んでいる人は、毎年初詣の時に「たくさんの人が来て、ゴミも出るし、駐車違反も増えるし、だいいち庭先を他人がたくさん歩くんで困ってます」って場合もあるわけじゃん。
でもそういうの報道してても始まらないじゃん。

「今年も初詣で人が多くて住民が大変迷惑しています」とか報じるかい?
「初詣客が参拝のために数万人が行列しているために、地域住民がいつものように買い物やお散歩ができないのです!」とかレポートするかい?ってんだよなあ。


さてさて、そんな「不可能かと思っていた規模で、無理っぽい都心を使って、歴史的なマラソン大会を成功させた東京都」ですがあ。
モータースポーツ後進国の我が国で、しかも首都東京都で、もの凄く画期的なイベントが計画されていることをご存知だろうか?


開催期間  平成19年11月9日(金)~11日(日)
11月9日(金) ○公式車検・公式練習ほか
11月10日(土) ○公式練習 ○パレード ○前夜祭
11月11日(日) ○エキシビジョン ○レース ○表彰式

という日程で予定されているそのイベントは、なんと!!なななんと!!!
感動的というか、驚愕というか、シンジラレナーイ!というか!!

火山活動で長い間住民が避難していた“あの”東京都三宅島を使ったタイムトライアルレースなのだ。


その計画の骨子を早くから三宅島村役場に勤める知人から聞いていたオレだけど、実現に向けての関係者の奔走の甲斐あり今年の秋に初開催ができそうな感じになってきていて、泣きながら応援しているところだ。




三宅島タイムトライアルHP


三宅島には島の周囲を一周する道路があって、その生活道路とも言うべき道を使ってモーターサイクル(バイクです)でタイムを競い合うという。
公道を使って、エンジン付きの車両がタイムを競う(ということは当然速度制限を超える!)というのは、日本では絶対不可能と言われていたもの。


火山の影響で、観光を主体とする島の財政が危機的な状態になった。

現状、三宅島でのイベントというと島民参加のお祭りに加え、磯釣り大会とスキューバダイビング大会があるだけであった。

それをなんとかするために、島が元気であることを示す大きなイベントの必要性が叫ばれた。

自転車のロードレースやトライアスロンなどの候補が上がった中、モータースポーツ振興に理解のある石原東京都知事の後ろ盾もあり、日本初となるバイクを使った本格的なタイムトライアルレース実現の可能性を探った。

島である故、その島単独の村である故、村と村民とが一つになれば、警察や道路管理者(村だ)とのが渾然一体となった活動が可能。

いわゆる一つの「クローズドエリア」つまり他の市町村と接していないために、そういった周辺の自治体との交渉が必要ない。

特例に特例を重ね、あたかもイギリスのマン島で長年行われている「マン島一周T.T.レース」のような形でのイベント開催が可能であるということになった。

大拍手!!!!
であります。

しかも!ですねえ、
コースレイアウト(あはは、普段は道路なのよねえ)を見るってーとですなあ、これがまたですねえ、ドイツにある世界的な難コースとして知られる「ニュルブルクリンク」風な感じで一周40キロ?めっちゃんこ面白そうなのよねえ。

公道を使って、一周とはいえタイムを競い合うとなると日本では前例のないイベント。
恐らくクラッシュする車両も出るでしょう。
転倒して大けがする選手もいるのでしょう。
島民だけではオーガナイズできないだろうから、外から力を借りる過程で予想外のこともあるでしょう。

それを見て、また心ない(空気嫁ない)報道もされるでしょう。
「公道を使った結果、大変悲惨な事故が多発したのです!(ホントは三件)」ってレポーターがやるんだろうなあと、怖くなるけど、三宅島にはホントにがんばってほしいよ。

イベント詳細はHPを見て行くとこれから決める部分も多いみたいで、予算とか、スポンサーとか、参加車両規定とかはまだまだ。

そもそものイベントの名称も、HPにて2月28日まで募集しているから、どうぞあなたも応募してください。
まあ募集した上で「三宅島一周TTレース」という、あまりにも直線な名前が、一番いいような気がしてますけど(笑)


.
エタノール燃料問題
2007年02月16日 (金) 16:56 | 編集
2月10日のエントリ-「燃料に酒税?」
http://kspjpn.blog91.fc2.com/blog-entry-9.html
に関して動きがあった。

読売オンラインの報道を見て。理不尽さを感じて行動を起こしたわけだけど、きちんと名前も名乗っての投稿だったためか、割と早く担当からレスポンスをいただけた。
以下、オレ宛に返信されてきたメールの内容を紹介させていただく。


以下引用文_____

澤田賢志様

時下 益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
また、日頃より経済産業行政に対しご協力をいただき感謝申し上げます。

早速ですが、2月10日のお問い合わせの件につきまして下記の通り回答いたします。


              記


 澤田様には、ご照会いただきまして有り難うございます。

 2月10日付けの読売新聞にあります90度以上のアルコールについては、基本的にアルコール事業法の対象となり、飲用のアルコールについては、酒税法の対象となります。したがって、今回の燃料用のエタノールはアルコール事業法の対象であり、90度以上は酒税の対象という新聞記事は事実誤認です。

 酒税のかからないアルコールについては、アルコール事業法に基づき、使用目的に係る許可又は承認を受け、適正な管理をしていただけば、購入し、使用していただけます。

 アルコール事業法は、酒類への不正使用防止の観点から制定されております。今後も法の運用において、法の目的が実現できますよう努めてまいります。


-------------------------------------------------------------------- 
メール発信 関東経済産業局総務課広報室
      〒------
      さいたま市-------------- さいたま新都心合同庁舎1号館
      電話 048---------(直通) 
--------------------------------------------------------------------
★本件担当 産業部アルコール課      電話 048----------(直通)
-------------------------------------------------------------------- 


_______以上引用文

これは「カーレースでの燃料への課税について」と題して問い合わせのメールを10日に送ってからだから、休日を挟んでなかなかのレスポンスの良さだった。

内容を読み込むと

>2月10日付けの読売新聞にあります90度以上のアルコールについては、
>基本的にアルコール事業法の対象となり、飲用のアルコールについては、
>酒税法の対象となります。したがって、今回の燃料用のエタノールは
>アルコール事業法の対象であり、90度以上は酒税の対象という新聞記事は
>事実誤認です。

という部分が肝なんだろうけど、何回読んでも意味が分かりにくい。
「90度(アルコール率90%)以上はアルコール事業法」
「飲用は酒税法」
としているし、その後「酒税の対象というのは事実無根」となっているのでどうやらインディーの燃料に2000万円の酒税がかけられることはないということのようだ。

さっそく、知人である(けんさわまつりで世話になりっぱなしの)当事者であるもてぎの関係者に意見を聞いてみた。
そして、メールの内容を伝えると縦割り社会の経産省内で、管轄の違う部署と交渉していた疑惑が浮上、オレのメールを添付して送り「先方にも意見を聞いてみます」となった。

「環境部アルコール課」と
「産業部アルコール課」が存在し、
それぞれに近未来、アルコールを燃料として使っていく方策を練っているようなのである。

まあ、お役所にも言いたいこともあるけどさ。
担当者レベルで、同じ省庁内で行われていることを全て知っているということは難しいんだろうけど、同じ材料(アルコール)だからなあ、もう少し風通しが良ければと思った。もっとも風通しが良ければ役所じゃないか?

これがきっかけとなってエタノール燃料のことが世間に広く知られるようになるチャンスだから、経産省の担当者も巻き込んで巧いことプロモーションしてくださいよ!


後日追加


2月18日現在、件の読売の記事は削除されました。
おそらく担当省庁(大方上記担当でしょう)から間違いを指摘されたのかもしれませんね。
画質確認中
2007年02月16日 (金) 13:44 | 編集
うむ、このパターンで送ると大きいのかな。
接写もまあまあ。気に入ったぞ。

20070216134401



P703iμは、元々使っていた「prosolidⅡ」と同じメーカーだから、使い方もばっちりっす。
新ケータイ、だ、
2007年02月16日 (金) 13:30 | 編集
予定通り、午前中にドコモショプに行って携帯を新型に換えてきたよ。
「FOMA P703iμ」ってやつです。↓




11.4ミリの薄さが売りな訳ですけど、確かに薄いね。
んでだ、ケータイを換えたのはブログ更新を鑑みてカメラ機能が欲しかったから。
早速撮ってみた。

20070216123801.jpg


充分なクオリティーだと思うけど、このサイズまでしかアップできないの?
ケータイからメールで送るのって、これが限度?
そりゃないぜベイビー!ってわけで、今夜メンバー達に使い方いろいろ教えてもらおう。
お食事
2007年02月15日 (木) 18:29 | 編集
ブログでは食事のネタもたくさん出てくると思うんで、オレの趣向を記しておこうかと。

基本的に「なんぼ美味しくても、チェーン展開のレストランはなあ」という基本的な好みがあります。
あ、でも吉野家とか餃子のみよしのとかマックとかのジャンク系はまあ別ジャンルになってるらしくて好きなんですけどね。

チェーン展開のレストランが凄く苦手。
その昔、大食いだった頃はロイホだのラークだのによく通ったものだが、35歳くらいを境に苦手になった。
なんつーか、「ご注文の品を繰り返させていただきます」とマニュアル通りに言われるだけでもうあかんねん。
今ではあまり聞かなくなったが「ご一緒にドリンクはいかがですか?」とか追加させようとされたりするのがまた苦手やねん。

そして、作り手の顔の見えるレストランを好むようになった。
オーナーシェフの作る料理が好きだ。
丁寧に仕事をしているのに、あんがい安くて大盛り系の店が好きだ。
チェーン店でもフランチャイズでオーナーが作っているようなところは好きだ。

カリー軒は王道だと思う。
家族経営で安心して訪れることができる上、激ウマで文句なし。
まあ、ちょっと有名になりすぎちゃったけどさ。

そういう作り手の顔の見えるレストランという意味で、ラーメン屋さんも好きだ。
最近は特にO&Kメンバーたちの影響を受けて、新しめのラーメン店を攻めるのも好になってきた。
ラーメン屋さんで新規開業って言うと脱サラかどこかで修行して一本立ちした人の店が好き。

札幌で有名なラーメン店である「すみれ」で修行をした職人たちが独立して開業したラーメン店を総称して「すみれ系」と呼んだりするらしいんだけど、すみれ系、好きだもん。
すみれ系の面白いところは、味の系統が似ていることもあるけど、ラーメンを作っているところを「見えそうで見えない」ようにしているところ。
どうやって作っているのか、見たくなっちゃうよね。

でも大元のすみれは、フロアのねーちゃんたちが「いらっしゃいませぇ~」とか声を揃えて言うんが気色悪い。
いらっしゃいは許すとしたって「大変お待たせしましたぁ」とかまで声を揃えられると困っちゃう。
同じ理由でてつやもなんだか最近苦手。あそこはお兄ちゃんたちがやたら元気に声を揃えるし。
美味しいから両方とも時々行くけど。

作り手の顔が見える(実際に顔が見えるかどうかではなくってね)ところで食事をすると、なんか美味しくてもそうでなくても納得して味わえる。

でも安心なのはいいけれど、そういうお店って当たり外れが大きいのがまたいいところ。
初めて入るのには勇気がいるタイプの性格なので、誰かに付き合ってもらったりして攻めるわけだけど、外す率もある程度高めっすよね。
外したショックってのは、まあ、それなりで、もう行かなければいいだけのことなんで。

ラーメンだって「ヌーベル系(新型ラーメン研究系)」のお店だと、外すと凄いのが出てくるからなあ。泣く時もあるもんねえ。あまりにもあまりで(笑)


と、苦手にしているチェーン店なんだけど、今日テレビを見ていたら行きたいお店が出現しやがった。
とんかつ玉藤南郷店である。
やばい。
あれ、やられるとやばい。

銀座の高級とんかつ屋的なやばさだ。
まず、オープンキッチンだ。職人も手が抜けない。
揚げる油が銅鍋に40リットルも入っていて、それが4つ並べられ、揚げる食材によって鍋を使い分けている。
これ、やばい。オレ好み。

ご飯の種類が3つ用意されていて食べ放題。
まじっすか?

みそ汁も数種類あって選べて飲み放題。
ふう。みそ汁好きだし。

ソースを入れる器がとんきみたいにすり鉢で、ゴマを自分で擦らせる。
これもマジ直球。

あれを銀座でやってたら、一食2,500円以上はするけれど、幸いここは札幌南郷通り、ああ、近々攻めるなこれは。
「ご注文を繰り返ささせていただきます」って言うみたいだけど。
テレビの取材で「とんかつを家庭で美味しく揚げるコツは?」と聞かれたマネージャーが、揚げ職人に「おい、教えてあげてくれ」と聞いたら、その職人が「いっぱい揚げることです」的なことを言ったのにもガックリ来て「おいおいバイトかよ」と思ったけど。

となりの伊藤さんも春には隠居するって言うし。


ちなみに。
当然ですが「かつ屋」は嫌いです
吹雪だわ
2007年02月14日 (水) 16:01 | 編集
今日は朝から原稿。
北海道のカー雑誌の連載。AUTO ONEです。
ウラネタといいながら、オレのつぶやきで形成されてる連載ももう5年もやってんだ。
長い長い、とても長い、でもあの形式だといつでもできるから好きな仕事のひとつ。

午後から吹雪。
風あり、雪あり、そして温暖なので道路はべっちゃべっちゃだもんね。
水たまりも多いし、歩行者は注意が必要だわわん。
そして明日は「この冬一番の大荒れ」との予報。

大荒れ、と聞いてワクワクしている自分がいます。
幼少の頃から大荒れの天気が大好きなのよね。
もちろん、災害などで被害に遭われる人のことを考えると喜ぶのは場違いなのだけど、すげー風が吹いたり、すげー大雪が降ったり、すげーのが好き。
ものすごい荒れた天候でも、誰も被害がなければいいのにねえ。
それだと大荒れでなんだかワクワクしている自分を責められることもないのに。

小学生の頃、珍しく北海道を台風が通過するというので、一日に何度も公園などに様子を見に行ったりしていたっけ。
公園の木が折れてたりするのを見て「すげー、台風ってやっぱすげー」と単純に感動したのを覚えてます。
猛吹雪の夕方、あえて外に出て、フードを深くかぶって、吹き付ける雪の冷たさを感じながらうずくまって「ああ、なんだか遭難しているみたいだあ」とかってやったりしたよなあ。
もっとも場所的には自宅の横とかの近場で時間だってほんの何分かだったんだろうし、臆病者だから本当に危険なところに行くわけじゃないんだけど、子供だったしね。

雨とかでも、バケツをひっくり返したような強烈なのが降ってくると今でも外に出て感じを味わうことが多いね。
自分的過去最高ランキングトップの雨は、94年の鈴鹿でスタート前に降った雨。
あれは凄かったなー。卵の白身が降ってきてるみたいだったもんなあ。どうするとあんなに大粒の雨が降るのか、今でも不思議でならん。
雨はザーザー降るものあろうけれども、あの時の雨はボタボタボタボタx100って降ったもんなあ。

F1カメラマンの仕事は大部分が外でのもの。
天候に非常に左右されるのだけど「荒れた天気が好き」というメンタル・タフネスが役立ってるのかもしれないね。
借り物シャシー
2007年02月11日 (日) 17:28 | 編集
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
曲がらないカート
2007年02月11日 (日) 13:32 | 編集
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
燃料に酒税???
2007年02月10日 (土) 13:29 | 編集
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
ケータイ見てきた
2007年02月09日 (金) 13:51 | 編集
さてさて、先日書いたように2月9日はドコモケータイの新型発売日。
早速朝から近所のドコモショップで物色してきたよ。
予想通り狙っていたSOは、発売から一年経つだけに絶版、しかたなく断念。
探せば出てくるかもしれないけどしゃーねー。

それで、色々と他機種の比較をするわけです。
カメラの性能が全体に低いのがドコモっすよね。
ライバル各社はすんごいカメラを当たり前に搭載しているんだけどなあ。
んで、P703iμ(ミュー)が気に入って予約してきました。
実は今使っているケータイが16日になるとでっかいポイントが付くんですわ。
だから、16日に取りに行くということにしたわけ。

決めた理由はいくつかあるけど、
1)薄すぎるほど薄い マジ薄い、割りそうなほど薄い
2)ブラック仕様のカーボン調にやられた
3)銀仕様の鏡みたいなメッキシルバーにもやられた
ってかんじで、ようするにやられてしまいました


薄くなったもんだ



右から二番目のが今使ってるヤツで、今のでも十分薄かったんだけど今度のは11.4ってさあ、持って見ると「これでほんとに二つ折り??」と思ったんだもーん。


んでだ。
SBの方のサイト見てたら欲しいケータイがあって、それはローミング仕様で軽くて小さくてストレートタイプで、しかも400万画素?でカールツワイスレンズ搭載でものすごいスペックだったんで、海外用の方のケータイも機種変しようかと。
そっちを撮影用にするかと。
思っとります。
画像あげつつ
2007年02月08日 (木) 14:07 | 編集




今度はPCからアップしてみた。
サムネイルサイズが小さい設定だったのでやり直し。
今度はちょうどいいかな?それとも枠線いっぱいまでのサイズにした方がいいのかな?とか勘案中。

画像アップの手順が、やはりHTMLエディタの方が簡単な気がする。
エディタだとフォルダごとあげて、はめ込みして文章をあげれば写真がはまっているからなあ。
画像
2007年02月08日 (木) 13:33 | 編集
せよ


ケータイ
2007年02月06日 (火) 13:11 | 編集
ブログをきちんとやろうとすると、やっぱり画像があった方が良い。
一応カメラマンなので、今の自分のケータイにはカメラが付いていない。
仕事でカメラを持ち歩くから、ケータイには必要なかったからなんだけど今時の生き方をしようとするとケータイ付属のカメラは便利きわまりないよね。 だからケータイ物色中。
いいのはないかなあ。

今使っているケータイは、docomoのコンセプトモデルってヤツで普通のカタログにはなかなかのっていない「prosolid(プロソリッド)」というもの。 パナソニックが作っているんだけど、どこにも「P」とか「◯02i」とか書いていなくて、いったいどんな携帯なのかもわかりにくい仕様でして、凄く薄いし軽いしカメラもないしってんで気に入っていた。

それというもの、普段オレは2台の携帯を持ち歩いている。
みんなとの連絡用にメインで使っているのが上の携帯で、海外専用としてローミングで使っているソフトバンクの携帯もある。
SBのものは、国内の人にはいっさい番号を教えていないので、国内に主にいる冬の間などは止めてある。こっちにはカメラは付いているけど、ブログ更新を始めてからは持ち歩こうかなあとも考えたが面倒でね。

んで、オーバー300万画素クラスのケータイで、軽くて薄くてっていうのを選んでいるところ。 機能は問わない。 軽くて薄くてが何より大切。ここ、こだわりのところ。 すると、ソニーの902iっていうのに行き当たった。size.jpg

結構前に発表されたモデルのようで、スティックタイプで軽くて小さい。 でも厚さが20ミリ。いまのやつは16.4ミリ。厚いかなあ。 なんでも2月9日になると数機種発売開始になるとかで、それと同時に現行モデルは値下げもあるって言うんで、ちょうどいいタイミング。 真剣に考えよーっと。

ペコちゃん(泣)
2007年02月04日 (日) 15:25 | 編集
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
飲みに呑んだぁー
2007年02月02日 (金) 17:21 | 編集
以下の何れかのタイミングでADCさん、るるるさん、るるるさんの飼い主さんたちとJiJiに行った記憶があって、ADCさんがシャバシャバのグラタン食べていたんだけど、いつだったのかなあ(遠くなる記憶)

29日月曜、銀山の速い人(ADCさん)とともに親不孝。
千歳が雪で滑走路閉鎖とかの影響で親不孝は外国人でいっぱいだった。
閉鎖~飛ばない~どこかに泊まる~千歳はいっぱい~紹介されてO&Kの近所のルネサンスホテルへ宿泊~ホテルは高いので「どこか日本風のところはないか?」と聞いて親不孝に流れてきたらしい。
いつものボックス席でADCくんと我が家で呑んでいると、韓国人を紹介されて相席に。
大変ですよね、気候のせいとはいえ。
呑んで食って、一人2,000円、やっぱ安いわ親不孝。


火曜、Y治くんとお店の並びのパワークック。呑み過ぎ。
今後のカートの話などしていたら、酒が入るごとに北海道の予算の話になっちゃったよ詳しくもないくせに、知ったかぶりで激論するけんさわに付き合ってくれたy治くんありがとう。長野県が入札方式改善で数百億浮かせたのはホントなんだよ。確か。
既にお食事してきていたY治くんには悪かったけど、大好きな中華丼(大盛り)を食す。
つまみに頼んだいつもの冷や奴(山わさび付き)が旨かったなあ。
おえっってなるまで呑んだ、危ない。

水曜の記憶がないってことで、きっとJiJiには水曜に行ったのだろうか?でもそれだとつじつまが合わないなあ。
水曜も呑んだ。「派遣の品格」が、この春一番のお気に入りドラマであるのだが、ライブオンエアでは見られず帰宅してから録画で見たから。
たった二日前のことなのに、なんで覚えてないんだろう。
んま、その日もおえってなるまで呑んだけど

木曜も呑んだ。
ABちゃんの「なんで最終ラップに抜かれちゃうんだよお」の激励会。
夜の札幌中心街に出かけるのは久しぶりだった。
プチ同窓会気分で、昔のカート選手が沢山来ていて現役共々激呑み。激食い。
とってもとってもおえっってなるまで呑んでしまった。
終わってから、スパイ活動をしてマッソとるるるさんをおえってなりつつも追尾。
駅前からすすきのまで歩いて行ってラーメン。
彼らのラーメンにかける情熱には頭が下がるわ。
醤油専門店なるラーメン屋がすすきのF45近くにあったので突入。
醤油は難しいね。
やっぱオレはみそだわ、みそ派だわ。と確信した夜中の1時半であった。
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。