週刊的K-GamiGami!!(仮)
思ったより続いてるけど、更新頻度低くてごめんね。がんばります。でもTwitterが熱いね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GW廃人(笑)
2010年05月07日 (金) 14:26 | 編集
 忙しかったぁぁぁぁ~ん!!

 GW、みなさんはいかがお過ごしでしたか?

 北海道札幌&南幌近辺は、数十年ぶりと言う好天気に恵まれたゴールデンウイークでした。

 暖かかったし、雨も問題なかったし、最高でした。

 レーシングチーム監督としては、連続で練習ができる「年に幾度もないチャンス」だという位置づけで、多くのドライバーのテスト走行のサポートに励みました。
 手応えあって、僕自身もかなり満足度の高いGWを過ごすことができました。

 特に、毎日のようにテストしていて、路面の激変があった2~4日が印象的でした。

 北海道の路面って基本的に「軽い」です。
 本州でもたくさん走ったことのある僕から見て、北海道の路面は本州の「ちょい濡れ路面」くらいスリッピーで動きが軽いのです。

 ですから、北海道スペシャル的な走行テクニックで、軽い路面を生かして早めに向きを変える乗り方が主流です。

 で、も。
 その軽い路面ですら、先日の天候と路面変化で「ちょっぴり路面が重くなると」乗り方を変えなくてはなりません。

 路面が良くなって、グリップが上がって、重たくなって来ると早めに向きを変える北海道的な乗り方の中でもグリップをより使った方向に乗り方を変えなくてはタイムが落ちます。

 それを「昨日と今日」という短いスパンで経験できたドライバーはツイてましたねー。

 もっとも、北海道的な乗り方ではなく、普段からグリップを感じながら乗っている一部のドライバーには全く関係ない話しです。
 グリップ感でドライビングしている人にとっては、路面が良くなってグリップが上がると同時にタイムも上げられるのですよね。

 ココの差が大きな差

 
 軽い路面に頼ってマシン後部を大きく降って乗る北海道式の乗り方では、路面が重くなると後ろの動きが止まってタイム落ちるんです。
 フロントから曲げて行かなくっちゃねー、なんですけど、多くの場合路面が良くなって、重たくなっているのに、もっと突っ込んで前G掛ければ曲げられるって間違った乗り方をしてしまって、とっても止めて乗るのでタイムが落ちるんですよねー。

 またスロットルで向きを変える、(多くはコマー選手)のような乗り方でもタイムが落ちます。
 路面が良くなると今までと同じ乗り方ではスロットルを入れても滑らず向きが変わらないからです。

 だから小さな頃から「普遍的な曲げるテクニック」を身に付けさせて上げたいですねー。

 フロントタイヤのグリップ感を感じながら前Gを起こして、ステアの量と調整ブレーキを駆使し、少々オーバースピード気味にコーナー進入しながら理想のグリップを探し出す。
 そう言う乗り方が身に付いていれば、グリップが上がれば単純にタイムも上がるのです。

 このGW中に、幾人かのドライバーにそう言う話ができて、チャレンジしてもらえたことが手応えとして残っています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
小さなレーシングカー
へぇカートでも、路面状況に応じた走りをしなくてはならないんだ。それをまた短時間でアジャストするなんて、小さいけれどカートはレーシングカーでドライバーはレーシングドライバーなんですねっ 凄い!
2010/05/11(火) 09:51 | URL | 潜水艇 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
多くのネットユーザーに見られるのがネトゲ中毒だね。依存性の高いオンラインゲームは時に人間を堕落させるみたい。過剰プレイに気をつけていれば大丈夫なんだけどさ。しかしそれができないから問題なんだよ。ネトゲってレベルが上がりにくいし、色んな意味で競争がある。ラ
2010/06/15(火) 11:57 | 答えが見つからない
Powered by . / Template by YouTubeおもしろ動画集!!
このブログの著作権は「KSP,KS Positive,KENJI SAWADA」に帰属します
リンク、トラックバック、引用などは自由ですが、まあマナーにお任せします。コメントは承認制です。秘密メッセージをサルベージして希釈後掲載することもあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。