週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月10日は特別な日
2011年02月10日 (木) 12:36 | 編集
さきほどツイートした内容をまとめておかせてくださいませm( _ _ )m
少ない文字数で書ききれなかった部分も補足させていただきますね





2月10日
今日は命日。朝から読経す。

伝説の女性だ。
金じゃら金髪イケイケキャバ嬢か?っていう服装でネイルも長めのの姉さんで、マラソン10キロ表彰台常連。
エアロ教師で生け花教師。よさこい車イスチーム他3チームの振り付けと指導。しかも波乗りサーフィンの全道チャンプで、ぬか漬け得意。料理も一通り。一度ススキノの露店で飲んでたら100人以上の知人が代わる代わる声かけてきてビビったっす。生き急ぎ人生だったのかな。活性酸素にやられたと言う説もあるけど。スーパーウーマンの名を惜しげなく贈る。

会ったひと全てを一瞬にして仲間にしてしまう驚異の性格だったな。

命日につき、思い出にふけても良かろう。1度めは友人と共にスノーボードで一緒して、2度めの再会から1週間で入籍し半年後にハネムーン。一年後にベビーを授かり、その一年後に発病~1年半で急逝だもんなあ。夏場は殆んどF1で家を空けていたから可哀想だったし。まるで彼女の子孫を残す担当として僕がいたような感覚すら。

出会って一週間で入籍した時は、二人とも緊張で手が震えたっけ(笑) それまでの僕は女の子をとっかえひっかえのヤンチャな34歳だったけど、この子しかいないって決断に迷いはなかった。 入籍した足でホテルに親を呼び両家初挨拶っていう通常の逆の流れだったっけなー。

1年半の入院期間中に2度の蘇生(死ぬ間際)を経験してましたが、さすがにランナーだけあって体力が最後まであったなー。僕のバルセロナ取材直前には少し歩行ができるところまで回復していたんですけど。自己幹細胞移植で緩解を一度したけれど、白色脳症は進んでて厳しいことは本人も自覚してた。

病名は「非ボジキン悪性リンパ腫」で、リンパのガンでした。最初は筋肉痛かと思った、いつもハードなトレーニングしてたから、次に胸の合わせ目の骨の痛みが出た、異常に痛かったらしい。波乗り時に痛めたと思い込んでいた。最初の街病院では全く分からず数週間放置するも改善せず、次ぎに行った道内有数大学病院で発見、しかしそこでは治療出来ず、すぐに転院。病院内の半分近く無菌室の専門病院へ。それから非常に苦しい自己幹細胞移植を2度行ないました。

4月入籍、6月挙式パーティー、10月ハネムーン、そして帰国してすぐに僕が肝臓病で3ヶ月入院。退院したらもう嫁さんのお腹大きくなって来てて7月に出産。新婚期間があまりにも短いんで、惚れたままってのが辛いところなんですよ。子供生んで1年(育児の難しい時期)で入院生活を1年半だもん。 僕は僕で育児に取材に看病にという生活に追われて。

自己幹細胞移植は、白血病などの治療と似ていて無菌室に幽閉される。しかも体調は最悪に辛いらしいのだが、家族である僕すら移植治療中の数週間の辛い時期には病室に入れなくて、ガラス越しの面会を日に1時間とかだけだった。何もしてあげられなかったね。なにも。

移植の治療が済むと、それから強烈な抗がん剤投与。
これがまたご存知のように脱毛を伴うもの。
子供のため!と治療に打ち込む姿が次第に細くなって行った。

毎日のお見舞い。
ある日朝行くと、口の中がおかしいと言う。
うがいを促すと「口からなんか出て来た」と。
みると口の中一杯に出血した血液が凝固したものだった。

明るい性格の彼女はそれを「デロリ」と呼んで「今日もデロリが出たんだよぉ」と教えてくれた。
口の中だけではなく、内蔵全般から出血しているのだ、と医者から聞いた。

壮絶な治療入院は2年近くに及びました。


よりによってバルセロナに行っている時じゃなくても良いのに。
なんで容態悪いのに取材なんて行くのさ!
いや、取材に行けと言ったのは彼女でしょ?貴男に死に目を見せたくなかったんだよ。

様々な声を頂いたけれど、どれも御意。

享年29歳。
本日命日。

29歳の女性の葬儀で、450人の参列者、100を越える献花。
死してなお祭り好きな彼女は空間を友で埋めてみせた。

あとがきを読んで下さった方々に感謝。
≫続きを読む...
スポンサーサイト
新型カメラ
2007年02月23日 (金) 16:02 | 編集
メンバーのるるるさんに教えてもらってキヤノンのHPへ。
「おおーっ、出てますなあ」
最新型のデジタルカメラ登場ですわ。


canon EOS-1D Mark III 極めつけ?

これはいいかもねえ。
mark II N が820万画素で出たときに、あまり興味なかったのさ。
今使っているのは普通のMark IIなんだけど。

こんどのはいいなあ。
1010万画素ってのはまあどうでもいいんだけど、オレ的には。
データも重くなるし、処理にも時間掛かるからさあ、疲れるから、処理待ってるの。
それにバックアップ取るのも大変だし。
HDなんぼあればいいんじゃ?って感じだし。

でもいい。
これって秒撮影枚数10枚でしょ?
ここがいいね。
どんな撮影設定でも1秒間に10枚撮れるって言うのは凄いです。

しかもカメラのバッファがもの凄いのが積んであって、ドンドン撮れる、ガンガン撮れる。
連続110枚撮れる。つまり11秒。これって凄すぎる。

今までのカメラの弱点だった連続枚数と秒間枚数を圧倒的な性能で一気に超えてきたねえ。

F1の写真を撮っているものとしてはですね、例えばスタートの写真。
スタートして1コーナーに飛び込んでくるまでに5~10秒くらい掛かるのよ。
その間調子に乗ってシャッタを押していると、肝心の1コーナーあたりでのアクシデントを撮ろうと思った頃にはバッファがいっぱいでシャッター降りない写真撮れないカメラ持ってるただの人状態??なんてことが今までは困ったことだったんです。

例えば表彰台。
決定的瞬間を狙うと、結構シャッター切っちゃうんで、ふっと気がつくとバッファがいっぱい。
ありゃりゃ、抱き合ってるシーンが撮れないよお!!!
なんてこともあったんだよね。

フィルム時代の枚数ってのは36枚で「さんじゅーろく!」って頭に入ってたから巧くペース配分したもんだけど、バッファの場合は撮影ペースによって変わるんで把握するのに慣れが必要なんよ。まあ、ファインダーの中には残枚数出てるんだけどね。

だからプロは常にバッファの状態を把握しながら撮影することが求められていたんだけど、これなら撮れるわ。
内蔵HDの容量一杯まで「撮って撮って撮りまくれ!」だわ。

そういう意味でEOS-1Ds mark II(略してDs)には興味がなかった。
だってキヤノンの最高峰カメラで1670万画素を誇るのはいいんだけど、秒間撮影枚数がたったの4.5コマ。
しかもバッファがすぐいっぱいになっちゃうという「画素数お化け」なんだもん。
オレの横で撮影しているDsのカメラマンがシャッター切れないのとか何度も見てるし、そういうカメラマンは泣いてるし(笑)

チャンスに強いカメラマンを標榜しているオレとしてはそういうのは許せないわけで。

そんでもって返す刀でヨドバシHPへ価格調査。
うーん、498,000円で10%ポイント還元かあ。って、良いのか悪いのか旧型モデルと値段一緒じゃん!


ああ、買っちゃうのかなあ?
買うのかなあ?

欲しい?
欲しいの?
欲しいわあ(笑い泣)

Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。